• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

唇のトラブル。リップクリームの使いすぎに注意 !

Date:2014.01.31

乾燥する季節になると、唇も白っぽくカサカサになりリップが欠かせないようになる方も少なくないのではないでしょうか?男性でも唇カサカサを気にされるのですから、女性はもっと気にしてほしいものですが、中にはお構いない女子もちらちらと。

しかし彼女たちの中には、リップでケアしたいけどリップクリームが使えないという悩みを持っているのです。このようなトラブルになる前はリップクリームを愛用していた人が大半です。

カサカサの原因はリップクリームの使い過ぎ、または合わないのを無視して使い続けたことにあるようです。

リップクリームにかぶれてしまっているかも?!

プルプルのふっくらした唇に誰もが憧れるものです。きれいな唇になるためにリップクリームをつけていたはずがなぜトラブルになってしまうのでしょうか?

実は、少量のリップクリームの塗り方なら問題はないのですが、過剰に塗ることによって、体自身が作り出す「天然ワックス」の分泌を弱めてしまっているのです。乾燥して手にクリームを塗る時の事を考えてみてください。

手にはもともと体と同じ油分があります。しかし水仕事など乾燥して手荒れし始め、塗ったクリームの量が多すぎると手が吸収しなくなります。もちろん高品質のハンドクリームは話は別ですが、基本的に吸収がストップします。

ちょっとカサカサした程度でも多めの量を塗ると手の油分は「もう分泌する必要がないのかな?」と勘違いしてしまうのと似ているかもしれません。アトピー持ちの方がこうした適量を守らないとクリーム自体にかぶれて症状が悪化してしまうのと同じです。

唇も常に自分にしっくりこないリップクリームを適量以上、度々塗ると唇の油分がコントロールできなくなりさらに悪化してしまうのです。

リップクリームの代わりにオイルパックがおススメ!

では、カサカサな唇でもほっておくのか?…そうではありません。塗っても改善を感じられないのであれば、まずは使用しているリップクリームをいったん止めましょう。

そしてオイルパックを入浴時に行ってみて下さい。マッサージをしながら、ホットタオルで温めていきます。

注意したいのが、洗顔後、ローションに乳液かクリームをつけるかと思いますが、「目の周り、口の周りは控えてください」という注記があるクリームを唇には塗らないこと!意外と適当に唇まで塗ってしまいますが、カサカサの症状が出ている方は注意して下さい。

そして少し落ち着いてきたら、リップクリームの代わりに「グロス」を使いましょう。最近は男性用のグロスもあるほど。ですから女子にとって当たり前のアイテムですが、まめにつけてみてください。

最後に…カサカサが改善できなのであれば、高校生とは違うのですから数百円のリップクリームではなく数千円のものを1度使ってみてください。格段に良くなりますし塗りすぎなほどつけなくても保湿はしっかりされます。

この記事をシェアする

関連記事