• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

髪を少しでも早く伸ばす方法。栄養をしっかり届けて美髪効果も!

Date:2017.11.21

髪を切り過ぎてしまって後悔した時や、髪の長さが足りずにやりたいスタイルができない時などは早く髪が伸びて欲しい!と思ってしまいますよね。

そんな時でも髪が伸びてくるまで、辛抱強くただ待つだけしかできないと思っていませんか?

理論上、髪を通常よりも早く伸ばすことは可能です!髪を早く伸ばしたい!と思ったら、ただ伸びてくるのを待っているよりも、それらを実践することであなたの髪を通常よりも早く伸ばすことができますよ!

そこでここでは、髪を早く伸ばす方法をご紹介します。毛先の傷みが気になるけれど、伸ばしたいから切りたくない!という人も是非参考にしてみて下さい。


頭皮の血行改善で早く伸ばす。髪に栄養を届けやすくする

髪を早く伸ばすためにはそのための栄養分も必要になってきますよね。

血液によって栄養分は運ばれていきます。しかし頭皮の血流が悪ければ髪に栄養分が届きにくく髪も伸びにくくなってしまいます。

つまり髪に沢山の栄養を届けるためには頭皮の血流を良くしておくことです。以下はそのために効果的と言われていることです。

頭皮マッサージで毛母細胞を活性化

頭皮マッサージで血行を良くすることで毛根の先にある毛乳頭から栄養が吸収されやすくなります。それにより毛母細胞が活性化し髪の成長を促します。

シャンプー中や、入浴中などに頭皮マッサージを取り入れてみましょう。マッサージは頭皮を擦らず、指の腹を使って指圧をするように押します。ポイントなるツボもいくつかありますのでそれらを意識してマッサージしてみましょう。

【頭皮マッサージのやり方】

  1. 指の腹で首の後ろから頭頂部に向かってマッサージ
  2. 次は耳の上の側頭部から頭頂部に向かってマッサージ
  3. 次は前髪サイドから頭頂部に向かってマッサージ

耳の前に「和りょう」というツボ、頭頂部(左右の耳を結んだ中央店)には「百会」という血行改善に効果的なツボがあります。マッサージの時に意識して押してみるとさらに効果的ですよ。

▼頭皮マッサージについてはコチラを参考にしてください!

頭皮マッサージの記事のトップ画像キャプチャ

炭酸シャンプーなら、血行改善+汚れを落とす

シャンプーの成分の中に炭酸を混ぜた炭酸シャンプーを使用することで、地肌から二酸化炭素が入ると血液量が増し血管が広がります。血管が広がることで血流もよくなります。

また、炭酸の効果で地肌の汚れも落ちやすく、頭皮を清潔に保つことで髪の毛も伸びやすくなります。

ストレスは毛細血管に影響する

髪が伸びるスピードをストレスは一見何の繋がりもないように感じますが、ストレスを多く抱え込んでしまうと末端の血管に影響を受けやすく、収縮させてしまうこともあります。そのため毛細血管が血行不良となり髪に栄養が届きにくくなってしまいます。

ストレスを感じやすいという人は、ストレスは出来る限りため込まずに自分なりのストレス発散法を持つようにしておきたいですね。

適度な運動で血流改善

薄毛治療に運動療法があるように、運動も髪の成長を促すために効果的です。日常に適度な運動を取り入れて血行のよい体をつくることが理想的ですね。

適度な運動はストレス発散にも効果的と言われています。無理しない範囲で楽しめる運動を取り入れてみましょう。ウォーキングやヨガなどがおススメですよ。

髪に十分な栄養を届けて伸ばす。髪が喜ぶ栄養素を摂取する

血流改善ができたら、髪によい栄養素も意識して摂取するようにして髪にどんどん栄養を届けてあげましょう。

髪の主成分であるタンパク質

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。
タンパク質は主に

  • 肉類
  • 大豆
  • 牛乳

などに含まれています。

タンパク質はアミノ酸が集結して作られています。特に食べ物からしか摂取できない必須アミノ酸が含まれるものをバランスよく摂り入れるようにしましょう。

※必須アミノ酸が多く含まれる食べ物
マグロ赤身・カツオ・プロセスチーズ・牛レバー・豚レバー・鶏むね肉・など。

細胞分裂に欠かせない亜鉛

髪の主成分でもあるたんぱく質の代謝を促すミネラルには鉄、銅、亜鉛などがありますが、特に亜鉛は毛母細胞の細胞分裂に欠かせないミネラルです。

亜鉛は

  • 強いストレス
  • 飲酒や禁煙
  • 偏食

などにより大量に消費されてしまうということもあり、現代人には不足しがちな栄養素ともいわれています。

亜鉛が不足してしまうと、ストレスに弱くなってしまいます。亜鉛不足による影響は様々ありますが、頭髪に関して言えば、ストレスで頭皮の血流も悪くなり、髪のトラブルも起きやすくなります。

また、亜鉛はケラチンを作る働きもあります。つまり亜鉛が不足することで髪の主成分が合成できず、髪が伸びにくくなります。

亜鉛が多く含まれる食べ物には

  • 牡蠣
  • 煮干し
  • するめ
  • ビーフジャーキー
  • 卵黄
  • 黄な粉
  • パルメザンチーズ

などがあります。これらをバランスよく食事に摂り入れるようにしましょう。

亜鉛の吸収率をアップするビタミンCとクエン酸

亜鉛を摂取する時は、ビタミンCや、クエン酸などと一緒に食べると吸収率がアップしますよ。

※ビタミンCが多く含まれる食べ物
みかん・レモン・じゃがいも・ブロッコリー・ピーマンなど
※クエン酸が多く含まれる食べ物
梅干し・レモン・パイナップルなど

正しいヘアケアで早く伸ばす。頭皮環境を整える

頭皮の皮脂は多すぎても少なすぎてもトラブルの元。適度な皮脂の量を保つことが髪にとってはベストです。

頭皮環境が悪化すれば当然、髪を伸びにくくなってしまいます。髪のために普段のヘアケアを見直してみましょう。

正しいシャンプーのやり方
髪の毛の汚れは泡だけで十分に落とすことが出来ますので髪の毛は擦り過ぎず優しく洗いましょう。地肌も指の腹で優しく洗います。すすぐときに洗い残しがあると、毛穴の詰まりの原因になったり、頭皮を傷めてしまったりする場合がありますので、しっかりとすすぐようにしましょう。
髪の毛は不必要に洗いすぎてしまうのも良くありません。洗いすぎが原因で過剰に分泌された皮脂が原因で

  • 毛穴を塞ぐ
  • 雑菌の増殖

といったトラブルが発生してしまい髪の成長の妨げになってしまいます。髪は汚れたら洗う、という感覚で洗いすぎに注意しましょう。

ドライヤーの使い方
ドライヤーの熱風で髪を乾かすと、毛根から汗や皮脂を発生させてしまう原因になってしまいます。そのため、髪を早く伸ばしたい場合、ドライヤーを使用する時は冷風で乾かすようにします。髪は濡れていると傷みやすい状態になりますので、自然乾燥せずにシャンプー後は出来る限り早めに乾かすようにしましょう。

質の良い睡眠をとって早く伸ばす。成長ホルモンの分泌を促す

眠っている間も成長ホルモンは分泌されています。分泌される成長ホルモンは体の新陳代謝にも大きく影響しており、当然髪の成長にも関わってきます。

そして、この成長ホルモンが特に分泌される時間帯というのが22時から2時の間です。この時間に質のよい睡眠をとることで、体全体に効率よく栄養素を送り届けることが出来ます。その結果髪も伸びやすくなりますね。

22時から2時に睡眠をとることが理想的ですが、無理な場合でも出来るだけ毎日決まった時間に就寝するという習慣をつけるようにしましょう。

傷んだ毛先は切った方が綺麗に伸びる

毛先の傷みが気になっても、髪を伸ばしたい!と思っている時は出来れば切りたくないと思ってしまいますよね。では、切らずに伸ばし続けても大丈夫でしょうか?

毛先が傷んだまま伸ばし続けることで髪の成長の妨げになってしまうということはありません。髪の傷みには関係なく髪は根本から生えてきます。

しかし、一度傷んでしまった髪は元に戻ることはありません。

放置してしまうと傷みは酷くなる一方で変な癖毛になったり、髪の毛が成長過程で切れてしまったりなどの原因にもなります。早く伸ばしたい時に、切れ毛は出来れば避けたいものですよね。

傷んだ毛先をカットしたからといって、髪の成長が早まるということはありませんが、健康な髪を保ちながら順調に伸ばしていくためには傷んだ毛先はカットした方が良いかもしれませんね。

その方が伸びた時の見た目も綺麗ですよ。

生活習慣の改善で綺麗に早く髪を伸ばせる!

髪の伸びる長さは個人差もありますが、1か月で約1㎝程度です。これを何倍も早く長くするということは難しいことですが、

  • マッサージなどで頭皮の血行を良くしておく
  • タンパク質や亜鉛など、髪が喜ぶ栄養をしっかり摂る
  • 正しいヘアケア方法を実践して髪が伸びやすい頭皮環境を作る

これらを意識することで、本来ある髪が成長する力を最大に活かすことが出来るでしょう。その結果通常よりも早いスピードで髪が伸びることも期待できます。

髪の毛は栄養が届きにくい場所です。しかし髪が伸びるためには栄養は不可欠。少しでも早く伸ばしたいという時は

  • 無理なダイエット
  • 喫煙

は控えるようにしましょう。ダイエット中はどうしても栄養不足になりがち。また喫煙は血行不良の原因となり髪にまで栄養が届きにくい状態になってしまいます。

髪を早く伸ばすために出来ることは綺麗な髪を作ることにも繋がってきます。是非実践して、あなたの髪を綺麗に早く伸ばして下さいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント