• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

舞茸がダイエットに効く!MXフラクションのスゴい効果とは

Date:2017.01.14

shutterstock_201150476お鍋が恋しくなる季節、ダイエットを目指すなら積極的に取り入れて頂きたい食材があります。

それは、舞茸。

舞茸には、キノコならではのダイエット効果が期待できるほか、なんと他のキノコにはない舞茸独自のダイエット成分も豊富に含まれているんです。

食感も良く、調理のしやすさも抜群の舞茸。今回は、テレビでも話題の舞茸ダイエットについて、やり方や効果をご紹介していきます。


芸能人も多数痩せた!舞茸ダイエットとは

テレビ番組の企画で一躍有名になった「舞茸ダイエット」。いくつもの番組で取り上げられ、それぞれお笑い芸人やアイドルなどの芸能人が挑戦、そのたびにスゴい効果が紹介されました。

双子の芸人さんの場合、二人ともが約10kgの減量に成功!女性芸人さんは約7kg、そして元々スリムな女性アイドルも、一週間で約4kgの減量に成功したのです。

キビシイ決まりは何もなし!

食材を使うダイエットというと、こんなイメージが浮かびませんか。

「カロリー計算が必要……」
「ひとつの食材しか食べちゃいけない……」
「一食まるまる何かに置き換えなくてはいけない……」

などなど。

頑張ればできるかもしれないけれど、実践するにはちょっと勇気の要るこれらのイメージ。

でもご安心ください。舞茸ダイエットには、こういった縛りはありません。

舞茸ダイエットのルールは「毎日、舞茸を食べること」。舞茸を含んだ料理を食べればいいというだけです。カロリー計算も、他の食材を我慢することも、覚悟しなくてOK。

舞茸が苦手な人以外には、とっても簡単で嬉しいダイエット法なのです。

キノコそのものが優れたダイエット食品

舞茸に限らず、キノコをたくさん食べることで痩せ効果を狙う「キノコダイエット」も、有名ですよね。

そもそも、キノコ類そのものに優れたダイエット効果があるんですよ。

キノコダイエットが効果的な理由3つ

キノコがダイエットに適している主な理由は、以下の3つ。

  1. 食物繊維が豊富
  2. カロリーが低い
  3. キノコキトサンが脂肪を分解

順番に詳しく見ていきましょう。

1.食物繊維がたっぷり

まず第一に、キノコの食物繊維。キノコ類には食物繊維がとっても豊富に含まれています。

中でも多いのが「不溶性食物繊維」の割合。これはその名の通り水に溶けない食物繊維で、腸の中で水分を吸って大きく膨らみます。

膨らんだ不溶性食物繊維がお腹の中をコロコロと転げ回ることで、腸が刺激され、ぜん動運動が活発になります。その結果、便意が促され、便秘解消に繋がります。

不溶性食物繊維は、腸を刺激するだけでなく、腸の中の余分な脂肪や毒素を絡めとってくれます。それらを身体に吸収させることなく、便と一緒にスムーズに体外へ排出してくれるんです。

2.低カロリーで噛みごたえ抜群

第二に、注目すべきキノコのカロリーの低さです。

下の表は、日本の食卓でよく見かけるキノコ類の、100gあたりのおおよそのカロリーをまとめたものです。

種類 カロリー(/100g)
エリンギ 24kcal
松茸 23kcal
えのき 22kcal
しいたけ 18kcal
しめじ 18kcal
舞茸 16kcal
なめこ 15kcal
きくらげ 13kcal
マッシュルーム 11kcal

いかがでしょうか。ちなみに、白いご飯100gのカロリーは168kcalです。キノコ類全般がいかに低カロリーな食材であるか、一目瞭然です。

また、キノコは調理しても食感が残りやすく、ある程度の噛みごたえがあるためお腹がいっぱいになりやすいのも嬉しい特徴です。

3.脂肪を減らす「キノコキトサン」

そして、3つめの理由が「キノコキトサン」。

キノコキトサンとは、その名のとおりキノコ由来の天然成分です。ダイエットの天敵・脂肪を減らし、美と健康を強力にサポートしてくれます。

キノコキトサンの働きは、

  1. 脂肪の吸収を抑える
  2. 脂肪燃焼を促進させる

というもの。

つまり、食べ物を通じて身体に入った脂肪分を、腸が吸収する前にブロック!脂肪の多い食事が好きでも、一緒にキノコを食べることである程度その吸収率をコントロールできるのです。

おまけに体内に溜め込んだ脂肪の燃焼・分解を促進してくれます。とくに肝臓への脂肪の蓄積を妨げる作用が強く、また血中の脂質もコントロールして抑えてくれる作用があります。

キノコキトサンはダイエットの強い味方。積極的にキノコを食べることで、余分な脂肪を減らしていく働きが望めるのです。

キノコの中でも舞茸はスペシャルな存在

低カロリーで食物繊維が豊富、おまけにキノコキトサン効果で脂肪を燃やせるキノコ類。

その中でも、とりわけダイエットに適しているのが舞茸です。その秘密は、数あるキノコの中でも舞茸だけが持つスペシャルな成分にありました。

「MXフラクション」のダイエット効果

「MXフラクション」という成分が、舞茸には含まれています。

この成分は、神戸薬科大学の難波教授により発見されました。MXのMは、舞茸の「M」です!なんと、この成分はキノコの中でも、舞茸にしか存在しません。

MXフラクションは、舞茸に含まれる多糖類の中から発見された成分です。その主な効果は、この2つ。

  1. 血糖値の急上昇を抑える
  2. コレステロール値を下げる

これはダイエットにはもちろん、健康にとっても非常に嬉しい効果です。

血糖値が急上昇すると太りやすい、という事実は、糖質制限ダイエットや食べ順ダイエットのおかげで有名になりました。そのメカニズムはインスリンの分泌量と深く関係しています。

血液中の糖分が急上昇すると、糖分を分解する成分「インスリン」が大量に分泌されます。このインスリン、分泌されすぎると、なんと糖分を脂肪に変えて蓄積してしまうのです。

食事をすると血糖値は自然と上昇します。それ自体は全く問題ありませんが、この上昇を急激なものにするのではなく、できるだけゆるやかにすることが、お邪魔な脂肪を減らす道です。

MXフラクションは、インスリン受容体の感度を上げてインスリンの過剰分泌を抑え、また体内でのブドウ糖の合成も同時に抑える働きをしてくれます。

結果、血糖値の急上昇を抑え、脂肪を燃焼しやすい身体にしてくれるのです。

また、MXフラクションは、肝臓でのコレステロールの合成も抑えてくれます。余分なコレステロールを作らず、コレステロール値を下げる助けになってくれるのです。

コレステロールに関しては、合成を妨げるだけではありません。なんと、内臓からのコレステロールの吸収も抑えた上、コレステロールの排出まで促進してくれるのです。

余分なコレステロールは、作らず、吸収せず、どんどん排出してくれる。コレステロール値が気になる方には、とくに嬉しい味方と言えるでしょう。

「MDフラクション」のアンチエイジング効果

舞茸には、「MDフラクション」という別の成分も含まれています。

MDフランクションは、強力な免疫力アップ効果を持つ成分。免疫力が下がると、風邪などのウイルスに侵されやすくなったり、疲れがとれにくくなったりします。

免疫力は食生活や睡眠、多忙な仕事、ストレスなどに左右されがち。ダイエット中には下がりやすいと言えますよね。

舞茸に含まれるMDフランクションには、この免疫力をカバーして、体調不良を防いでくれる効果があるのです。

風邪にかかりにくくなる、というだけではありません。細胞の免疫力が活性化されると、お肌や髪の細胞の老化防止にも効果あり!

舞茸を食べることで手に入るのはスリムな体型だけでなく、健康のキープや、アンチエイジング効果でもあるのです。

超簡単!舞茸ダイエットのやり方

舞茸のダイエット効果が判明したところで、早速、具体的なやり方を見て行きましょう!

基本は「毎日食べる」だけ♪

冒頭でもご紹介したとおり、舞茸ダイエットのやり方はとっても簡単。

基本ルールは「毎日、舞茸を食べること」それだけです!

1日に食べる3食の食事のうち、どこかに舞茸を使った料理を取り入れましょう。朝でも昼でも、夜でもOK!カロリー計算や、他の食材を控える必要もありません。

(と言っても、舞茸の成分があるから〜と安心してドカ食いするのは、もちろんNG。あくまでも「いつもどおり」の食事が前提ですよ!)

舞茸は味も形も独特なわりに、和洋中どの料理にもよく合う、使い勝手の良い食材です。また舞茸以外を食べてはいけないということもないので、飽きずに続けられるはず。

簡単で続けやすい舞茸ダイエットには、成功のためのいくつかのポイントがあります。次に、それをご紹介していきましょう。

舞茸ダイエット成功のためのポイント

成功のために心がけるとよいポイントは、以下のようなものです。

  • 舞茸は水で洗わない
  • 煮汁ごと食べられる料理にする
  • 加熱しすぎない
  • 1日50gを目安に食べる
  • 7日間以上続ける

まず、舞茸に含まれるMXフラクション、MDフラクションは、水に溶けやすく、熱で分解されるという性質を持ちます。

舞茸を水洗いしてしまうと、せっかくの成分が流れ出てしまい、とてももったいないことに。

市販のキノコは栽培環境の進化により、土がついていないものがほとんどです。調理前の舞茸は、石づきにあたる部分を切り取り、気になるようなら軽くホコリを拭き取る程度にして、水洗いを避けましょう。

また、水で溶けやすいということは、ダイエット成分は舞茸の煮汁に多く溶け出します。舞茸ダイエットの最中は、舞茸そのものだけでなく、その煮汁も一緒に食べられる料理を心がけましょう。

おすすめの調理法は、

  • シチューやカレーなどの煮込み料理
  • 炊き込み御飯
  • 鍋(シメに雑炊をすると尚良し)

です。

そしてもうひとつ、MXフラクションやMDフラクションは、加熱で分解されやすいもの。長時間の加熱や強火調理は避けた方が良いでしょう。

舞茸を食べる量は1日50g、市販のパックですと半パックほどが適量です。不溶性食物繊維の効果で、食べ過ぎるとお腹がゆるくなる可能性もありますのでご注意を。

また、舞茸ダイエットの効果が現れる期間には、個人差が大きくあります。7日間で数kgも落ちる人もいれば、3か月ほど続けて10kgほどの大幅減量に成功する人もいます。

自炊に無理のない範囲で、自分にできるだけの期間を決め、毎日続けるようにしましょう。

この工夫で、より効果アップ!

舞茸ダイエットの効果を早く実感したい場合は、次のようなことを併用するのがおすすめです。

  • 炭水化物を減らしてみる
  • ウォーキングなどの運動を取り入れる
  • 睡眠・食事のサイクルを規則正しくする

ダイエットや健康にとって基礎ともいえることですが、ちょっと意識してこれらを組み合わせることで、舞茸の持つダイエットパワーをグンとアップさせることができます。

肥満やコレステロールがとくに気になる方は、せっかくのこの機会、生活改善も一緒に計画してみるのはいかがでしょうか?

舞茸パワーでスリム美人に!

美味しくて、安くて、ダイエットの強い味方にもなってくれる、舞茸。オリジナル成分も含めたそのパワー、活用しない手はありません。

スーパーで見かけたらぜひゲットして、今夜の食事に取り入れましょう♪

あなたも今年は、あったか舞茸料理で、スリム美人を目指しませんか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント