• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ママ必見。ママもついでにベビーオイルとローションを使い分けケア。

Date:2014.02.13

最近ベビーマッサージが話題になり、都心では無料のベビーマッサージ教室に通うママさんたちが増えています。

ベビーマッサージの普及と同時に以前は数えるほどしかなかったベビースキンケアブランドも今ではドラッグストアでコーナーを持つほどにメーカーも種類も増えてきました。赤ちゃんに使うものですから気を使いたいと思われる方も少なくありません。

赤ちゃん専用のオイルやローションの素材の良さを見ると・・・忙しいママさんも「ついでに」ケアができます!

赤ちゃんにあわせてあるものだから安心!

海外ではベビースキン用品のブランドはかなりの数。日本の認識の薄さというのか、日本のママさんの声が届かなかったためか数年前まで国内メーカーさんのベビースキンケア用品は1つか2つ程度でした。

今では活性剤一切不使用などかなり素材にこだわって研究されています。とは言っても、植物学者が品質にこだわったオーガニックで、しかも安心して使える国際基準に満たされているものの方が安心して使えるというママさんもおられます。

どんなものであれ弱酸性に作られていますから、手元にあるオイルやローションを使わない手はありません。

まずオイルでアイメイクを落としていきます。ベビーオイルは伸びますから、少量をコットンに含ませて目元のクレンジングをしていきます。ローションでほかの部分のふき取りをしていきます。

洗顔後はローションとオイルをMix使い?!

洗顔後、ローションかと思われるかもしれませんが、ローションにごく少量の(1滴程度)オイルを手のひらで混ぜ合わせていきます。そうしますといわゆる「乳化」されて肌に浸透しやすい状態ですばやく保湿できます。

肌の乾燥は洗顔後数分以内に水分を補給するかどうかで決まると言われています。ですが入浴後のあわただしい時もとりあえずまず水分補給と保湿をする事が出来ます。

そして、お子さんを寝かしつけたりして時間に余裕ができたら、ベビーオイルでマッサージをしてできればお湯でぬらしたタオルで温パックできれば、かなり肌の疲れが取れます。

忙しくても簡単ケアで自分磨き!

ですから、まずクレンジングではアイクレンジングにベビーオイルを用います。そして洗顔後、ベビーローションとオイルを使って水分補給と保湿をします。

それからベビーオイルでタオルパックをして肌の疲れと共に水分が逃げないように肌にふたをしてダブル保湿をするのです。肌にトラブルがある方はベビーオイルを選ぶ際カミツレ(カモミール)配合を選ぶとよいかもしれません。

カミツレにはアレルギーや炎症そしてかゆみを抑える成分が含まれているので、赤ちゃんはもちろんママさん自身の肌を改善してくれるケアになります。

忙しすぎて自分に手がかけられないと感じても、あなたのお子さんにとってもご主人にとっても大切で素敵な存在でいる必要があるのですから、簡単ケアで自分磨きを忘れないでくださいね。

この記事をシェアする

関連記事