• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

危険信号に見えるマンネリ、実はチャンスのサイン

Date:2013.06.17

ドキドキだけが恋愛?

始まりはどんなに情熱的でも、そのドキドキした気持ちをそのまま何年も続かせる事はとても難しいですよね。「なんだか最近刺激が足りない..」「相手の行動にイライラしてしまう」と感じ始めたら、それはマンネリのサインかもしれません。

しかし、付き合っていく過程でお互いをよく知るようになり、新鮮さも少しずつ薄れてくるのは、どのカップルも同じ事。長く付き合っていれば、この倦怠期は避けて通れないものだと思うのです。

ただ、マンネリという言葉は、「別れ」や「距離を置く」というネガティブな印象を強く持たれがちですが、実はそうではありません。

お互いの恋愛関係が安定し落ち着いた状態にあるのですから、本来であれば喜ぶべき事だと思いませんか?そして、このマンネリになった時こそ、2人の関係を一歩上のレベルへ上げるチャンスなのです。

ドキドキする関係だけが恋愛ではありません。まずは、マンネリ=ポジティブと捉える事から始めましょう。

マンネリを感じたら

では、マンネリ=ポジティブと捉えるにはどうしたら良いでしょうか。つまり、この倦怠期をいかに「楽しく」過ごすかという事です。

色々な手段・考え方があると思いますが、ここでは3つに絞ってご紹介します。まず1つ目は、「2人でできる事を始める」という事。無理矢理、2人の趣味を合わせようとする必要はありません。

例えば、いつもは女性がお料理を作っている場合は、2人で一緒に作る事を提案したり、普段なかなか行けない小旅行の計画をしてみたり。

普段の生活に、いつもとは違ったスパイスを少し入れるような感覚です。そうする事で、お互いにまだ知らなかった一面を見るチャンスが出来ます。

2つ目に、「自分磨きを始める」事です。付き合いたての頃は、髪型や服装など身なりに気を遣うけれど、次第にあまり気にならなくなってしまう事が大いにあります。

それは一種の安心感からくるものですが、あくまでもオトコとオンナの関係なので疎かにしてはいけません。

女性なら、普段とは違ったメイクやファッションに挑戦してみるのも良いでしょう。また、男性はお酒の飲み過ぎでお腹が出始めていたりしませんか?彼女と会う前に鏡の前で全身をチェックする習慣をつけるのも1つのアイディアです。

そして、外見だけでなく、内面を磨く事も大切です。マンネリを良い機会と捉え、何か新しい事を始めてみてはいかがでしょうか。「倦怠期になってしまった、どうしよう..」などと不安な気持ちでいるよりは、新しい何かに打ち込む方が気持ちもポジティブになります。

それだけでなく、新しい環境や趣味を持った自分を見て相手もまた新鮮さを感じるでしょう。そう、「自分が変わる事で相手も変わる」のです。

最後に、「感謝の気持ちを伝える」です。当たり前の事ですが、意外と忘れがちな事。特にマンネリの時期には、「~してくれない」という相手への不満が多く喧嘩の原因になります。

確かに、今までしてくれていた事をしてくれなくなったら、誰でも不安になりますよね。しかし、「してくれる事」に感謝を示していますか?

してくれて当然という思いがどこかにあり、つい「ありがとう」の一言を忘れがちになりやすい時期なのです。不満を言う前にまず、感謝の気持ちを伝えましょう。

この記事をシェアする

関連記事