• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

触ってほぐすだけ、翌日便秘解消!体が喜ぶ腸マッサージの方法

Date:2014.09.16

最近便秘がち。なんだかお腹の調子がよくないなぁというとき、自分のお腹を触ってみてください。かちこちに固まっていたり、体の周りに比べて冷えていたりしませんか?内臓は冷えると固くなり、消化機能が低下してしまいます。

そんな時はお薬に頼る前に、自分でできる腸マッサージを試してみてください。お腹をほぐして温めることで、体が本来の働きを取り戻し、不調を改善することができるかもしれません。

①まずは基本のマッサージ

マッサージは、薄い服を着たままでも、服を脱いだ状態で手にマッサージオイルを付けた状態でも行えます。

基本の動きは、大腸に沿って時計回りにほぐしていくことです。

①仰向けになり、お腹の右下、骨盤のあたりから上に向かってさすりあげます。

②あばら骨の5cm下くらいまで引き上げたら、真横にさすります。

③お腹の左のあばらに行ったら、今度は下へ。この動きを何度か繰り返すうちに、腸が動き出してきます。

②くるくるマッサージ

基本のマッサージの動きに、小さな動きを加えて腸のこりをほぐしていきます。

①基本のマッサージのように時計回りをしつつ、腸を小さな円を描くような動きでほぐしていきます。

②途中固いところがあったら、そこは優しく念入りにマッサージしましょう。

③ほぐしているうちに、お腹がじんわりとあたたかくなってきます。

③最後の仕上げ

お腹をほぐして柔らかくなったら、腸の老廃物を体の外に押し出すマッサージをします。

①あばら骨の下のお腹の部分を、上から下に優しい力で押してさすっていきます。

②お腹の中のいらないものを肛門に向かって押し出すイメージ。この時もお腹の固いところが見つかったら、円を描くように優しくほぐしてあげましょう。

④誰かにやってあげるとき

このマッサージは自分だけでなくほかの人に行ってあげることもできます。その時には、③のマッサージの後に、お腹を横に向かって押しさする動きも加えてください。パンをこねるようにお腹を左右に押したり戻したりすることで、お腹をよりほぐしてあたためることができます。

⑤最後にお水を飲みます

体の老廃物を流すために、マッサージ後には常温のお水を1杯飲みましょう。

体が喜ぶ腸マッサージの方法、いかがでしたか?私が腸マッサージと出会ったのはアメリカ。マッサージ学校で腸マッサージを学んでいる友人に施術してもらったときです。

手のひらのあたたかさと心地よい圧力でうとうとし、翌朝にはこれまでにないくらいの「快腸」さ。それ以来、自分でもお腹を触ってお手当をするようになりました。

自分の体を触ってあげることで、体調の変化や自分の状態をより良く把握し、いつくしむことができるようになりました。お腹だけに関わらず、自分の体を日常的にチェックし、ほぐしてあげることで数々の不調に気づいたり、自分で改善したりすることができるようになります。

自分の体は自分だけのもの。体と仲良くなって、より健康で美しい自分に出会いましょう。

この記事をシェアする

関連記事