• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

まつげダメージ最小限化!ウォータープルーフマスカラの落とし方

Date:2014.05.16

スポーツジムのトレーニングやお仕事中、メイク崩れを避けるために、ウォータープルーフのマスカラを愛用している方も多いと思います。長時間つけていても崩れないし、目元のキレイがずっと続く、忙しい女性にとってとっても便利なアイテムですよね。

ただ、「崩れにくい」ということは、「落としにくい」とイコールで、メイク落としで苦労している方も多いのではないでしょうか。間違ったメイク落としは、目元の乾燥やシミ、くすみを起こしたり、大事なまつげが抜ける原因となります。

まつげダメージを最小限におさえる、ウォータープルーフマスカラの落とし方を復習して、ぱっちりまつげを維持しましょう。

こんな間違いしていませんか?ウォータープルーフマスカラの落とし方

まずは、まつげにダメージを与えてしまう、マスカラの落とし方、NG例から見ていきます。

・顔全体を、オイルタイプのクレンジングで一気にオフする

・マスカラの落とし残しがないように、ゴシゴシ、繰り返しこすって落とす

・メイク落としは拭き取りシートですませてしまう

1つでもあてはまる項目があった方は、危険です。

目元は皮膚がデリケート、けど、ウォータープルーフマスカラはオフしにくい。メイクを落とすのは疲れて自宅に帰ってきたとこだから、できるだけ手軽な方法ですませたい・・・

あなたの気持ちは最もですが、目の印象を大きく左右するまつげ、抜けてしまったり、細くぼろぼろの状態になっては大変です。まつげダメージを最小限にブロックする、正しいケア方法を見ていきましょう。

まずは鉄板!アイメイク用のポイントリムーバーを検討

ウォータープルーフマスカラをすっきり落とす基本は、アイメイク用の「ポイントリムーバー」を使うこと。通常のメイク落とし、クレンジングと比較して、洗浄成分「海面活性剤」が多く入っているので、落ちにくいマスカラでも、すっきり落とす事が可能です。

柔らかめのコットンに、リムーバーをたっぷりとつけ、マスカラになじませた後、優しく拭き取りオフします。目の際に残ったマスカラは、綿棒を併用して、落とし残しがないようにしてください。

ダメージが気になる方はオーガニックオイルでオフを!

目元用のポイントリムーバー、確かに洗浄力は優れていますが、刺激が強いので、敏感肌、乾燥肌の方だと、トラブルに発展することもあります。そこでおすすめなのが、オーガニックのオイルを使ったオフ方法。

自然由来の素材ならデリケートな目元の皮膚にも安心して利用できますし、まつげへのダメージを最小限にブロックできます。

◆オーガニックオイルを使ったウォータープルーフマスカラオフ手順

<<用意するもの>>

・エキストラバージンオリーブオイル

→輸入食品のお店、スーパー、100円ショップ、意外とどこでも手に入ります。「精製オリーブオイル」「オリーブオイル」ではなくて、「エキストラバージンオリーブオイル」を使用してください。

<<マスカラのオフ手順>>

1.大さじ一杯くらいのオリーブオイルを手にとり、円を描くように、アイメイクの上になじませます。

2.マスカラの部分は、優しくおしつけるようにして、少し時間をかけてケアすることでメイク残りを防ぎましょう。

3.これでアイメイクはきれいに落ちているはず、普段通りに洗顔料でお顔を洗って、終了です。

クレンジングに含まれる合成界面活性剤は、お肌のバリアを破壊して、乾燥、老化のもとになると言われています。

当然、まつげにも大きな負担がかかるもの、そこで、合成界面活性剤を使っていない、「エキストラバージンオリーブオイル」でのケアが有効、というわけです。

まつげメイクを毎日楽しむために…

今回は、「ウォータープルーフマスカラ」の落とし方として、「エキストラバージンオリーブオイル」を使ってオフする方法を紹介しましたが、当然、お顔の他の部分のクレンジングとしても応用できます。

個人差はありますが、オリーブオイルでメイクを落とすようになってから、乾燥肌が改善された、まつげの1本1本が強くなった気がする、目元のかさつきが気にならなくなってきた、など、うれしい効果を実感する方も多々います。

まつげメイクを思う存分楽しむために、一日の終わり、正しくメイクをオフして、次の日に備える習慣をつけていくことをおすすめします。

この記事をシェアする

関連記事