• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

風邪予防と保湿効果にもなる「マスク美容」の効果とは

Date:2013.03.02

風邪予防や花粉症対策としてマスクは大きな役割を果たしますね。風邪のウイルスや花粉をシャットアウトすることで、風邪予防になったり、花粉症の症状を緩和させたりすることができるマスク。

最近ではノーメイク隠しに使っている女性も増えているそうです。このマスクは風邪予防や花粉症対策だけではなく、肌の保湿にもなるのですよ。

マスクをしているだけでも顔はあたたかいですよね。それだけでも血行がよくなっている証拠。そでが美肌にもつながります。マスクを利用することで美肌づくりができるなんて便利ですよね。

マスクで刺激から肌を守る

マスクの美肌効果として一番分かりやすいのは紫外線対策になるということ。紫外線は夏だけではなく1年中降り注いでいるものです。マスクをしていれば、紫外線から肌を守ることができますね。

また、汚い空気や細菌、冷たい風、乾いた風などの刺激から肌を守ってくれる作用もあります。肌に刺激を与えると乾燥しやすくなりますからね。マスクをすることで乾燥対策になります。

呼気で保湿効果

マスクをしていると肌がしっとり、唇もしっとすることが多いですよね。それは自分の息でマスクの中が温まり、また湿気がこもるからです。マスクで水分の蒸発も防いでくれているのですね。これがマスクの保湿効果です。

また寒さ対策にもなり、血行もよくなります。美肌には血液循環がよいことが大切です。マスクで血行をよくすることができるのですね。

アロマオイルでさらに美肌

またマスクにアロマオイルを使うことで、アロマの効果も期待できます。鼻からかいだ香りは、電気信号に変換されて脳、視床下部に伝わり体に働きかけます。

肌荒れに聞いて肌にうるおいを与えてくれる、カモミールやレモン、ジャスミン、サンダルウッド、ラベンダー、ローズウッド、ネロリ、ローズなどのアロマがおススメです。

また、アロマの香りは精神的にもよい効果を与えてくれるもの。精神的安定は女性ホルモンのバランスをよくして美肌に導いてくれます。

マスクで鼻呼吸

口呼吸をしていると体内の水分を逃がしてしまいます。マスクをすることで鼻呼吸に改善することができますから、肌の水分も体内の水分もキープすることができますよ。

鼻呼吸をすることで、細胞に酸素をとりこみやすくなり、代謝もアップ、免疫力もアップします。美容にも健康にも口呼吸から鼻呼吸に変えていきましょう。

濡れマスクで効果アップ

マスクが濡れていたら保湿効果もより高まるでしょう。今は濡れマスクというよりマスクにつけるフィルターが人気のようです。保湿効果も長く、従来のマスクに装着して使うことが可能。乾燥対策にも効果が高く、乾燥が原因でのどを痛めることを予防してくれます。

美肌のためにも濡れマスクを使うとより保湿効果が高まるでしょう。

マスクの本来の役割も美肌につながる

マスクはウイルスの防止や花粉を予防するためにすることが多いですね。マスクをすることで風邪のウイルスや花粉などはほとんどがシャットアウトできると言われています。

風邪をひいてしまうと、熱が出たり、のどが痛くなったり不快症状が出ますね。食欲もなくなり、栄養も摂れなくなります。運動できなくない、肌も乾燥しやすくなります。

風邪などをひかない、健康体でいることは美肌作りの基本でもありますね。マスクをして風邪対策をするのは美肌につながるということです。

大き目のマスクがおすすめ?

肌の保湿効果をねらうなら、できるだけ顔を覆い隠す大きいサイズのマスクがおススメです。現在では息苦しくない構造になっているマスクも多いので、息苦しさを感じずにマスクをしていることができますよ。

また、マスク選びのポイントとしては顔にフィットしているという点も大事です。フィットしていないとどこから細菌などが入り込んでしまい、マスクの役目が果たせません。

鼻から顎にかけてぴったりとしているか、横から見るなどして確認して顔にフィットするマスクを選びましょう。さらに耳がいたくならないように調節ができるものも便利ですよ。

この記事をシェアする

関連記事