• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

育毛しても抜けるまつげ。原因は合わない化粧品による肌荒れかも

Date:2015.03.02

shutterstock_69257023_

まつ毛の育毛しているのに、効果が感じられない…という事があるものです。または、育毛しているのに抜けてしまうという事もあります。

こうしたまつ毛の抜け毛はメイクの仕上がりを直撃するので、せめて抜けずにいてほしかったと思う事もたびたび。マツエクを断念した方などは特にまつ毛の育毛には気合が入るものです。

しかし無理して育毛を続けてしまうと、さらに悪化しまつ毛が抜けてしまうので注意が必要です。

育毛しているのに抜ける原因  

まつげ専用のスカルプでケアしているのに、長くなるどころか抜ける原因の一つにダイエットによる栄養不良が考えられます。栄養が足りないと髪質まで悪くなりツヤがなくなるだけでなく、毛のコシがなくなるという事があるのと同じようにまつ毛にも当てはまります。

しかしこれは内面的な原因。相当のダイエットをしない限りこのようなことは普通起こりません。となると…、考えられるのが化粧品のかぶれやまつ毛の育毛剤に反応しているかもしれません。 

合わない化粧品によるかぶれ?! 

合わない化粧品による赤みなどが出た後、まつ毛に育毛剤をつけても伸びるどころか抜けてしまう事があります。化粧品が悪い訳でも育毛剤が悪い訳でもなく、肌の調子が整わず反応してしまう事があります。

育毛剤場合何らかの薬品を突き止める事は難しいようです。化粧品が合わなかった症状は先ほどもふれた様に赤みが出るだけでなく、かゆみや湿疹が出る事もあります。

化粧品の何が合わなかったか…育毛剤に比べて原因の特定はしやすいかもしれません。原因になりやすいのがアルコール成分やパラベンなどの添加物。

普通反応を起こさないものが使用されていますが、体調によって反応が出てしまいまつ毛も抜ける事があります。この後取りあげるアレルギー性にも言える事ですが、反応を起こしたのはまつ毛の毛根の細胞なわけです。

そうなるとまつ毛を支えていた毛根がダメージを受けて…抜けてしまうのです。

アレルギー性湿疹?! 

自分が持っているアレルゲンによって目にかゆみが出たり、まぶたなど目の周りに湿疹を引き起こしたりすると、育毛していてもまつ毛は抜けてしまうケースが多いようです。

また、まつ毛が抜けるだけでなく、1本1本のまつ毛の太さが細くなることもあります。抜ける事もまつ毛が細くなることも女性にとってうれしくないことです。

春になると花粉シーズン到来なわけですが…、花粉症など何らかのアレルギーが出ている時は、目薬を使うものです。抗アレルギーの点眼薬は皮膚につくとかぶれなどの炎症をおこすこともあるため、必ずティッシュでふき取るようにしたいものです。

放置してしまい目の周りが炎症を起こすと、毛根から離れている場所であってもまつ毛に影響が出るものです。つまり抜ける確率が高いという事。

乾燥による湿疹?! 

乾燥も侮ってはいけません。肌が乾燥することは粘膜系統も乾燥の影響を受けるものです。乾燥は美容の最大の敵!特に乾燥しやすい目の周り…上まぶた。

上まぶたを少し上にあげてみると、まつ毛の毛根からまつ毛まで2ミリ弱程度あります。そのあたりは粘膜系統と同じように常にしっとりしているものです。

ですが、乾燥が進むと、乾きからかゆみが出てきます。これが危険なサイン。かゆみが出てくると目をこすってしまい、摩擦によって抜けたり切れたりしてしまうのです。

また、かゆみが刺激となり、湿疹が発症してしまう事もあります。そうなると、先ほどのように…細胞が炎症を起こし毛が生えにくくなってしまいます。

このような炎症が出ている時に育毛剤を使うと、さらに刺激を与える事となり抜けてしまうため注意が必要なのです。

炎症が少しでもあれば…育毛はお休みしましょう  

 
目の周りの何らかの炎症やかゆみが出ている場合は、育毛はお休みしましょう。それでもまつ毛が気になり何かケアしたいのであれば…炎症をまず抑えるようにしましょう。

そこで使えるアイテムが美容オイル。炎症を緩和し細胞の正常化を促します。ホホバオイルやローズヒップオイルが美容オイルがおすすめです。

ホホバオイルは殺菌効果があり、一番皮膚組織に一番近いため浸透しやすいのでアトピーさんのような方でも安心して使う事ができます。また皮膚の硬化を防ぐので治るスピードが気持ちほかのオイルよりも早く感じます。
ローズヒップオイルは抗炎症作用があるので目の周りの炎症を緩和する働きがあります。少し粘度の高いオイルなので、ホホバオイルやオリーブオイルなどで少し薄めて使うと扱いやすいでしょう。

まつ毛でインパクトが変わります。出来ればいつまでもキレイな長いまつげでいたいものですが、年を重ねると抜けたり切れたりしてしまうのが実情です。

ですから、まつ毛の育毛はとても大事なケアです!化粧かぶれという認識がないとさらに抜けてしまいます。ですから、かゆみや赤みに早目に気が付いて、育毛ケアをしていかなければなりません。

また…出産後や40代をこえるとまつげが細くなる方も多いですので、早めにまつげの育毛を心がけていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事