• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

短いまつ毛を効果的に伸ばす方法。長い自まつ毛で素顔に自信!

Date:2017.08.22

自分のまつ毛が短くて

  • ビューラーでもキレイなカールが出来ない
  • スッピンの時とメイクをしている時では目の印象が違いすぎてスッピンを見せられない

そんな不満を感じていませんか?

短いまつ毛が不満なら、まつ毛もしっかりケアしてキレイに伸ばしましょう!まつ毛が伸びると目の印象も大きく変わります。短いまつ毛コンプレックスを解消してナチュラルメイクが似合う女性を目指しませんか?

ここでは、まつ毛を効果的に伸ばす方法をご紹介します。

まつ毛も髪の毛同様加齢により衰えてしまうものです。生えてきてもハリがなくなってしまったり、十分に伸びる前に抜けてしまったりすることも多くなり、ビューラーを使ってもなかなか満足いくアイメイクができないということも多いでしょう。

30代に入りまつ毛の衰えを感じる、という人も是非参考にしてみて下さい。


まつ毛ケアは効果が出やすい!まつ毛の短い毛周期を活かそう。

まつ毛も髪の毛と同じように生え変わりのサイクルがあります。だた、髪の毛との違いはそのサイクル期間。

髪の毛の場合は2~6年と言われていますが、まつ毛の毛周期は短く個人差はありますが、30日~90日ほどです。

まつ毛の寿命は髪の毛に比べて短いため髪の毛のように伸び続けることはありません。伸びすぎて視界の妨げにあったり、眼球に傷をつけてしまったりすることのないよう短いサイクルで生え変わり、一定の長さを保っています。

このようにまつ毛は毛周期が短いため、ケアすればその分効果が得られやすい場所とも言えるでしょう。まつ毛ケアを怠らずに続ければ長いまつ毛も夢ではなりません!挑戦してみる価値が十分にありますよ。

内側からも外側からもプローチ!まつ毛を伸ばす方法。

まつ毛を効果的に伸ばすために必要なポイントは3つ。

  • まつ毛に栄養を与える
  • 血行を良くする(栄養が届きやすい状態にする)
  • まつ毛を傷めない

以上のことを具体的に実行していきましょう。

まつ毛にも栄養を!まつ毛を伸ばす栄養素や食べ物

まつ毛も、毎日の食事で摂取した栄養により作られます。まつ毛も体毛のうちの一種であるため、育毛によい食材を摂り入れることが効果的です。

タンパク質
まつ毛の主成分はタンパク質です。そのためタンパク質は健やかなまつ毛を保つためにも欠かせない栄養素と言えます。タンパク質は肉・魚・卵・乳製品などに多く含まれています。
ビオチン
皮膚に栄養を届けるためには血行不良の改善が必要となってきます。ビオチンは毛細血管の働きを促進し、血行不良の改善に効果的。血行不良が改善されれば皮膚に栄養も届きやすくなりまつ毛を伸ばす効果も期待できます。ビオチンは牛レバー・魚介類・大豆・ホウレンソウなどに多く含まれています。
ヨード
甲状腺の働きを活発にし、新陳代謝を促進に効果的。それが発毛効果にもつながります。是非良質なタンパク質と一緒に摂取するとさらに効果的。ヨードは海藻類に多く含まれています。
ポリアミン
まつ毛美容液の主成分とされているポリアミンは細胞の生まれ変わりをサポートしてくれる成分です。そのため美肌を保つためにも効果的。ポチアミンは大豆製品やきのこ類に多く含まれています。
ビタミンE
脱毛予防に効果的なビタミンEはナッツ類・アボカド・玄米・オリーブオイルなどに多く含まれています。

まぶたのマッサージで血行促進

マッサージを行うことで血行を改善し、まつ毛にも栄養が届きやすい条件をつくることができます。

▼マッサージのやり方

  1. 眉毛の下部分の骨にそって内側から外側に向かって優しく押していきます。
  2. 目の下の骨に沿って内側から外側に向かって優しく押していきます。
  3. 人差し指と中指を使い、こめかみ部分から鎖骨に向かって気持ち良いくらいの力加減で押していきます。

まぶたのマッサージで血行促進

目の周辺は皮膚が薄くデリケートな部分でもあるため皮膚に負担をかけない様、優しく行うようにしましょう。また、マッサージの前にホットタオルなどでまぶた部分を温めてから行うとさらに効果的ですよ。

栄養成分がタップリ!まつ毛美容液を使う

まつ毛ケアのための専用の美容液を使用しましょう。まつ毛に良いとされる栄養成分がタップリ含まれており、まつ毛を伸ばすためにも有効です。

まつ毛美容液には

  • チップタイプ
  • マスカラタイプ
  • 筆タイプ

以上の3つのタイプがあります。ケアは続けることで効果を発揮するものです。毎日きちんと使い続けるためにも自分が最も使いやすいものを選ぶようにしましょう。

また、美容液を塗るときは目元やまつ毛を清潔してから使用することが大切。メイクがキレイに落ちていなかったり、クレンジング剤が残ったままだったりの状態で使用するとせっかくの美容成分をきちんと活かせなくなってしまいます。

▼まつ毛美容液の効果についてはコチラも参考にしてください!

まつ毛美容液の効果の記事のトップ画像のキャプチャ

▼まつ毛美容液の使い方についてはコチラも参考にしてください!

まつ毛美容液の使い方の記事のトップ画像のキャプチャ

良質な睡眠を心掛ける

きちんとした睡眠をとることは美容だけでなく健康のためにも重要なことですよね。

特に22~2時の時間帯は成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯であるため、肌の再生と同様にまつ毛の成長も活性化しています。ですから、その時間帯に睡眠をとるとこはまつ毛を伸ばすことにも効果的なのです。

その時間に眠ることが難しいという場合は、毎日出来るだけ決まった時間に就寝し、起床するという習慣をつけるようにしましょう。

また、就寝前には

  • テレビやスマホ、パソコンなどから発せられるブルーライトを浴びない
  • 少しぬるめのお湯にゆっくり浸かってリラックス
  • ストレッチで筋肉をほぐす

などを行うことで質のよい睡眠をとることができますよ。

ニベアなどのクリームの効果は?使用にはリスクを伴う

ニベアクリーム・ワセリン・リップクリームなど、保湿効果の高いクリームを塗ることでまつ毛が伸びたという人も少なくありませんが、そのようなクリームは本当にまつ毛を伸ばすことに効果的なものなのでしょうか。

確かに保湿効果でまつ毛は傷みにくくなりますので伸びやすくなるでしょう。しかし、保湿効果であるならばまつ毛美容液も同じです。

本来まつ毛に使用する目的で作られていないクリームは不純物を含むものもあるため、をまつ毛に使用するのは危険を伴います。間違って目に入ってしまえば炎症を起こしかねません。

また、油分が多いためマツエクも取れやすくなってしまいます。

クリームは主に保湿効果です。保湿ならばまつ毛美容液でも十分にできます。そして、まつ毛美容液にはそういったクリームには含まれていないまつ毛によい成分もタップリと含まれています。

  • 目のトラブルを避ける
  • タップリの栄養成分で、よりまつ毛を伸ばす効果を高める

上記の理由からでもまつ毛ケアにはまつ毛専用の美容液を使用することが理想的ですね。

まつ毛に負担をかけないことと継続するケアが重要

まつ毛はとても繊細。そのため他の体毛に比べても何気ないことですぐに抜けてしまうことも多いですよね。そのため、まつ毛やまぶたに負担になるような以下の行為はできるだけ控えるようにしましょう。

  • 目元を擦る
  • アイメイクのクレンジングが不充分
  • ビューラーがボロボロの状態(ゴムを替えない)
  • 睡眠の質が悪い
  • 濃いアイメイク
  • まつ毛エクステ
そして、まつ毛を効果的に伸ばすもう1つのポイントはケアを怠らず継続していくことです。まつ毛の毛周期は1本1本違います。成長が止まってしまっているまつ毛もあればぐんぐんと伸びているまつ毛もあります。つまり、常に何本かのまつ毛が成長している状態にあるのです。そのことからも成長期にあるまつ毛にケアを行うことが大切になってきます。

まつ毛はケアの効果が発揮されやすい部分です。是非まつ毛ケアを継続してあなたの理想とするまつ毛を手に入れましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント