• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

目力のある女性になるために!自分のまつ毛を伸ばす3つのポイント

Date:2013.09.19

欧米人のようなぱっちりとした目に憧れている日本人女性は非常に多いです。その証拠として目を強調したメイクが流行しています。目元を強調するための化粧品といえば、マスカラやアイライナーが代表的です。それによりまつ毛を太く濃く見せることにより目元が華やかな印象に仕上がります。

最近はマスカラだけでは飽き足らず、つけまつ毛やエクステンションなどを利用してさらに濃さと長さを強調されている方もよく見かけます。

しかし悲しいのは、すっぴんになった時です。化粧した時の目元と素のまつ毛の状態ではかなり顔の印象が異なるという方も少なくはありません。可能であれば自分のまつ毛も長く濃い方がいいですよね。そこで自分のまつ毛を伸ばす方法について考えてみましょう。

まつ毛を引っ張りすぎないこと

まつ毛の化粧をするときにビューラーを使って、まつ毛のカールを付ける方も多いです。その時にビューラーでまつ毛をかなり強く抑えて、上向きに引っ張り上げてていませんか?髪の毛を強く引っ張って抜けてしまった経験があるかと思います。

まつ毛も同じで必要以上に力を入れてしまうと抜けやすくなってしまうのです。そうとは気づかないでビューラーを続けていると、自分のまつ毛の量が段々と減ってきてしまっているのです。

またまつ毛にも生え変わる時期というものがあります。その時に特に力を入れてビューラーを使ってしまうと、それこそ大量に抜けてしまう可能性もあります。ビューラーを使うときは引っ張りすぎないように注意するだけでも、抜け落ちる量を減らすことができます。

クレンジングの時も注意が必要です。ウォータープルーフタイプのマスカラは、メイク落としで落としてもなかなか取れません。そこでついついゴシゴシ強くまつ毛をこすったりしていませんか?

そうするとやはり摩擦でまつ毛が抜けてしまうのです。それなのでまつ毛専用のメイク落としを利用するなどして優しくメイク落としをすることを心がけましょう。

つけまつ毛、エクステンション等のやりすぎに注意

マスカラでは物足りずに、つけまつ毛やエクステンション、まつ毛パーマをして目力アップをしている方も多いです。それを使えば確かにまつ毛は強調されるのですが、まつ毛や瞼に大きな負担がかかっていることは事実です。

また肌が弱い方は、エクステンションやまつ毛パーマの施術により、まぶたなどにトラブルが起こる事例も多く報告されています。頻繁に使用される方は、専用のリムーバーを使ったりその後のアフターケアを重点的にするなどのケアをきっちりと行いましょう。

まつ毛美容液を使う

美容液によりまつ毛に栄養を届けましょう。まつ毛美容液の中には、毛自体を伸ばす、増やす効果があると言われている商品も多数出ています。きちんと汚れを落としたまつ毛に眠る前に塗ることでまつ毛の成長を促してくれるのです。

これらを実践すれば自分のまつ毛を濃く長くすることも可能かもしれません!

この記事をシェアする

関連記事