• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

太い眉毛なら落ちない?夕方まできれいな眉毛でいられる整え方

Date:2015.01.30

shutterstock_67959559_

朝メイクをして美しい眉を整えても、仕事を終えて鏡を見たら、眉尻はなくなりみっともない眉毛になっている、ということもありますよね。

アートメイクでもしない限り、メイクを施した眉毛はいつの間にか落ちてしまうもの。それが嫌だからといってペンシルで太くするのも不自然です。

そこで、夕方になっても朝のキレイな眉毛でいられるコツを紹介しましょう。何があっても落ちない、というわけにはいきませんが、普通に生活をしている分には、または軽い運動で汗をかいたくらいでは落ちない眉毛の描き方を紹介します。

描いた眉を落ちにくくするコツ

ファンデーションに注意

ペンシルやパウダーで描いた眉毛が落ちてしまうのは、皮脂や油のせい、ということがあります。特にリキッドファンデーションは油分が多いので、その上に眉を描くと落ちやすいのです。

リキッドファンデーションは眉の部分にはあまり塗らないことです。または、リキッドファンデーションの上からパウダーファンデーションを乗せて、油を抑えるようにしましょう。そうすることで、落ちにくくなります。

皮脂を取り除く

パウダーファンデーションを使っていても、時間が経つと皮脂が浮いてきて、描いた眉毛は落ちやすくなります。皮脂が浮かないようにスキンケアをしっかり行うことが大切です。

・化粧水で肌を引き締める
ファンデーションを塗る前には化粧水で肌をひきしめることも必要です。

・季節に合ったファンデーションを
オールシーズンタイプのファンデーションもありますが、冬用ファンデーションは油分が多いものがあります。季節に合ったファンデーションを使うようにしましょう。

・保湿ケアをしっかりする
皮脂が浮くのは、保湿が足りないことも考えられます。お風呂上りが化粧水をたっぷり含ませ、保湿美容液をしっかり塗りましょう。

落ちない眉の描き方のコツ

ペンシルとパウダーを重ねる

眉を描くときに何度も描く方が落ちにくいですよね。しかしペンシルで何度も描いていくと濃くなりすぎて不自然になってしまいます。

まずはパウダーで色を乗せ、その上からペンシルで描くと美しいラインも描くことができ、さらに濃くなりすぎずに色を重ねることができます。その結果、眉も落ちにくくなりますよ。

眉尻はリキッドライナーで

気になるのは眉尻が落ちてしまうこと、という人も多いでしょう。確かに眉尻はいくらペンシルでしっかり描いても落ちやすいものです。そこでおススメなのがリキッドライナーを使うこと。リキッドタイプのライナーはペンシルよりも落ちにくいです。

眉マスカラを使う

眉マスカラを使うと、眉毛をコーティングする効果があるので、落ちにくくなります。眉マスカラには、描いた眉を落ちにくくする効果のほかに、色に変化をもたせて立体感を出したり、眉毛を整える効果で美しく見せたりすることもできます。

・眉マスカラを使う際の注意
眉マスカラを使った後では、ペンシルなどで描き足すのは難しいので、最初にていねいに眉を描いておくことが大事です。

マスカラの液を一度につけると、バリバリになったりつけ過ぎになったりするので、容器でよくしごき、ティッシュオフをしてから使うようにしましょう。

液が地肌につくと、テカテカと光ったり、不自然に見えるので注意しながら使いましょう。

・眉マスカラの使い方
眉の流れとは逆にブラシを動かします。眉毛の1本1本に色をつけることで、持ちがよくなります。余分なマスカラの液は綿棒で取り除きます。

ウォータープルーフの眉インクを使う

汗にも強いウォータープルーフの眉インクがあります。眉毛の薄い人などにお勧め。眉毛の薄い部分の地肌に少しずつのせていきます。

眉のない部分とある部分の差を失くすことで、ナチュラルで美しい眉に仕上がりますよ。

眉インクだけでなく、ペンシルにもウォータープルーフがあるので、そちらを使うと皮脂や汗のせいで落ちるということを防ぐことができます。

眉毛が落ちてしまう原因は?

眉毛が落ちてしまうのは、何か原因があるのかもしれません。それを失くすことで、眉毛をキレイにキープすることができますね。

・顔を触るクセがある
仕事中やテレビなどに夢中になっている時に、自然に手が顔や髪、目や眉毛を触っているというクセがありませんか?

触ってしまうとメイクが落ちてしまいます。手には雑菌がついているもの。できるだけ顔を触らないようにしましょう。

・ハンカチでこすってしまう
汗をかいた時に、ハンカやタオルで汗をぬぐいますが、その際に顔をこすってしまうと眉も落ちてしまいます。

ハンカチやタオルの摩擦は肌にもよくありません。汗はハンカチやタオルで吸い取るように使いましょう。

せっかくキレイに仕上げても、落ちてしまっては悲しいものです。落ちないメイクとしてアートメイクもありますが、自分で描いて自然な眉を作るなら、下地や眉メイクアイテムを駆使して仕上げることが必要です。

眉マスカラや眉インクは使い慣れないと上手にできないこともありますが、何度も使っていくうちにコツがつかめて、上手に使えるようになりますよ。

眉を描くときはていねいに、しっかりと描くようにしましょう。そうすることで、落ちにくい眉になります。

この記事をシェアする

関連記事