• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

左右の眉を簡単にバランスよく描くコツとその書き方

Date:2013.04.10

人の顔は左右対称ではない場合がほとんどですね。半分から右と左では眉毛の位置や頬の高さ、口角の位置などが微妙に違っていると思います。横顔を鏡で見てみるとよく分かりますよね。

なのでメイクをする際には左右対称になるようにすることで、バランスのとれた顔になります。中でも左右のバランスの取り方が難しいのが眉ではないでしょうか?

眉の位置や角度、太さがけっこう違うという人も多いでしょう。これをバランスよく、キレイに、簡単に描くコツを紹介しましょう。

顔は正面を向く

眉を描くときに、顔を横にして描く人も多いと思いますが、顔は正面を向いて左右の眉のバランスを見ながら描いていきます。

顔を正面に向けて左右の眉の位置、太さ、眉山の位置や角度をチェックしましょう。鏡は大きめの物を使うと全体のバランスが分かりやすいですよ。

眉の左右の位置をそろえる

右の眉が上がっていて左の眉の位置が低い、という場合は位置が高い方の眉の上の部分の余分な毛を剃って、位置が低い方の眉の上の部分は不自然にならない程度に描き足します。

描きやすい方の眉から描く

眉を描くときは、左右どちらか描きやすい方の眉から描き始めます。描きやすい、上手に描ける方というのがありますよね。描きやすい方の眉を先に描いて、その眉を同じようにもう一方の眉を描きます。

もう一つの方法としては、6割程度片方の眉毛を描いたら、もう片方の眉毛を描き、交互に描く、という方法もあります。自分の描きやすい方法で描いていきましょう。

眉山の位置をそろえる

眉の左右のバランスを取るには、眉山の位置がそろっていることが大切。左右の眉山の位置をペンシルでしるしをつけ、左右の位置、高さがそろっているかどうかを確認します。

眉頭をそろえる

眉頭の位置がそろっていることで、左右対称に見えやすくなります。眉頭は顔の中心ですから、この部分がまっすぐ中央にあることで、左右対称に見えるのです。

眉頭の濃さや太さをそろうように注意しましょう。ただし、眉頭から描き始めると濃い、太い眉毛になりがちです。最初は眉山、次に眉尻、最後に眉頭を描くようにしましょう。

左右の眉の長さもそろえる

眉山からの長さがも左右同じ長さになるように注意しましょう。眉尻の太さがそろわない場合は、綿棒を使うとキレイに仕上がりますよ。

眉毛は動かさない

眉を描く時に、眉毛を高く上げたり、力を入れて描かないようにしましょう。顔や眉毛に力を入れず、自然の眉毛の状態をキープしながら描いていきます。

眉の美容室を利用する

眉の美容室があります。自分ではなかなか理想の眉毛が描けない、という人は利用してみるといいですよ。

眉の美容室では、自分の理想の眉毛にデザインしてくれます。ムダ毛も処理してくれて、美しい眉毛を作ってくれますよ。自分でも眉をスタイリングしやすくなり、眉周りのトリートメント効果で左右のバランスも整ってくるそうです。

眉毛の描き方などもアドバイスしてくれるので、自分でもキレイに、眉を描くことができるようになりますよ。

自然な眉の描き方のコツ

ペンシルだけで描いていると濃すぎたり、不自然なラインになることも。アイシャドウなどを使うと自然な色に仕上がりますよ。色は黒だけではなく、ブラウンや濃いめの紫なども使ってみましょう。

毛がある部分はパウダーなどでラインを出さずに、毛のない部分はペンシルで描きましょう。あまり剃りすぎたり、抜きすぎると眉毛がなくなってしまい、メイクを落としたときに怖い顔になってしまいます。特に抜きすぎには注意を。

細すぎる眉毛は老けて見えるので、元の眉毛をあまり細くしない方が描きやすいですよ。

眉をキレイに保つには

眉毛は意外と早く伸びてしまうもの。常にキレイな眉毛でいるためには、ケアが必要です。
眉の下に伸びている毛はカットします。眉の上や下に生えている毛はカミソリで剃るなどして、キレイにしておきましょう。眉間のムダ毛もキレイに処理するのを忘れずに。

また、眉のクレンジングもきちんと行いましょう。毛穴を清潔に保つことは大事ですよ。
時には眉のマッサージをして血行をよくしましょう。眉の上下にはツボがあるので、そこをマッサージすると目の疲れにも効果的です。

この記事をシェアする

関連記事