• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メガネ外すと残念?色素沈着を起こしかねない鼻のメガネ跡の対策

Date:2014.06.10

メガネを外した後に鼻の脇にできるメガネ跡が気になったことありませんか?いや気になるどころか、メガネ跡部分から色素沈着を起こし困っているという女性が続出中です。

そうならない方法はないのか?メガネの跡がつかなくする方法などを考えてみましょう。

最近メガネを必要としだした人の悩み

視力のよい友人たちが集まっていると思っていたのに、なにやら次のような会話が最近多くなってきているなあ~と感じるこのごろです。

「今まで裸眼で平気だったのにリーディンググラスが必要になってきたのよね。」

「やっぱり目を守るのにはサングラスは必須よ!」

「メガネ女子になるためにかわいい伊達メガネを見つけたわよ!」

などなど。そしてメガネやサングラスをかけはじめだした友人たち―。でもそんな友人たちが最近、メガネに関する悩みを打ち明けてきたのです。

中でもファッショナブルなリーディンググラスが結構あるので、お洒落なメガネを購入することができ満足と言っていた友人が、

「メガネをかけた後にのこるメガネの鼻パッドの跡、何とかしてほしい!」

と困り顔で言ってきました。このメガネ跡は(メガネをしていない時)非常に目立ち、恥ずかしいといいます。どうしたらメガネ跡はできなくなるのでしょうか?対策方法がないか調べてみることにしました。

メガネ跡は予防することができる?

まず対策法のひとつとして、メガネ屋さんに手持ちのメガネを持って行き、メガネパッドの調整をしてもらう等が挙げられます。他にもいろいろありそうなので下記に箇条書きしてみました。

★メガネ店などで調整してもらう。
跡が付くのは、メガネを固定するために鼻の脇にくる鼻パッドの位置などが問題なのだそうです。

あなたの鼻にフィットしておらず、パッドの圧力が強くかかってしまっているのが原因なのでそれを調整しなおしてもらうと解決できるそうです。

★鼻パッドを変えるか鼻あてパッドシートを購入して装着する
跡がつく原因はもうひとつあります。メガネの鼻パッドの素材が固い素材のものだと跡がつきやすくなります。パッド自体を交換、もしくはパッドシートがシール状で売られているので購入してやわらかい素材のものにしてみましょう。

写真は鼻パッドシートのシール状になったもの。こちらの商品はなんとアメリカ商品。アメリカでもこのような商品が売られているということは気にしている人がいるのかも…と考えてしまいます!

こちらはメガネに付けたところ。日本でもこのようなシートが発売されています。

★メガネ自体を買い替える
またパッドを調整してもらえない、もしくは調整しても同じなど、なにをしても駄目な場合は思い切ってメガネを変えてみましょう。

最近、鼻に跡が残るのを気にする人が多いせいか、鼻パッドがついていない画期的なメガネが登場しています。

NEOJIN(ネオジン)という名の純国産のメガネです。鼻パッドがなければどうやってメガネを顔に固定するの?とみなさん不思議に思うでしょうが、革新的な方法で固定しています。

なんと顔のサイドにくるツルの部分(メガネを耳にかける箇所の前のほう)に固定するパッドがついているのです。この商品は福井県にある会社、有限会社ブリッヂコーポレーションが開発、国際特許を取った商品です。

詳しく知りたい方はHPをご覧ください。 
NEOJIN(ネオジン)HP→ http://neojin.jp/

メガネの跡が消えないのは色素沈着?この対策は?

もともと視力が悪くずっとメガネをかけている女性はほとんど外出先ではメガネを外さないと思うのですが、そのためか鼻の脇にメガネパッドの跡が取れずあきらめているということを聞いたことがあります。

できてしまったメガネ跡は本当に取れないのでしょうか?それは色素沈着していると、なおさらなのだそうです。

この場合、ハイドロキノンクリームなどでケアーをするか、それでもなかなか治らない場合は皮膚科の先生に相談することをおすすめします。

この記事をシェアする

関連記事