• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

つらい…あごの痛いニキビ、しこり メイク方法とホルモンの整え方

Date:2014.08.08

ニキビはアクネ菌によるものであることをご存知な方も多いのではないでしょうか?しかしあごにできるニキビはアクネ菌だけが原因ではありません。

あごにできるニキビは男性と女性ではできる理由が違いますが、ホルモンのバランスからできるという同じ共通点を持っています。女性の場合は生理前にあごにできる場合が多く、ホルモンの崩れからニキビができます。

このあごのニキビはクリームを塗るだけでは治らない場合が多く、放っておいてひどくなるとしこりができる粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれる皮膚炎になってしまいます。また跡がつきやすいという特徴を持っていますので、改善もしくは予防が必須です。

あごニキビの改善と予防のためのホルモンの整え方とは?また、あごニキビがある時に、どのようなアイテムを使ってメイクすれば負担がなくカバーできるか?を知って症状を緩和させキレイを取り戻しましょう。

バランスを崩すってどういう事?

そもそもあごにできるニキビはどうして大きくなり化膿しやすいのでしょう?

あごの部分は他の顔の部分よりも汗がかきにくくなっており、皮脂が詰まりやすいためほかの部分よりもニキビの症状が悪化しやすいのが理由の一つのようです。ですから洗顔時には余分な皮脂をきれいに洗い流しているかどうかも予防の1つとなります。

とはいえ、あごニキビは内側から…皮膚の内側から芯のようなものを感じる場合があるように、体調またはホルモンのバランスが深くかかわっています。ホルモンのバランスを整える事でニキビの改善と予防ができる訳ですが、ホルモンバランスが崩れるというのはどのような場合なのでしょう?

治らないとあきらめないで!正しい洗顔とホルモンのバランス次第!

「ホルモンのバランスが崩れる」というのは女性ホルモンが少なくなってしまう状態におきること。女性ホルモンが少なくなるのはいつなのか?それが生理前なのです。

生理の前に女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで皮脂の分泌量が多くなりやすくなります。そして先ほどふれたように、あごなど汗をかかない部分はさらに脂っぽくなり毛穴が詰まった状態になるためニキビが非常にできやすくなるのです。

できやすいところへもってきて、さらにあご部分が皮脂詰まりをおこせば…大きく成長しやすいニキビができてしまうのです。ですからホルモンのバランスを良い状態にして皮脂の分泌量をコントロールすれば、あごニキビだけでなくニキビ自体を予防できるという訳です!

ですから治らないとあきらめる事はないのです!正しい洗顔とホルモンのバランスを崩さないように心がけるだけでニキビを改善できるのです。

ではホルモンの整え方とは?どのような方法があるのでしょうか?

まずは良い時期にイソフラボンを摂取する事から!

女性ホルモンの整え方には生活的習慣が大きく関係しています。

例えば…食事や睡眠。女性ホルモンを増やす栄養素としてイソフラボンがあげられます。イソフラボン含量食材で有名なのが大豆製品や発酵食品。大豆製品以外ではリンゴやバナナ、ナッツ類が適していると言われています。

手軽にイソフラボン類をとれるのが豆乳。ダイエット好きな女子なら良く知っておられるかもしれませんが、最近の豆乳は色々なフレーバーがあります。

中でも注目しているのが、アーモンドフレーバ―。香りがするだけではなくアーモンドも入っているので女性ホルモンを増やしたい方にはお勧めです。独特の豆乳のくさみもほとんどなくとても飲みやすくなっています。

こうした大豆製品等を少量で良いので続けることが大切です。生理後に飲むのではなく排卵期が終わった時期から意識的に続けることがカギです。

人によるかもしれませんが、試したところイソフラボンをとりはじめる時期として一番効果的だったのが排卵期後からの摂取! これまで全く意識された事のない方は是非この時期にしっかりイソフラボンをとって女性ホルモンを高めてみてください。

ニキビ肌にはBBクリーム!

あごニキビができた状態で悩みとなるのがメイク…。ニキビに触れると痛みがありカバーの限界を考えるとメイクが嫌と感じる方も少なくないでしょう。では、どのようなアイテムを使ってメイクすれば負担がなくカバーできるか?気になるところです。

おすすめのアイテムはBBクリーム!BBクリームなら何でもよい訳でなく、日焼け止め効果が強いものはあまり伸びが良くなくカバー力が高くないので、日焼け止めのPHがなるべく低いものを選びましょう。

カバー力と共にBBクリームは外傷部分を保護する目的で開発されたものですから、刺激が少なくニキビ肌に向いているのです。自分の肌の色に合うBBクリームをコスメコーナーで試してから購入しましょう。

この記事をシェアする

関連記事