• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パフ、チップはキレイ?いつものメイクのりが変わる洗浄習慣!

Date:2014.03.29

メイク品にはこだわっていますか?お化粧直しされている時に出てくるファンデーションケースを見ると、シャネルやディオールなどなど、良いブランドを皆さん使用しているんだなーと感心する事があります。

やはりメイク品は美しくいるために使用するので自分の中でのより良いメイク品を探し求められますよね。しかし、その仕上がり、効果は十分に発揮されていますでしょうか?実はその商品の価値に大きく影響しているのが付属のパフやチップ。

特にファンデーションは顕著で良いものを使っていても、化粧直ししているパフは揚げすぎたコロッケみたいになっている女性をたくさん見かけます。本来ほとんどのファンデーションパフは肌色であるはず。

面倒だからと毎日使い続ける方は多いと思いますが、色が変わってしまったパフにはたくさんの雑菌がついています。

以前化粧品の研究をしている方から言われたのですが、パフを一週間洗わないとトイレの便器よりも雑菌が多く繁殖していると言われ衝撃を受けたことがあります。

確かにパフには化粧品の成分とお肌の皮脂や汗、汚れがつくわけですので、それを毎日蓄積していくことになります。一日経ったメイクは不衛生で肌に悪いから皆落とすのに、パフについたものは毎日どころかかなり放置してしまう、そんな悪循環していませんか?

では、おススメ洗浄頻度はどのくらいなのでしょう?

最低パフ全面の色が変わった時です。

10記事目1

理想は毎日、もしくは両面使った2日に一回というところですが、パフ全体を使ったら洗いましょう。色がついたところは肌に確実に触れたところ、化粧品の有効成分と肌の汚れ・皮脂とが混ざってそれを餌に菌が繁殖し始めていると考えると使う気になれませんよね。

おすすめ洗浄方法は?

パフ専用の洗浄液をおすすめします。皮脂も混ざっていてなかなか落ちにくいので、台所用洗剤などを使っている方をよく見かけますが、台所用洗剤でお顔を洗わないように、お顔に使うパフを洗浄力の強すぎる洗剤で洗うのはやはりおすすめできません。

しっかり洗っても残ってしまう可能性も大きく、お肌に対する負担が心配です。また、泡がパフからいつまでも取れなかったり、こする頻度が増えるのでパフが早く消耗する原因にもなります。

パフ洗浄液はそんなに高いものではありません。実際私が使っているものも300円程度です。値段内容量は色々ですが、洗剤とパフの買い替えを思ったらあまり違いはないのではないでしょうか。パフ専用の洗浄液を使うとこのようなメリットがあります。

  • 驚くくらい汚れ浮きが早い
  • すすぎが簡単(あまり泡が立ちません)
  • 時間がかからない(私の場合15秒くらいでキレイになっています)
  • 手荒れしにくい
  • パフのもちが良い(こするのも少ないため)
  • 新品同様キレイになる
  • 肌に対する負担も心配が少ない etc.

次のファンデーションを買うまでパフを買い替えた事があまりありません。専用洗浄液を持っている方はまだ少ないようですが、かなりおすすめです。

洗浄をまめにするメリットは?

ニキビや吹き出物を作りにくい肌になります。やはりこれらの原因は不衛生であることと菌の増殖なので、自らそのような肌を作らないようにしましょう。洗うのも簡単。

使ったパフを上からさらに重ねて使うと、皮脂などによりファンデーションが固まり、また奥に入り込んでいくのでいざ洗う時もなかなか落ちなくなります。

一番のメリットは、化粧のりの違いです。洗わずに使い続けると表面がゲル化してそれが塊になり、ファンデーションがパフに均一につかなくなります。

ファンデーションの粒子はとても小さく繊細につくられているため、パフのキレイな凸凹がないとフィットせず、お顔にのせるときもファンデーションのつきは悪くなります。

毛穴を隠すのが特徴なファンデーションも、キレイなパフでなければ上滑りして隠れなかったり、フィットしないので化粧落ちも早くなったりします。

また、ファンデーション自体の変色、変形を防ぐ事もできます。ケーキングと言って、パフを通じて皮脂などがファンデーション本体に付着し茶色く固まる現象ですが、パフを清潔にしていないとよくある事です。

パフをさらさらの状態にしておけばほぼ起こる事はありませんのでやはりパフの洗浄は大事ですね。

お肌の為にも、お気に入りのファンデーションの為にも、経済的にも、メイクの仕上がり的にもたったこれだけで変われるのであれば試す価値ありです。早速お手元のファンデーションパフをチェックしてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事