• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

紫外線から目を守れ!美白の味方「メラニンサングラス」って何?

Date:2013.09.11

皆さん、シミって肌が紫外線を浴びることでできると思っていませんか?それはもちろんそうなんですけど、だからこそ毎日一生懸命日焼け止めを塗っているわけなんですけど…実はそれだけじゃないんです!

なんと「目」が紫外線を浴びることでもシミってできてしまうんだそう。最近は通販雑誌をはじめ、あらゆるところで「メラニンサングラス」なるものを目にするようになりました。100円ショップでも見かけたくらいです。

そこで今回は紫外線ガンガンの夏にしっかり「目」を保護して、シミを作らないための「メラニンサングラス」についてまとめてみました。

目とシミの関係

では早速、目が紫外線を浴びると、シミができてしまう仕組みについて説明しますね。まず紫外線が目に当たると目はダメージを受けます。そのダメージに脳が反応して「メラニンを作れ」という指令を出します。

そして脳から指令を受けた肌はどんどんメラニンを生成し、結果としてシミやソバカスが増えてしまうというわけです。メラニンは皮膚の細胞を守るという大切な役割を果たしているわけですが、過剰に生成されると、シミの原因になってしまいます。

マウスを使った紫外線照射実験でも、目とメラニン増加の関係が明らかになっています。マウスの耳だけに紫外線を当てた場合、耳のメラニンだけが増加したのに対して、マウスの目だけに紫外線を当てた場合、全身のメラニンが増加するという結果になったそうです。

つまり、目が紫外線に対してむき出しの状態だと、いくらお肌のUVケアがバッチリでも十分とは言えないわけです。

メラニンサングラスとは

普通のサングラスとどう違うのかというと、メラニンサングラスにはあらかじめレンズに紫外線防御因子でもある「メラニン」が練りこまれています。

ですのでメラニンサングラスをかけることによって、紫外線が目の奥に入り込むことを防ぎ、肌のメラニン生成も抑制することができるのです。

大阪私立大学医学部で、裸眼とメラニンサングラス使用時の紫外線照射によるメラニン増加量を比較する実験が行われました。その結果、メラニンサングラスを使用した方が裸眼と比べて72%メラニンの生成をカットできることが分かったそうです。

使用してみた感想

子どもの送り迎えや趣味の畑仕事で紫外線にさらされることの多い筆者。年々増え続ける「目の下のシミ」に悩んでいました。そこで日焼け止めなどの通常のUVケアに加えて、外出時はできるだけメラニンサングラスをかけるようにしてみました。

すると、紫外線が強くなると言われている5月頃から使用していますが、特にシミがひどくなったという感じはなく、メラニンサングラスの効果が出ているのかなぁという感じです。

車に乗るときにサングラスを愛用する女性も多いと思いますが、是非、車から降りた後もメラニンサングラスで紫外線から目を守りましょう。

PCやスマホのブルーライトから目を守るタイプも

メラニンサングラスの中でも商品によっては、PCやスマホのブルーライトをカットできるという一石二鳥の優れモノもありました。仕事柄PCを使うことの多い私も使っていますが、未使用時よりも目の疲れ方が断然違います。

うっすら色が付いている程度ですので、オフィスで使っても違和感がないと思います。形もいろいろあり、値段も特別高いわけではないので、自分にあった形のものを見つけてみてくださいね。

意外と知らなかった目とシミの関係。あなたもこの夏のUVケアに「メラニンサングラス」をプラスしてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事