• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男性がもらって嬉しいバレンタインのメッセージカードの書き方

Date:2017.02.01

誰かにプレゼントを贈る時に、メッセージカードを書いた経験はありませんか。

親しい人なら悩まずにすぐ書くことはできるでしょうが、好きな人に書く場合は頭を悩ませることでしょう。

渾身のメッセージを書いても好きな人からの反応は無い、なんてことにならないために好きな人が喜ぶカードを書きましょう。

今回は、男性がもらって嬉しいバレンタインのメッセージカードについてご紹介しますので、バレンタインアイテムと一緒に是非渡してみてはいかがでしょうか。


喜ばれるのはチョコだけじゃない!バレンタインカードをつける意味

バレンタインと言えば、女性が男性へチョコレートを贈るということが日本では一般的ですが、海外ではバレンタイン事情が少し違います。

男性が女性へ花束やカードを贈って気持ちを伝えるのです。

国によってはお互いにプレゼントを贈り合うこともあるようですが、なぜ日本では女性が男性へチョコレートを贈る習慣ができたのでしょうか。理由は、様々なお菓子メーカーのバレンタイン企画を仕掛けたからです。

始まりは、大手お菓子メーカーのモロゾフの創業者でした。

伊勢丹本店でバレンタインにセールを行い、その後メリーチョコレートでも同じような企画が行われました。

日本ではすぐに取り入れられず、ハート型チョコレートで愛を伝えようという企画や好きな人にチョコレートを贈ろうという企画が毎年行われました。

お菓子メーカーによるバレンタイン商戦は続き、1970年頃からチョコレートを贈るという風習が定着し、好きな男性だけではなく友達や同僚などへ贈ることに繋がりました。

カード無しよりカード有りのほうが想いは伝わる!

バレンタインには、女性が男性へチョコレートを贈るということが日本で一般化すると、バレンタインカードの需要も一気に高まりました。

商品のみ渡されるよりもメッセージカード付きのほうが、愛が伝わりやすく男性も嬉しいようです。

特に最近は、インターネットが主流なので手書きのメッセージをもらう機会は減少傾向に有ります。

手書きには温もりがありますので、愛情表現の一つとして使わない手はないでしょう。

では早速、本命チョコと一緒に渡すと効果的なメッセージカードについてご紹介しましょう。

まずは内容を考えよう!男性が喜ぶ言葉や伝えるべきことを厳選!

SNSやメールでの交流が増えているので、手書きの習慣はあまりないという方が増えているようです。

ぶっつけ本番で書くと失敗する可能性も有りますので、まずはメッセージカードに書く内容について考えてみましょう。

考えるべきポイントは以下です。

  • 男性が喜ぶ言葉を考える
  • 伝えるべき言葉を考える

手紙ではなく、メッセージカードなのでわかりやすく、そして簡潔に書く必要があります。具体的にどんな言葉を書けば良いかについてご紹介します。

想いが伝わる言葉を考える

バレンタインカードは気持ちを伝えるアイテムですから、日頃恥ずかしくて言えない想いをこの機会に伝えましょう。

好きな人へ贈る言葉ですから、特別感が出るようにしましょう。そして、冗談として受け取られかねないように、愛の言葉をしっかり明記しましょう。

真剣に受け止めてもらえる言葉と言えば、以下の2個ではないでしょうか。

  • 好き
  • 愛している

「冗談だろう」、「俺のことほんとに好きなのか?」などと間違われることはない言葉ですから、想いがはっきり伝わるはずです。

ですが、この一言だけでは素っ気ないので具体的にどこが好きか、どうしたいのかなども書きましょう。

気持ちを明確にする

好きや愛しているだけでももちろん気持ちは伝わりますが、それだけではなく具体的な気持ちも明確に伝えることがお勧めです。

気持ちを伝えるためには、好きや愛しているという部分を掘り下げると良いでしょう。想いと一緒に伝えるべき内容を2個ご紹介しましょう。

  • 「優しい」、「尊敬している」などその男性を好きな部分を書く
  • 「一緒にいたい」、「付き合いたい」など具体的な願望を書く

なぜ好きなのか、なぜ愛しているのか、だからどうしたいと思っているのかを書くことで、想いがより伝わりやすくなるでしょう。

好きという想いを伝えるだけではなく、好きになったことで得られたこともあるでしょうから、感謝の気持ちも伝えましょう。

感謝の気持ちを言葉にする

好きな男性へ、「好き」や「愛している」など、自分がどれだけ思っているかという気持ちを沢山伝えたいと思うのは当然です。

しかし、想いばかり並べると長くて重たいメッセージカードになりかねません。

好きな男性に感謝の気持ちを書くこともお勧めします。

出逢えたからこそ見えた世界や感じることができた気持ちを伝える際の言葉の例としては、以下の2個をお勧めします。

  • 「ありがとうございます」
  • 「感謝しています」

文章の締めとしては、未来のことを書くと良いでしょう。具体的な内容は次の項目でご紹介します。

明るい未来を描ける言葉を選ぶ

手紙ではなくカードであっても文章の締めの部分は必要です。最後の部分は、明るい未来を描けるような言葉を考えましょう。

言葉の例としては以下の2個です。

  • 「いつまでも一緒に笑い合える関係でいたい」
  • 「10年後も一緒にいたい」

上記のように、二人にとって明るい未来が想像できるような言葉を選びましょう。

浮かばない時は英語を使う

メッセージカードにお勧めの言葉について考えましたが、日本語で伝えることが恥ずかしいと思われる方もいるかもしれませんね。

そんな女性には、番外編として英語もお勧めです。

全文英語では和訳するまで時間がかかるでしょうし、英語が苦手な男性は読むことも諦めてしまうかもしれませんので、簡単な英語にすることがポイントです。

わかりやすく簡単な英語としてお勧めの言葉をご紹介しましょう。

  • 「I love you.」訳:あなたを愛しています
  • 「I want to be with.」訳:一緒にいたい
  • 「I treasure you.」訳:あなたは私の宝物です

多少難しい英語でも短文であればインターネットで調べやすいですから、とにかくわかりやすい英語にしましょう。

上記のようにメッセージカードへ書きたい言葉を選んだら、次は文章を繋げてみましょう。

言葉を選んだら早速文章にしよう!心をつかむメッセージを作成!

メッセージカードに使いたい言葉を選んだら、まずは文章にしましょう。男性が喜ぶような文章にするため、必ず下書きをしてみましょう。

ここでは、心をつかむお勧めのメッセージについて例文を交えてご紹介しましょう。

付き合いが浅い彼氏が喜ぶメッセージカードの内容

付き合いが浅い時期は、何をするのも新鮮でしょうからバレンタインも大いに楽しむことができるでしょう。

付き合ったばかりで愛の言葉も沢山囁き合っているかもしれませんが、バレンタインカードにはさらに想いを込めてみましょう。

付き合いが浅い彼氏への例文
○○君へ
大好きな○○君と付き合えて私はとっても幸せ者です。
いつも面白い話で笑わせてくれてありがとうございます。
毎週デートしているけど、まだまだ行ったことがない場所が沢山あるから、いろんな場所へ一緒に行きたいと思っています。
これからもよろしくね。
○○より

付き合いが浅いということで、普段は敬語を使わないでしょうから、メッセージカードであえて敬語を使うことによって真面目な気持ちということが伝わるでしょう。

もちろん敬語を使わなくても気持ちは伝わりますが、敬語にすることで男性を立てているような印象を与えることもできます。

付き合いが浅いのでまだわからない部分もあるでしょうが、「美味しい料理を作ってくれる」、「色んなことを教えてくれる」など付き合っている時にあり難いなと思うことを書いても良いでしょう。

また、あまり遠い未来について書くとこの時期は重く受け取られることもあります。

「○年後も一緒にいてください」や「ずっとずっと永遠に一緒にいられますように」などは書かないほうが良いでしょう。

特に、相手の男性が年下で自分が年上の場合は、結婚を迫っていると捉えてしまう可能性もあるので、紛らわしい表現は避けましょう。

付き合いが長い彼氏が喜ぶメッセージカードの内容

付き合いが長くなると、愛の言葉や感謝の気持ちを伝える機会が減るものではないでしょうか。

「気持ちはわかっているだろう」、「改めて伝えるということが恥ずかしい」などという気持ちから、バレンタインチョコは渡すけれどメッセージはつけないという方もいるかもしれませんね。

しかし、長く付き合っているからこそ言いたいことや言えることもあります

長く付き合っている彼氏が喜ぶメッセージの例文は以下です。

付き合いが長い彼氏への例文
○○へ
普段は言わないけれど、私は○○のことを愛しているよ。
疲れていてもデートしてくれて、悩みがある時は解決策を考えてくれて、具合が悪い時は看病してくれたね。ありがとう。
5年後、10年後もずっとずっと一緒にいようね。
○○より

付き合いが長い間柄で敬語を使ったメッセージにすると業務連絡のようになってしまうので、普段の言葉で気軽にメッセージを書くことがポイントです。

長いからこそ気づけた彼氏の一面を書いて、普段から彼氏のことをしっかり見ていると伝えましょう。

感謝の気持ちを伝えた後は、将来につながるような一文を添えましょう。付き合いが長い場合は、結婚を考えているとにおわせることができるでしょう。

普段から気持ちを伝えない場合は、これまでの年月で感じてきた想いや結婚や同棲、旅行などこれからしたいという願望などを書けば、内に秘めていた気持ちを知った彼氏が喜ぶことは間違いないでしょう。

また、逆に結婚はまだ考えていないという場合は、「これからも色んな思い出を作ろうね」と軽い感じで書くと良いでしょう。

片想いの男性が喜ぶメッセージカードの内容

片想いの男性へのメッセージは、書きたいことがあってもなかなかまとまらず悩んでしまうのではないでしょうか。

先程ご紹介したポイントに従ってわかりやすく、ポジティブな内容を書くと良いでしょう。

片想いの男性への例文
○○さんへ
私はあなたのことが好きです。
今日は世界中が愛に包まれる日なので気持ちを伝えることにしました。
かっこいいし、優しいし、面白くて、私にとっては王子様みたいな存在でとても感謝しています。
良かったら付き合ってください。
○○より

片想いの男性にチョコレートを渡す場合は、メッセージカードが告白そのものになるでしょう。

口頭では言わずにカードに気持ちを書く場合は、もらった男性が一人でこのメッセージを読むことになります。

「これどういう意味?」と戸惑われることが無いように、補足や説明がなくてもわかるような内容にしましょう。

「好きかもしれない」、「好きです。なんちゃって」など、告白かどうかわからないようなメッセージにしてしまうと返事がもらえない恐れもあります。

冗談は書かず、誰が読んでも告白とわかる内容にしましょう。

また、告白はメッセージカードではなく直接好きな男性へ言いたいという方もいるでしょう。

そんな時には、メッセージカードは告白の返事がYESでもNOでも差し支えない内容にすると良いでしょう。

差し支えない内容で男性が喜ぶメッセージの例文は以下です。

カードで告白しない場合の例文
○○さんへ
I love you!  & Happy Valentine’s Day.
あなたの幸せをいつも想っています。
○○より

英語を入れることでおしゃれな感じになりますし、最後の一文に関しても告白の返事がYESでもNOでもどちらにも対応するでしょう。

メッセージカードの例文についてご紹介しましたが、バレンタインカード選びも大切です。男性が喜ぶバレンタインカードとは一体どんなカードでしょうか。

男性に好まれるメッセージカードを選ぼう!お勧めデザインはコレ!

バレンタインのメッセージカードは、文章を引き立てるためには欠かせないので、男性が喜びそうな柄や色合いを選ぶ必要があります。

ここでは、男性が好むお勧めのバレンタインのメッセージカードの選び方について詳しくご紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ピンクや赤の色使いのカード

バレンタインと言えば、愛の告白をする日ですからピンクや赤など派手な色合いが良いでしょう。

特に、赤は情熱の色であり、興奮やエネルギーを与える色なので好きな人の心を刺激する効果が期待できます。

自分をアピールする時にもお勧めの色です。

また、男性は赤やピンクを身につける機会が少ないので、普段は目にすることがない色で新鮮さを感じることもできるでしょう。

女性からプレゼントされたカードという印象も強く残るでしょうから、上記のような女性らしい色がメッセージカードにはお勧めです。

好きな色のカード

付き合いが長い彼氏の場合は、彼氏が好きな色のカードを選ぶと喜ばれるでしょう。

イベントとは関係ないブルーやゴールド、黒などでも彼氏の好きな色なら「俺のことをよくわかっている」と思われ、二人の仲がより深まるかもしれません。

ハート型のカード

バレンタインと言えば、ハートを連想しませんか。

ハートは心を表現する際にも使われますので、ハート型のチョコやカードに自分の気持ちを重ねて贈ることで愛情や女性らしさを伝えることができるでしょう。

ハート型のカードであれば、バレンタインというイベントらしさも出ます。

文章を書くことがやっぱり苦手という方でも、わかりやすいハート効果で男性から喜ばれるのではないでしょうか。

動物のカード

猫や犬、鳥など動物を飼っている男性や動物好きの男性には、動物のカードもお勧めです。

写真やイラストなど動物が描かれていることで、好きな色と同様に「自分のことをわかってくれている」と思ってもらえるでしょう。

どこにもないオリジナルデザインのカード

バレンタインの時期になると既成のメッセージカードも様々販売されますが、どこにもない自分で作るオリジナルデザインのカードもお勧めです。

特に女性からもらい慣れているような男性は、既製品よりも手作りの品を喜ぶ傾向に有ります

最近ではインターネットで検索すると、メッセージカードを手作りする方法や手順が簡単に入手できますので調べてみると良いでしょう。

バレンタインを成功させたいなら念入りに!陥りやすいミス5選!

バレンタインのメッセージカードを準備するとすぐに書きたくなるかもしれませんが、書く前に陥りやすいミスを確認しておきましょう。

陥りやすいミスは以下の5個です。

名前にまつわるミス

手紙を書き慣れていないと自分の名前を書き忘れることがあります。

特に、手紙やはがきなどを書く習慣が無くなりつつ今日では、年賀状だけは作っていても住所や名前が印刷していることが多いので、名前を書く習慣がないからです。

自分の名前を忘れてしまうと、沢山のチョコをもらう男性の場合は誰からもらった物かわからなくなるという事態になりかねません。

また、相手の名前を間違えるというミスもあります。

普段から彼氏の名前を書く機会は少ないでしょうから、いざ書いた時に漢字が間違っていたなんてこともあります。

自分の名前も彼氏の名前も書くことはもちろんですが、漢字を間違えないように気を付けましょう。

マイナスメッセージになるというミス

メッセージを書く前に下書きして自分で読み直すということをしないと、ダラダラとまとまりのない内容になる恐れがあります。

お酒を飲みながら、寂し気な恋愛ソングを聴きながらなど、気持ちのままに書くとマイナスの印象を与えることにもなりかねません。

特に、夜書いた文章と昼書いた文章では、内容が別人のように変化することがあります。

夜は感情が入り込みやすいのでせっかくのメッセージカードが暗い内容になる恐れがあります。

喜ばれるメッセージになるように、必ず昼に書くか、夜に書いたのであれば昼に読み直すようにしましょう。

自筆ではないというミス

最近ではプリンターを使って手紙やメッセージカードを簡単に書くことができます。

しかし、自筆ではないカードは特別感やあなたらしさに欠けるのではないでしょうか。

例えば、「字が下手だから印刷でいい」と思われる方でも、ゆっくり丁寧に書けばそれだけ好きだという想いが伝わるのではないでしょうか。

あなたの自筆を見たことがない男性の場合は、「こんなに可愛い字を書くのか」、「これが○○さんの字なのか」と新鮮な気持ちになるでしょう。

ネット上での文字のやりとりが多い現代だからこそ自筆で書いてみてはいかがでしょうか。

字や絵が滲むというミス

ペンやメッセージカードの相性を書く前に確認することも大切です。

メッセージカードの素材によっては油性しか書けないこともありますし、滲んでしまうこともあります。

また、見開きのカードの場合はインクが乾いていないのに閉じることで字や絵が反対側へ写ってしまうこともあります。

気づかないでそのまま閉じて手渡すと、もらった側は全く読めず、返事ができないという事態にもなりかねません。

せっかく悩んだ文面もカードも台無しになりますので、予備を準備することはもちろんですがきちんと乾燥したことを確認することもポイントです。

書ききれないというミス

メッセージカードに書く前にどのあたりに何を書くか想定することも大切です。

あてもなく書いてしまうと最後まで書ききれないというミスになりかねないからです。

予めメッセージカードと同じ大きさの紙を準備して、どのくらいのスペースが必要かを確認した上で書くことをお勧めします。

完成したカードは確実に読んでもらおう!目に付きやすい場所はココ!

完成したメッセージカードは目に付きやすい場所に入れることも大切です。チョコレートやプレゼントなどバレンタインの贈り物と一緒にすると目立つでしょう。

メッセージカードを入れるお勧めの方法は以下です。

  • 手提げ袋にただ入れるのではなく、プレゼントの裏側や表面などに貼りつける
  • メッセージカードがあるということを知らせるために、あえて別々に渡す

また、さりげなく贈りたいという気持ちから小さいカードを選ぶ方もいるかもしれませんが、あまりに小さすぎると読みづらい、失くしやすいなどのデメリットもあります。

喜ばれるメッセージカードを贈っても読んでもらえなければ意味がありませんので、読める程度の大きさのメッセージカードを使いましょう。

また、雪や雨など濡れる可能性がある場合は、メッセージカードが汚れないようにビニール製の袋や封筒に入れることをお勧めします。

義理でも関係ない!バレンタインカードで喜びは倍増する!

好きな人だけではなく、会社や学校などでお世話になっている男性へ義理チョコを贈ることも多いでしょう。

義理チョコだとわかっていても嬉しいと感じる男性は多いようなので、そこにメッセージカードを付けることで喜びが倍増するかもしれません。

本命ではなくても日頃の感謝の気持ちを書いて、お世話になっている男性にバレンタインを楽しんでもらいましょう。

お勧めのメッセージとして例文を3個ご紹介しましょう。

  • 「○○さんへ ○○さん、いつもありがとうございます。お口に合えば嬉しいです。○○より」
  • 「○○さんへ ○○さんがお好きな甘くないチョコを探してきました。よろしければ召しあがってください。○○より」
  • 「○○さんへ義理チョコですが決して義理ではありません。感謝の気持ちを込めて贈ります。○○より」

義理チョコの場合は、贈る相手に彼女や奥さんがいることもあるでしょうから、本人だけではなく周りの人に勘違いされないように短文でわかりやすい内容にしましょう。

また、相手の名前と自分の名前を書くことも忘れないようにしましょう。

バレンタインにはもらって嬉しくなるメッセージカードを贈ろう!

男性に喜ばれるバレンタインのメッセージカードについてご紹介しましたが、参考になることはありましたか。

贈り物もカードも、ポイントはもらって嬉しいと感じることができるかどうかです。

ご自身が貰う側になったらどんな風に感じるかを想像しながら選んで、作成するのです。

字や絵が下手でも想いが詰まっていて、丁寧に作られていれば愛は伝わるのではないでしょうか。

好きな男性や親しい男性がメッセージカードを読んで幸せな気持ちになれるように、世界に一つだけの素敵なカードを作ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • みー

    ちょうど、送ろうと思っていたのですごく参考になりました!

    返信
  • みー

    学校では、チョコを渡せないので、カードを送ろうと思います!

    返信
  • みー

    チョコを渡せない(学校なので…)から、カードを送ろうと思いました。
    すごく参考になりました!

    返信
  • 彩乃

    好きな人に大好きだよ❤️っていうことを伝えれそう‼って思いました。好きな色も聞こうと思います😊

    返信

コメント