• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男の本音。バレンタインにもらってうれしいメッセージカード

Date:2015.01.30

shutterstock_122663476

もうすぐバレンタインデーがやってきます。本命彼女からチョコレートをもらえるかどうか、付き合っている彼女からは何をもらえるかと、ドキドキしている男性も多いのではないでしょうか。

バレンタインに贈るプレゼントと言えばチョコレートですよね。当然男性は好きな女性からチョコレートをもらったら嬉しいのですが、どんなチョコレートだったら喜んでくれるのでしょうか。

またチョコレート以外にプレゼントが添えられていると喜びも倍増します。もらって嬉しいプレゼント、そしてバレンタインにまつわる男性の本音をのぞいてみましょう。

もらって正直困る物

バレンタインデーに男性はチョコレートをもらえると嬉しいと女性は単純に考えていないでしょうか。男心はそんなに単純ではありません。男性だってもらってちょっと困るバレンタインのプレゼントがあります。

好きではない女性からの手作りチョコ

男性は女性からの手作りチョコレートに喜ぶはずだと思っていませんか?それは好きな女性や付き合っている女性に限った話です。

あまり好きでない女性、全く女性として意識していなかった女性から手作りチョコレートをもらっても正直困るというのが、男性の本音なのです。

手作りのプレゼント

バレンタインには意中の男性にチョコレートにプラスしてプレゼントを渡すのが一般的ですね。そのプレゼントですが、手作りの物を渡されるとちょっと対応に困ってしまうのだそうです。手作りの定番といえば季節的にも手編みのマフラー、セーター、手袋ですよね。

手編みの製品ですがたとえ好きな女性からもらったプレゼントだったとしてもちょっと困るなと思う男性もいるのです。身に着ける物は趣味や好みもあるので、手作り品だからといって素直に喜べないというのが本音です。

ましてや好意を持っていない女性からもらった手作りの品はそれこそ対応に困ってしまいます。

連名で渡されたプレゼント

日本には義理チョコ文化が根付いていますよね。会社の女性たちから連名でチョコレートを頂く機会も多いでしょう。

義理チョコももらって悪い気はしませんが、厄介なのはお返しです。チョコレートを頂いたからには1ヶ月後のホワイトデーにお返しをしなくてはいけないのです。

連名でもらったプレゼントだからといって、お返しもまとめてというわけにはいきません。結局もらった一人一人に対してお返しを用意しなくてはいけないのです。

高級ブランドのチョコレート

高級ブランドのチョコレートを喜ぶ男性もいますが、半数以上がもらって困ると答えています。確かに高級ブランドのチョコレートは味も美味しいのですが、お返しに困るというのが本音です。

女性は男性に対して自分が贈ったチョコレート以上の物をお返しとして求める傾向が強いのです。高級ブランドのチョコレートはそれなりの価格です。当然お返しも高級ブランドチョコレート以上の物を買わなくてはいけなくなります。

男性がもらって嬉しいチョコレート

好きな女性がくれたチョコレートならどんな物でも嬉しいと思いますが、どんなチョコレートを受け取ったらその喜びが倍増するのでしょうか。

彼女が一生懸命作った手作りチョコ

大好きな彼女が一生懸命に作ってくれた手作りチョコレートなら何でも嬉しいのです。本当はお菓子作りが得意ではない、一人暮らしでキッチンの設備が整っていないのにもかかわらず、自分のために作ってくれたという事実に男性は感動します。

食べやすい一口タイプ

食べやすいチョコレートを贈ると男性は喜びます。例えば一口タイプのトリュフやガナッシュです。

甘い物が苦手という男性も多いので、一度に大量は食べられないので少しずつ食べられるチョコは助かります。また自分で切り分けて食べるようなチョコレートだと食べるのが面倒になってくるのです。

板チョコ

女性にとっては意外かもしれませんが、バレンタイン用のチョコレートとして板チョコの人気は健在です。バレンタイン用にに可愛らしくアレンジされて販売されている板チョコも多数あります。

板チョコは普段食べ慣れているチョコであること、美味しいこと、そして食べやすさが支持されています。

意中の男性にバレンタインチョコレートを贈る時の参考にしてみてくださいね。

9割近くの男性がもらって喜ぶバレンタインカード

バレンタインデーは世界中で実施されているイベントですが、国によって概念や送る物にはさまざまな違いがあるのです。日本ではチョコレートを渡しますがそれにプラスしてプレゼントを渡すことも多いのです。

チョコレートと一緒にもらってうれしプレゼントといえばメッセージカードです。何と男性の9割近くが、メッセージカードがそえられていると嬉しいと答えているのです。

バレンタインのメッセージカードとは

そもそもバレンタインはキリスト教から誕生した習慣です。その発祥の地である欧米諸国ではバレンタインにカードを贈る習慣が根付いているのです。

クリスマスにクリスマスカードを贈り合うように、バレンタインのシーズンにはいろいろな種類のカードが店頭に並ぶようになります。欧米諸国ではこのカードに恋人への感謝や愛の気持ちを書いて贈り合うのです。

バレンタインカードが嬉しいのはなぜ?

バレンタインチョコレートにプラスして渡すプレゼントとしては、ネクタイや靴下、洋服といった身に着ける物が良く選ばれます。それらのプレゼントを押しのけてバレンタインカードをもらうと嬉しいと感じるのです。

女性は男性からプレゼントをもらうとき、メッセージカードよりもアクセサリーやバッグ、身に着ける物を頂いたほうが嬉しいと感じますよね。一方で男性は物よりもストレートな愛情表現を受けることに大きな喜びを感じるのです。

普段好きな女性から愛の告白や感謝の気持ちを伝えてもらう機会が少ないほどに、メッセージカードに書かれている言葉がとても嬉しく感じるのです。

義理でももらって嬉しい

日本では日ごろからお世話になっている男性に対して義理チョコを贈る習慣がありますが、義理チョコでもメッセージカードが添えられていると嬉しいのだそうです。

もちろん義理ですから愛の告白文ではなく日ごろの感謝が一言でも添えられているとそれを贈ってくれた女性に対する好感度が急上昇するのです。

メッセージカードを受け取ったことで勘違いする男性もいると思いますので、文面はくれぐれも注意して書かないといけませんね。

メッセージカードに書いてほしい言葉

メッセージカードが添えられていると男性は素直にうれしいです。もらう相手によってかけられて嬉しい言葉が違いますので、今後の参考にしてみてください。

好きな女性からメッセージカードにそえられていると嬉しい言葉

それではメッセージカードにどんな言葉が添えられていると、男性は喜ぶのでしょうか。

  • 好き!
  • 付き合っているわけですから相手も自分のことを好きなはずです。それでも改めて言葉にされると嬉しいものです。いろいろと回りくどい表現をされるよりも、ストレートな愛情表現が男性の心をぐっとつかみます。

  • ありがとう
  • 「いつも一緒にいてくれてありがとう」「いつもそばにいてくれてありがとう」といった感謝の気持ちも嬉しいです。

  • これからもずっと一緒にいようね
  • 女性からもプロポーズとも受け取れる言葉ですね。

意中の女性からもらって嬉しい言葉

バレンタインデーは女性から男性に愛の告白をする日でもあります。意中の女性から、ちょっと気になっている女性からもらって嬉しい言葉とは何でしょうか。

  • ストレートな告白
  • 「ずっと好きでした」「いつも見てました」「付き合ってください」短いストレートな愛情表現、告白を男性は喜びます。

  • いつもありがとう
  • 好きな女性から言われても嬉しいのですがまだ付き合っていない女性から言われても嬉しい言葉です。

  • これからもそばにいてくださいね
  • 遠回しな愛情表現ですが頼りにされて喜ばない男性はいないと思います。

バレンタインデーにメッセージカードを一言添えるだけで男性は喜んでくれます。贈る相手の性格や関係性を考えて適切な言葉を選んでみましょう。

今年からはバレンタインカードは必須ですね!

この記事をシェアする

関連記事