• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

必須ミネラルの含有量が半端ない!砂糖は白より黒を選ぼう!

Date:2013.06.02

黒糖

スーパーのお砂糖コーナーには、いつも使っている白い上白糖・グラニュー糖などのほかに、茶色い三温糖・きび糖などがありますね。

実はこれらの茶色いお砂糖は、身体に必要なミネラルを多く含む健康食品なのです。

…ということで、この茶色いお砂糖たちのことを、いろいろ探っていきましょう。

ミネラルとはなに?

そもそもミネラル(無機質)というものの正体ですが、おおまかに言うと人間の身体を作る元素のことであり、酸素・炭素・水素・窒素以外の残り5%の元素のことを言うのです。

カルシウム・リン・マグネシウム・ナトリウム・カリウム・塩素を必須ミネラルと呼び、銅・鉄・クロム・マンガン・モリブデン・セレン・亜鉛・ヨウ素・フッ素を微量必須ミネラルと呼びます。

働きは、骨や歯の骨格形成・蛋白質や脂質の成分になる・体液のバランスをとる・酵素やホルモンの成分になる、などです。

ですから微量ではありますが、ミネラル不足になると、骨粗しょう症・貧血などを起こしますから、特に女性の皆さんは意識して摂取しなければならない栄養素ですね。ミネラルはビタミンと並び微量栄養素として大切なのです。

ミネラルを一番豊富に含むお砂糖は?

一番ミネラルが豊富なのは、黒砂糖のようです。サトウキビを搾って、そのまま煮詰めて作るので、上白糖のように精製されていない分、自然の栄養分が凝縮されています。また微量の蛋白質も含まれているようです。

カルシウムも100g中240mgと多いとのことですから、お茶菓子として牛乳と食べることもオススメです。牛乳と一緒で摂取されやすくなります。

その他のミネラル入りのお砂糖

和菓子を作るときに使われる、和三盆という上品な甘さのお砂糖が、実は黒砂糖に最も近くてミネラルが多いです。

やはりサトウキビから作りますが、香川県・徳島県のサトウキビなので、熱帯産とは少し違うようです。さらさらで黄色っぽい見た目です。和三盆を干菓子のように固めたお菓子もあるそうです。

他に、きび糖・三温糖もサトウキビからできていて、精製しすぎていないので、ミネラルが残っています。普通に煮物などに使ってもコクがありますし、ケーキ作りに使っても素朴な味わいです。

三温糖を焼き菓子に入れるときは、お砂糖に多少水分がありますから、白砂糖のときより長めに焼いて様子をみましょう。

サトウキビが原料ではないお砂糖

ほとんどのお砂糖がサトウキビから作られているのですが、例外もあります。北海道の砂糖大根(てんさい)から作られた、てんさい糖です。やはり茶色いお砂糖ですが、ミネラルも多く、身体を温める作用があり、お腹のビフィズス菌も増やします。

他のサトウキビでできているお砂糖は、身体を冷やす作用があるので、お腹の弱い方などは、てんさい糖のほうがいいかもしれません。やはり普通に料理に使えます。

骨粗しょう症・貧血予防にも、茶色いお砂糖を摂るのは良いことですね。コクが必要な料理には特に活躍してくれると思います。お砂糖売り場に行ったら、どんなお砂糖があるか、チェックしてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事