• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

話題のミサンガウォッチを作ろう!編むだけの簡単な作り方をご紹介

Date:2016.09.06

micanga watch 0906-1

ミサンガウォッチって知ってる?

その名のとおり、バングルがミサンガになっている時計、ジワジワ流行中!

買ってもいいけど、ミサンガなら作れるでしょ!

作れるならやってみるしかないでしょ!

やってみるなら人とちょっと違うのがいいよね!

そんなわけで世界にひとつのミサンガウォッチ、早速やってみよう。

W550Q100_5画像1

使用するもの
時計
刺繍糸
ボタン
木製ピンチ

さっそくミサンガを編んでいこう

使用した時計は、こちら

W550Q100_5画像2

はなもっこさんのバングルの変えられる時計。

バングルが替えられないタイプでも、ピンを通したままにしておけば同じように使えます。

そしてここが一番の重要任務。

W550Q100_5画像3

刺繍糸選び!

ここはじっくり考えて、出来上がりの図を想像しながら選びましょう。

バングルの太さに比例しますので、お好きな数を。

ちなみに7種類で作った今回、出来上がりの太さは6mmほど。

W550Q100_5画像4

こちらの7色。

もちろん同じ色を何本か使うのもアリ。

W550Q100_5画像5

40㎝ほどにカットして使用します。

そしてボタン。

W550Q100_5画像6

カワイイでしょう?ホビーラホビーレさんにてヒトメボレした、お花のボタン。

どれにしようかな~っと悩んだ結果

W550Q100_5画像7

こちらのブルーグレーに決定。

刺繍糸とも相性バッチリ。

さてさて、材料が揃ったところで、ミサンガを編んでいこう!

W550Q100_5画像8

まずは刺繍糸を全部ひとまとめにして、二つ折り。

中心のところを輪にして、ひと結び。

輪の部分は、ボタンが通る大きさで。

W550Q100_5画像9

こんな感じね!

そして編むにあたり、こんな風にするととっても効率がいい!

W550Q100_5画像10

木製ピンチで、お菓子の缶等に留める。

そして半分ずつ、広げていきますよ。

W550Q100_5画像11

まずは片側。そして色が左右対称になるように、反対側も。

W550Q100_5画像12

しっかり確認して間違ってなければ、編みますよ。

W550Q100_5画像13

左の一番外側の糸を、中心に向けて移動。

W550Q100_5画像14

次は右の一番外側の糸を、中心に移動。

W550Q100_5画像15

そう!一番端の糸を左右交互に中心へ。

これを繰り返すだけなんです。

W550Q100_5画像16

隙間が空かないように、でもあんまり引っ張りすぎないように。

W550Q100_5画像17

どんどん編んでいきましょう!

W550Q100_5画像18

だんだん進むにつれて、三つ編みのように手に取って編めるように。

W550Q100_5画像19

このくらいかな?手首の太さぶん、編めたら

W550Q100_5画像20

左右二つにしっかり開いて

W550Q100_5画像21

ひと結び。

W550Q100_5画像22

もう一回、結んで。

これで解けてくる心配ナシ。

片側から2~3本取り分けて、ボタンに通したら

W550Q100_5画像23

一緒にして

W550Q100_5画像24

堅結び。

W550Q100_5画像25

残った端は、リボンに結んじゃおう。

W550Q100_5画像26

時計に通したら、完成です。

W550Q100_5画像27

W550Q100_5画像28

お花のボタンとリボンが、なかなかカワイイ!

W550Q100_5画像29

装着!

W550Q100_5画像30

普通に付けてもかわいいし、

W550Q100_5画像31

ボタンの部分を上にしても。

どの方向にしても、カワイイみたい!

楽しくなって、浮かれて何本も作っちゃった!

W550Q100_5画像32

もちろん、ただのブレスレットとしての使用も可能♪

W550Q100_5画像33

沢山作って日替わりで楽しむのもいいですね!

汗をかきやすい夏場でも、汚れてしまっても、いくらでも替えがきくバングル、

これってとってもお財布に優しいかも。

W550Q100_5画像34

刺繍糸とボタンさえあればできるミサンガウォッチバングル、さあ今すぐ挑戦だ!

この記事をシェアする

関連記事