• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女30歳!人生時計ではまだ朝8時20分!人生始まったばかり!

Date:2014.10.22

20代後半あたりから、仕事・結婚・子育てなどについて悩み始める女性は多いのではないでしょうか。

30歳という大台を目前にして、急に自分の人生について不安になったり、「私の人生こんなもの?」と自分に限界を感じたり。

でも、長い人生を考えるとき、30代などまだまだ駆け出し。限界や焦りを感じるには早すぎる年齢なのです。

それを実感してもらうために「人生時計」を紹介します。不安や焦りを感じている女性は、ぜひ一度「人生時計」について考えてみてください。

「人生時計」とは?

「人生時計」とは、人生を一日(24時間)に換算して、今自分は何時ごろにいるのかを考えるものです。

長い人生を24時間に縮小してみることで、いかに人生は長いものであるか、今自分は人生のどのあたりを歩いているのかを実感することができます。

人はスケールが大きすぎると、それが実際どんなものなのか想像しきれないものです。

何年か前に「もし世界が100人の村だったら」という本が話題になりましたが、あれもそうですね。

世界を100人という実際数えることができる人数に縮小したことによって、世界の問題を人々は実感し、驚きもしました。

「人生時計」も、人生約80年と言われてもぴんとこないものを、たったの一日に当てはめることで、自分の立ち位置を実感してもらおうというわけです。

「人生時計」における現在時刻の算出方法

元々は、この「人生時計」のお話は、人生約70年として1時間3年で計算し、単純に自分の年齢を3で割って算出していました。

でも、最近は実際の平均寿命を24時間に換算し、計算するようになってきたようです。

2013年の日本人女性の平均寿命は86.61歳。

86.61/24≒3.6となり、1時間3.6年で計算。

「年齢÷3.6=人生時計の現在時刻」ということになります。

計算は苦手!「分」の計算が面倒!という人は、自動計算してくれるサイトを利用してみると良いです。

こちらは2010年度の平均寿命(86.39歳)を元に計算されていますが大差はありません。

あなたは今何時?

「人生時計」で計算してみると、

20歳=am 5:34
30歳=am 8:20
40歳=am11:07

30歳はまだ8時20分なのです。

やっと朝の身支度をしたり、家を出発したり、1日のスタートを切ったばかり。

40歳ですら、まだお昼にもなっていないのです。

若い頃は30代40代というと、もう人生終わったように感じた人もいたかと思いますが、長い人生まだまだこれからなのです。

そもそも20歳なんてよほど早起きの人でない限り、布団の中でぐーぐー寝ている時間帯。

まだ目覚めてもいないのです。

安心するだけでなく、活用を

この時計は、「なんだ、人生まだまだ始まったばかりなのね」と安心するためだけにあるのではありません。

必要以上に焦ったり、落胆したり、人生終わった気になる必要はないと実感するとともに、今どういう心構えでいるべきか、何をすべきかを考えてほしいのです。

例えば、今まで何も考えずにただ時の流れに身を任せる人生であったような人は、「人生時計」の現在時刻である今の今まで、ぐっすり眠っていた状態ともいえます。

今やっと起きたばかり。今日1日何をするかもまったく考えていない状態と言えます。

今から身支度を始め、どこに出かけようか今から考え、実際に家を出るのは何時になるでしょう。

何歳までに結婚したい、何が何でも子供を産みたいなど、自分の願望にタイムリミットがある人は急がねばなりません。

寝坊した分、大急ぎで、全力で、遅れを取り戻さなければなりません。

ああ、もっと早起きして計画を立てればよかった(20代のうちから人生を考えていればよかった)などと後悔している場合ではありません。

時を振り返るのは1日を終えてから。

今はこれから過ごすべき1日のことを考え、動く時なのです。

充実した1日だったと思えるように

まだ朝の早い時間にいても、のんびりご飯を食べ、テレビを見ながらダラダラと過ごしていれば、何もしないうちにあっという間にお昼になってしまいます。

すでにお昼前に差し掛かっている人でも、今からでも間に合いそうなお出かけコースを考えたり、思い切って、今日中に家に帰れるかどうかわからない遠い場所を目指して家を飛び出してみたり。

遅すぎることはありません。今日という日が終わるまで、あと何時間あるのかを踏まえた上で、1日の過ごし方はいくらだって考えられます。

考え、実行できることは山のようにあります。

1日の計画をしっかり立てて有意義な1日を送ることができた日は、とても満足した気持ちで眠りにつくことができるでしょう?

そんなふうに、「人生時計」の1日が終わりを迎えるときも、とても充実した1日だったと思えるように、今を精一杯生きてください。

この記事をシェアする

関連記事