• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

貴女に本当に似合う水着はこれ!体型カバーもできるトレンド水着

Date:2016.08.10

shutterstock_252161002海が恋しい季節がやってきました!

「海に行きたい! だけどスタイルのここが気になって水着が着れない…」
「去年と同じ水着じゃちょっと今年は厳しいかも…」

なんてことも、年々増えてきますよね…。

それでもトレンドをしっかり押さえつつ、自分の体型にあった水着を選んで、今年も彼の視線を釘付けにしちゃいましょう!

隠してるって気づかれない!「お腹周り」を可愛くカバー

「胸元は出して女性らしさを演出したい、けど、お腹は出したくない…」
そんな方にはお腹周りをカバーできる水着がオススメです!

お腹カバーの定番「ワンピースタイプ」

2016年はオトナ女子の間でワンピースタイプの水着が流行っています。

色やデザインによってかわいらしくもかっこよくも着こなせるワンピースタイプ。簡単に体型カバーできるのも嬉しいですよね。

    黒×スカート
    黒は引き締め効果があるので胸が大きな人にもオススメの色です!

    ワンピースタイプにスカートが付いていると、お腹と一緒にお尻もカバーできてしまいます。

    スカートの切り替え位置が高めのものを選べば脚長効果も!

    黒なら甘めのスカートを合わせても甘くなり過ぎないので、オトナ女子でも簡単に着こなすことができますよね。

    ピンク×ギンガムチェック

    「ピンクはちょっと…」

    と思っている方でも、フリルやリボンと合わせるのではなくチェック柄を選ぶと甘くなり過ぎず可愛らしさを演出できます。

    特にワンピースタイプは布の面積が広いので柄なしでピンクを選ぶとピンクの主張が結構強くなってしまいますよね。

    チェックの色はピンク×白が多いですが、ピンク×黒もちょっとレトロな雰囲気が出てオススメです!

    ブルー×花柄
    花柄は海に映える青でさらっと合わせると可愛くなりすぎないですよね。

    柄のサイズは小さめの方が対絵が小柄に見えます。

    青の色味も、パステルカラーだと膨張して見えるので少し暗めの色の方が引き締まって見えますよね!

    可愛らしい花柄も、ブルーの色味や背中が大胆に開いたデザインなどを選ぶと大人っぽく仕上がるのでオススメです。

今年はワンピースタイプが流行っているので、一口にワンピースタイプと言っても様々な形のものがあります!

フリルがあしらわれているものやスカート付きのものはもちろん、前から見るとワンピースだけど後ろからだとビキニに見えるようなデザインのものも!

是非、お腹周りをカバーしながらもオシャレに着こなしてください。

デザインも豊富!「タンキニタイプ」

体型カバーで人気なのがタンキニタイプ。タンクトップとボトムに分かれたセパレートタイプの水着です。

上下の組み合わせを変えることでいろんな雰囲気を楽しむことができるのも人気の理由の一つですよね。

    二の腕までカバーできる「袖ありタイプ」

    タンキニは「タンクトップビキニ」の略称ですが、最近は袖のあるタイプもあります!

    スポーティでぴったりとした袖ありタイプもありますが、ふんわりとしたシフォンっぽい袖ありタイプもあるので用途に合わせて上だけ替えるのもいいかもしれないですね。

    お尻までカバーできる「長めタイプ」
    タンキニの上部分にはいろんなタイプがありますが、スカート付きワンピースタイプと同じくらい長めのものもあるので、お尻をカバーしたい人にはこちらもおすすめです。

    ただ、このタイプを選ぶ場合には少し胸元が広めのものを選んだ方が、水着としては全体のバランスがよくなります。

    胸までしっかり隠してしまうと水着というよりカジュアルな洋服っぽくなってしまいますよね。

    逆に、胸元を隠したい! という場合には丈が短めのものを選ぶのがオススメです!

    動き回っても安心「サロペットタイプ」
    タンキニにはサロペットタイプもあります。

    上下がつながっているので動き回って遊んでも水着がはだける心配はありません!

    デザインも豊富で、フードつきのものや、背中が大きく開いているものなど。

    いつもの水着の上からきるだけでまったく違う印象になりますし、食事後のお腹のぽっこりを隠すにもいいかもしれないですね。

    透け感のあるものでちょっぴりセクシー

    女性にとっては「普段着っぽさ」のおかげでハードルが低めのタンキニですが、それが男性には不人気なようです…。

    体型をカバーしつつ、水着っぽい特別感のあるタンキニを選ぶには、透け感のあるものがオススメです。

    袖ありタイプや丈の長いものもあるので、体型カバーにも女らしさアピールにも強い味方ですね!

また、タンキニは英語の文字が入っているものなどを選ぶと一気に子供っぽくなってしまうので、柄も重要です!

濃い色合いなら無地でもかっこいいですし、花柄などもたくさんあります。

なにより、上下で組み合わせをかえることができるので、下は無地、上は柄物という合わせ方もいいですね。

胸の悩み、タイプ別に合ったデザインを選ぶのが大切!

水着を着るときにどうしても気になってしまうのが胸元ですよね。

水着はカップ数だけ合わせればいいわけではなく、どういう風に見せたいかで選ぶデザインが変わってきます。

胸が小さい×可愛くしたい

昨年も人気だったバンドゥタイプがオススメです!バンドゥタイプとはブラの部分がチューブトップになっているタイプです。

特に

  • フリル
  • リボン

などが付いているものだとボリュームも出て形も綺麗に見せてくれます。

今年はオフショルっぽく袖のついたものも流行っているので二の腕カバーも一緒にできちゃいます。

胸が小さい×大きく見せたい

胸を大きく見せるには水着の中に専用のパットを入れるのも手ですが、水着のデザインでも結構サイズは違って見えます!

先程紹介したバンドゥビキニも実は胸を大きく見せる効果がありますが、より大きくそしてセクシーに見せるには、3/4カップの水着を選ぶのがオススメです。

フルカップで胸元を覆ってしまうより、3/4カップの方が綺麗な谷間ができるので、よりセクシーな胸元が演出できます。

ワイヤータイプにしてしっかりと胸を支えてあげることでパットがずれる心配も減らすことができます!

胸が大きい×小さく見せたい

胸が大きい方が、小さい方向けの水着を選んでしまうとグラビアのようなちょっといやらしい感じになってしまいますよね。

なのでそういう方にはホルターネックの水着がオススメです。

水着のサイズは下着と違って細かう分かれていないことが多いので、ワイヤーの入っていないものの方が胸が大きい方は合わせやすいです。

ワイヤーが入っていると、胸のサイズよりもカップが小さい場合、胸を潰してしまって固いが崩れて見栄えもよくありません。

ホルターネックだと胸をしっかりと支えてくれますし、胸元に綺麗なⅤラインができるのでデコルテもすっきりと見えます。

ストラップが太めのものだとよりしっかりと胸を支えてくれます。

大柄なものや膨張色を選んでしまうと大きく見えるので、

  • 暗めの色
  • 小柄なもの

だとより効果的です。

肩幅が広めの方にもオススメのデザインです。

セクシー系も!動きやすさ重視でも!すらっと美脚に見せるポイント

水着で一番露出があるのは、脚ですよね。

隠す方法だけじゃなく、見せて綺麗なデザインを選ぶのも一つの手です!

腰の位置を高く見せて脚長効果

ワンピースやタンキニで腰の切り替えの位置が高いものを選ぶのも脚長効果がありますが、ビキニを選ぶ時にも脚長に見せるデザインがあります。

それは、左右の腰元にリボンが付いている紐タイプです。

紐タイプを選ぶことで、上半身と下半身の境目を細く曖昧にしてくれる効果があります。

また、上下の色が違う水着を選ぶ場合は、上半身に視線が集まるようにトップの色を鮮やかにすると脚長効果が期待できます。

パレオで太ももを隠して細く見せる

脚の体型カバーと言えばパレオですよね。

気になる部分を隠してくれるだけではなく、大人っぽい雰囲気に見せられます。

腰から斜めに巻くスタイルはもちろん、胸元から太ももまでを覆うタイプもあります。

明らかに「隠してます」という雰囲気になってしまうのを避けるためには、流行りの柄や透け感のあるものを選ぶといいですね。

ショートパンツよりもハイウエストビキニ

パレオやリボンは柄じゃない! という方が選んでしまいがちなのが、ショートパンツ。

ショートパンツで腰回りを隠しつつ、カジュアルで元気な雰囲気にしてくれます。

ですが、脚長効果という点で言えば、ショートパンツよりハイウエストビキニで腰回りを覆いつつウエストの切り替えを高い位置に持ってくる方が効果があります。

今年のトレンド水着のひとつなので、いろんなバリエーションがあるのも嬉しいですね!

どうしても着たくないけど着ないといけない!なら「補正水着」で楽痩せ

最近では補正下着ならぬ補正水着というものがあります。

タンキニタイプやワンピースタイプでお腹、腰回りを補正するものや、レギンスのようなタイプのボトムで脚を出さずに細く見せるものまであるんです。

適度に露出したい! という方にはあまり向かないですが、脚を出して日焼けしたくない! という方や、子供連れのママさんたちにはこちらもオススメです。

セクシーなものはなかなかないですが、カジュアルなタイプからスポーティーなタイプまであるので、夏の海だけではなく「水泳でダイエットしたいけどそもそも水着を着たくない…」という方にもいいかもしれないですね!

来年までに…じゃなくて今の自分に合う水着を選ぶのが第一歩

「今年は無理だけど来年までには痩せて水着を着よう…」

と思っていても結局来年にも同じようなことを考えている、なんてことになりかねません!

体型を上手くカバーしつつ、トレンドに合った水着を着て海に行くだけで、それからのスタイル維持のモチベーションも上がります。

今年は思い切って好きな水着を選んで、海に行ってみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント