• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「朝の一杯」どれにする?美容効果別おすすめモーニングドリンク

Date:2015.04.02

shutterstock_188889449 - コピー

あなたは、朝一番に何を飲んでいますか?

朝食を取らないという人でもコーヒーだけは飲むという人が多いように、ほとんどの人が、朝の目覚めの一杯を飲んでいます。

どうせ飲むなら、綺麗になれるドリンクが良いですよね?美容効果別におすすめしたいモーニングドリンクを紹介します。

モーニングドリンクが大切なワケ

眠っている間にも、人の体は働き続けています。夕食の時間が遅くなった時には、寝ている間も消化器官が働き続け、食べたものを消化し分解しています。アルコールを飲んだ夜にはそれを分解したり、運動した日には筋肉を修復しようとしたり…

睡眠中、体は前日の疲れや不要なものをリセットするために働いています。そうして一晩明けた朝には、胃の中は空っぽ、疲れも取れています。

つまり、朝飲む目覚めの一杯は、初期化された体に最初に入って、内臓のスイッチを押していく役割を持っているのです。

目覚めの一杯によって、その日の体調が変わっていくのも頷けますよね。

美容効果別おすすめ「朝の一杯」

寝ぼけた頭をすっきりさせるという目的に絞りがちな「朝の一杯」ですが、まっさらな体に入っていくドリンク選びは、実はとても大切です。

朝の一杯で体を目覚めさせ、キレイになれる手伝いをしてくれるモーニングドリンクにはどんなものがあるのでしょうか。

今回は、グリーンスムージーなどの調理が必要なドリンクはのぞき、朝忙しい人でも続けらえるシンプルなドリンクに絞って紹介します。

代謝を高めて痩せるなら「白湯」

shutterstock_244846312 - コピー
寝起きの体は、内臓の働きも休息モードで、代謝も落ちています。体の代謝を高め、脂肪が燃えやすい体にするには、体を温め血のめぐりを良くすることが大切です。

そこでおすすめなのが「白湯」です。

女優やモデルにも、美容法として白湯を飲むという人が増えています。実は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダにも、白湯が体を温め、内臓の働きを助けるとされています。

ただ体を温めるだけなら、ホットコーヒーでも良いのでは?と思われそうですが、カフェインには体を冷やす効果があるので、あまりおすすめできません。

余計なものの入らない白湯だからこそ、体を通過する時に内臓の負担にならずに体を温めてくれるのです。

「豆乳」で栄養を補給して美肌に

shutterstock_229076185 - コピー
肌に良さそうなドリンク、というとビタミンCが豊富にとれるフルーツのジュースが思い浮かびそうですが、ほとんどの方がジュースは冷たくして飲みますよね?

先にも書いたように、起き抜けの体は代謝が落ちて冷えている状態です。フルーツジュースのビタミンはもちろん肌に欠かせないものですが、目覚めの一杯としては体に負荷がかかりすぎてしまいます。

ここは、肌の代謝を促すビタミンEが含まれ、ホットでも美味しい「豆乳」がおすすめです。

豆乳の働きは下記の通りです。

  • ビタミンやポリフェノールが豊富で血流をよくする
  • 女性ホルモンの活性化
  • エイジング対策
  • 美肌効果

非常に優秀な一杯だと言えます。時間がない時の朝食代わりにもおすすめです。

毒素を出して健康美「ローズヒップティー」

shutterstock_225014701 - コピー
前日の疲れやお酒が抜けずに顔色がすぐれない、顔がむくんでいる…大人の女性ならば、そんな朝もありますよね。アルコールなどの毒素が体内にたまっていると、血行が悪くなり、水分の排出がうまくできなくなっています。

睡眠で取りきれなかった前日の毒素は、「ローズヒップティー」で出し切ってしまいましょう。

ローズヒップティーと言えば、世界一のビタミンC含有量を誇る果実です。体内でアルコールなどの毒素を分解する時にはビタミンCが使われ、体内で不足しがちになるのを、ローズヒップティーを飲むことで補ってくれます。

また、利尿作用もあるため、体の老廃物を流し出すことも手伝ってくれるお茶です。もちろん、カフェインは含まれていないので、体も温まります。

朝のコーヒーはこう飲むべし

コーヒーは体を冷やすから美容にはあまり良くない…というのは有名な話ですね。

とは言え、朝はどうしても1杯のコーヒーから始めたい、という人も多いのではないでしょうか。そういった方のために、美容に良いコーヒーの飲み方をまとめてみました。

  • 胃が空の時にブラックで飲むと胃が荒れるため、ミルクを多めに入れること
  • コーヒーは時間がたつと酸化するため、できるだけ挽きたての豆で炒れる
  • シナモンなどを入れて、体を温める作用を補うこと
  • 暑い季節であっても、アイスは飲まない

また、コーヒーは利尿作用が強いので、水分補給のつもりで飲むのには適していません。あくまで嗜好品として、飲みすぎないことも大切です。

時間がない朝だからこそ、大切に

shutterstock_184835783 - コピー
忙しい朝だからこそ、飲み物くらいはゆっくり、体に良いものをとりたいですよね。何を飲むか以外にも、そういった朝の時間の過ごし方も、その日一日の気分を左右するものだと思います。

ぜひお気に入りの朝の一杯を見つけて、素敵な一日のスタートにしてください。

この記事をシェアする

関連記事