• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

復縁の兆し?ただの思い出?昔の彼氏の夢を見る深層心理

Date:2014.01.24

昔の彼氏の夢を何度も見てしまう…そして目覚めた朝に感じることは、現実とは異なることへの寂しさや、後ろめたさ…思いを引きずっていてもいなくても、なんとなく気持ちが落ち込むものです。

元彼にはもう未練がないはずなのに、何故今更?夢はもっとも素直な自分が投影されるもの。深層心理を探るにもぴったりです。この「元彼の夢」、心理学から、そして夢占いから、どんな意味があるのか調べてみました。

今、恋人がいないなら…

元彼の夢を見た時、自分に恋人がいないなら…ほとんどの場合は、潜在的に眠っている「元彼への未練」が夢に出たものだと考えられています。

デートをしたり、いちゃいちゃしていたり、楽しい内容の夢であれば尚更で、もう一度元彼と楽しく過ごしたいという未練の現れです。

恋人が欲しいと思っている場合、単純にひとりであることに寂しさを感じていて、それが元彼への未練という形で出ているだけということもあります。夢占い的にも、あまり元彼という存在にこだわらずに、広く出会いを求めたり、恋を探すことが重要です。

今、恋人がいるなら…?

すでに新しい恋人と付き合っていて、未練も何もないはずなのに、元彼の夢を見る…この場合はどういう意味があるのでしょうか?仲良くしている夢であれば、これはよりたくさんの人から大切にされたい、愛されたい、という願望が出ているのかもしれません。

今の恋人から与えられる愛情に不安があったり、またはとてもアクティブな気持ちになっていて、いろいろな人と出会ってみたいという欲求が、過去に自分を愛してくれた存在である元彼を求めたと考えられます。

いずれにせよ、今の恋人との関係を崩す気がないのであれば、すべては自分の問題です。今の恋人と充実した時間を過ごすことができれば、いずれ見なくなります。

過去に起きたことの夢は?

夢は脳が思考や記憶を整理しているものとも言われています。友人と会っていて、元彼の話になった時に呼び起された記憶が、夢に出てくる…そういった可能性もあります。

過去に元彼と実際に起きたこと、一緒に見た景色などが出てきた場合、単純に記憶を遡っただけということもあります。

復縁の期待は?

夢に関する“元彼”という存在は、夢占い的にも心理学的にも「期待する気持ち」に大きく関係しています。

過去のように愛されたい、元彼に会いたい、あるいは「復縁させたい」という願望がはっきりとあるなら、復縁の兆しというよりは、復縁の実現を望む期待が夢に出た、というのが実際のところのようです。

ポジティブになれるきっかけに

「ああ、私は元彼に未練があるのか…」と落ち込む必要はありません。過去を懐かしんだり、愛した人を恋しく思うことは誰もがそうだと思います。夢に繰り返し見たりすると、さらに気持ちは沈みますが、そういう時こそ思考の転換。

自覚できていないけど、すごく寂しいのかもしれない。愛情が欲しいのかもしれない。自分の不調や不安を自覚するきっかけになるはずです。

友人に連絡をとって話をするのもよし、関係が悪くなっていないのであれば、実際に元彼に連絡をとってすっきりするのも手です。

この記事をシェアする

関連記事