• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の2人に1人が経験あり!マウンティング女子の心理と対処法

Date:2015.10.26

shutterstock_200138993 - コピー

少し前からよく耳にするようになった「マウンティング」という言葉。「格付け」と言い方を変えればさらにその意味がよくわかるでしょう。

女性は他人と比べることで自分が幸せであることを確認する傾向が強いです。周りからマウンティングされたことがあるという経験ありの女性は全体の2人に1人にも上るのだとか。

人からマウンティングされるのはあまり気分がいいものではありませんよね。周りに潜んでいるマウンティング女子はいっぱいいます。

そんなマウンティング女子を見分けるための特徴と、その対処法についてご紹介していきたいと思います。

タイプ別でみる、マウンティング女子の特徴と心理

マウンティングとは他人と自分を比較して、相手よりも自分が格上である、幸せであるといったことを自分でアピールすることです。

マウンティング女子と一口にいっても、実にいろいろなタイプのマウンティングタイプがあります。主なマウンティング女子の特徴を以下にまとめてみました。

仲がいいから余計に怖い!親友型のマウンティング女子

親友のように親しい間柄だと、言いたいことを何でもいいあえますよね。そういった親友関係を利用してマウンティングしてくるのが親友型です。

「○○の彼って、ほんと顔はかっこいいよね」

と褒めているように感じられるのですが、裏を返せば顔以外は取り柄がないという意味合いが含まれていると受け取れます。

このように一見優しそう、喜ぶような言葉をかけてくれるのですが、言葉の節々にマウンティングしているのが現れているのです。

基準は自分!相手に対する余計なアドバイスをするプロデューサー型

  • 自分のスキンケア
  • ファッションセンス
  • ライフスタイル
  • 恋愛

何もかも基準は自分というのがプロデューサー型のマウンティング女子。「そのメイク、似合っていないと思うよ。○○にはこっちのメイク方法のほうが合うと思うけどな」

と相手のファッション、メイクなどを批判して、自分のおすすめを提案してくるのです。その言葉の裏には私のほうがオシャレ、メイクも上手といったニュアンスが含まれています。

聞いていないのに勝手にアドバイス!カウンセラータイプ

プロデューサー型とちょっと似通った部分があるのが、カウンセラータイプ。相手の好みや気持ちも考えずに、自分の意見をずけずけと押し付けてきます。

「合コンではさ、○○が来ている洋服よりも、こういった服のほうが絶対にモテるよ!」

と好みでもないファッションをすすめてきたりします。こちらからファッションについて相談したわけでもないので、「一体何様?」と不快な気分になります。

博学をひけらかす、上から目線の事情通型

情報通を気取って、その知識をひけらかすのが大好きな情報通型。相手が知らない事を教えているときの優越感と、知らない知識を教えてあげているといった上から目線の態度で接してきます。

例えば一緒に買い物に行って、「このアイテム知ってる?今雑誌とかでモデルさんがみんな身に着けてるよね。私も即効買ったよ!」などと、言ってくるわけです。

自虐の中に自慢が見え隠れする自虐型マウンティング女子

自分の境遇を嘆いているはずなのに、その中に軽く自慢が入っているのが自虐型マウンティング女子の特徴。例えば

「いいなー○○は細くって!私なんて胸が大きいからタイトシルエットの洋服を着ると、デブに見えちゃうの」といったように、一度は人を褒めておきながら最終的に自分の自慢へと持っていくのです。

相手の気持ちが全く理解できない無神経型のマウンティング女子

相手の気持ちがわからないから、相手が傷つくようなことをズバズバと言ってくるのが、無神経型マウンティング女子の特徴です。

例えばぽっちゃりタイプの女性に、「ぽっちゃりしててかわいい!」などとストレートに言ったりもします。本人はきっとそれを気にしているはずなのに、それがわからないんですね。

全て私が仕切らないと気が済まない!司会型のマウンティング女子

会話の中心が全て自分でないと気がすまないのが司会型のマウンティング女子。例えば女性同士が集まって会話しているときに、

「○○ちゃん、この前気になっていた会社の先輩から告白されたんだって」と他の子がもてはやされるような発言を聞いたら、

「私だって前に会社の先輩に告白されたことくらいあるよ」と自分の自慢話や経験に話題をすり替えて、話題の中心を自分に持ってくるのです。

マウンティング女子の種類、思ったよりたくさんありますよね。あなたの周りにもきっとこんなマウンティング女子がいると共感できたのではないでしょうか?

どうしたらいいの?不快なマウンティング女子の対処法

マウンティングされているということがわかったとき、誰だって嫌な気持ちになりますよね。マウンティング女子を避ける最も簡単な方法は、マウンティング女子と付き合わないこと!

しかし、マウンティング女子は周りにとっても多いんです!その人たちを全て付き合いを拒んでしまったら、友達がいなくなってしまいますよ。マウンティング女子と上手に付き合うコツさえ覚えてしまえば、これからマウンティング女子と接するのも怖くなくなりますよ。

マウンティング女子の特徴を逆手に取る!とにかく褒めよう!

マウンティング女子はとにかく自分のことを褒められたいのです。自分が一番ということを、いろいろな方法で示したいのです。

マウンティング女子の発言を聞いているこちらは、正直腹立つなーと思うことがありますよね。そんなマウンティング女子の自分自慢を黙らせる方法は、相手に喋らせる前に褒めることです。

マウンティング女子は周りからも羨望の目で見られたり、うらやましがれることでとても満足するのです。自分からそういった話題に振っていかせないようにするためには、こちらからマウンティング女子を褒めまくりましょう。

そうすればきっと自分自慢をアピールする機会を失ってしまうので、自然とマウンティング発言をしなくなってくるはずです。

その発言にイラっときた!マウンティング発言されてしまったときの対処法

マウンティング発言をされると、イラっときますよね。そんなとき、相手の意見を否定するような発言をしたら大変。マウンティング女子はさらにヒートアップしてあなたにマウンティング発言を浴びせてくるでしょう。

そんな時の上手な対処法は、相手が言ったことを素直に聞くことです。

例えばあなたが着ているファッションについて嫌味を言われたら、「そうだね、教えてくれてありがとう」とさらりと受け流してみましょう。マウンティング女子は自分の言動が認められたと思ってそれで満足するはずです。

我慢も限界!時にははっきりということも大切!

こちらが我慢しているにもかかわらずマウンティング発言を一向に辞めない人。どうしても我慢できない時は、はっきりと指摘してあげることも大切ですよ。その時も相手をあまり傷つけないようにさりげなく指摘してあげられるといいですね。

「マウンティング」や「格付け」という言葉が一般的になったからこそ、軽く「マウンティング(格付け)してない?」と相手に言うこともできると思いますよ。

対処法さえわかれば、もうマウンティングは怖くない!

女性なら他人と比べて自分の境遇や幸せを推し量る気持ち、よくわかると思います。もしかしてあなた自身も無意識のうちにマウンティングしていることだってあるかもしれないのです。

これからもマウンティング女子と接する機会は出てくるでしょう。マウンティング女子の対処法を知っておけば、ちょっとのマウンティング発言にも動じなくなるはず。そうすればマウンティング女子を恐れずに上手く付き合えるようになりますよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント