• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

むくみの原因を知って朝や生理時のむくみ顔も一気に解消

Date:2013.02.05

むくみは体が発するSOSです!

暴飲暴食や睡眠不足がつづくなど不規則な生活をしていると、肌にトラブルが起きやすくなります。朝、起きたら顔がパンパンにむくんでいたという経験がある方も多いと思います。むくみは体が疲れた時のSOSのサインです。

人間は、年をとるにつれて新陳代謝が悪くなり、体力が落ちてきます。そんな時、不規則な生活が続くと、大量の水分が体の皮下組織や細胞に溜まってしまいます。これがむくみの原因になるのです。

改善するには、規則正しい生活と、栄養バランスの摂れた食事をする事です。十分な睡眠をとって、体の疲れがとれれば、自然に肌も元気になっていきます。むくみは一過性のものと、病気が原因で起こるむくみがあります。

夕方に起きる足のむくみは一過性のものですが、前の晩、お酒を飲みすぎた訳でもないのに、朝に顔がパンパンに張ってしまうという方は、腎臓や甲状腺の機能が落ちている可能性もあります。症状がひどい場合はこの際医師の診断を受けましょう。

生理前をスッキリ顔で過ごすコツ

女性の体は、生理前になると、むくみやすくなります。この時期のむくみは。月経前症候群(PMS)と呼ばれる症状の1つで、ホルモンバランスの変化によって、体内に水分を溜め込みやすくなるのです。

人によっては体重が1~2キロ増える場合もあります。生理前のむくみを、太ったと勘違いする方もいるかもしれませんが、顔がむくむのも、体重が増えるのも、余分に溜め込まれた水分のせいです。生理が始まれば解消されるのでご安心を。

また、生理の直前は、まぶたがむくみやすくなります。何より夜更かしは禁物ですよ!食生活も、カップラーメンやスナック菓子などのジャンクフードは避け、消化の良い食べ物を、腹八分目におさえるのがポイントです。消化器を休め、肝臓、腎臓の働きを高める事が、むくみ予防に繋がるのです。

オフィスで簡単なむくみを解消するとっておきのワザ

むくみは女性特有の「冷え」とともに関係があります。体が冷えると水分代謝が悪くなり、むくみを助長することになります。普段から冷たい食べ物、飲み物を避け、体を温めるように心がけましょう。

空調のキツイオフィスに1日中いるような方は、夏でもカーディガンを羽織ったり、冬は厚手のストッキングやタイツなどを履く等して、自衛策をとるようにしましょう。

オフィスにいて「冷えたな」と感じたら、むくみが始まっているサインです。そんな時は、ホットの缶コーヒーを買ってきて、背中にゴロゴロ転がしてみましょう。

背中を暖めると、腎臓の働きが活発になり、利尿効果が促されます。背中に使いすてカイロを当ててもOKです。背中をトントンとたたくだけでも効果があります。リフレッシュタイムも兼ねて、まめに冷えを解消するのがむくみ予防のコツです。

この記事をシェアする

関連記事