• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

キレイに塗ったネイルを1日でもキレイにキープする方法

Date:2013.12.16

ネイルサロンで塗ったネイルや、自分で苦労したネイル。とてもキレイに塗ってあるネイルはできるだけ長くキープしておきたいですよね。爪はキレイにケアをしてあれば女性らしく、美しいものですが、色が剥げているだけでも清潔感に欠けてしまいます。

でも、常にネイルを美しく保つというのは、難しいものです。ネイルを少しでも長く、そして美しく保つには、どういったことに注意して、どういったケアをすればよいのでしょうか?

ネイルを塗ったばかりに注意

ネイルを塗った後1時間は物に触らないことがベストです。塗ったばかりは何かにぶつかったり、触ってしまうとネイルは剥げやすくなります。ドアを開ける時、物を取る時などは十分に注意して、爪に物が当たらないようにしましょう。

家事は手袋をつけて

一番ネイルが剥がれやすいのは、水仕事などの家事です。バスルームの掃除やお皿洗いなど水に手をさらし、スポンジなどを使って仕事をしていると、爪の先からネイルが剥げていきます。できるだけ、手袋をして仕事をするようにしましょう。

ハンドクリームを塗って、お湯で水仕事をすれば、ハンドケアにもなりますね。また、水仕事をした後は、必ず爪までクリームを塗ってケアをするようにしましょう。

また、窓の桟や部屋の隅など、細かい場所の掃除をする際には、道具を使いましょう。割りばしや歯ブラシなどを利用すると、手を使わずにすみますね。

日常生活の中ではネイルを意識する

日常生活の中では指や手を使うことはとても多いものです。それだけネイルも剥げやすくなります。物を触る時には指の腹で触るようにする、物をぞんざいに扱わず優しく扱う、など爪に負担がかからないように意識しましょう。

ちょっと注意を払うだけで、爪への負担が軽くなります。

爪には毎日オイルを塗る

毎日爪にはオイルを塗ってマッサージをしましょう。爪の生え際、爪の両サイド、爪の表面などを刺激すると、血行もよくなり爪の健康にも役立ちますよ。

さらに余裕があれば、指のマッサージも行いましょう。爪の健康のためには、手の健康も大事です。指や手をよくもみほぐして、美しい手を目指しましょう。

3日に一度はトップコートを塗り直す

ネイルサロンに行く頻度としては、週に1回か10日に一度ですよね。それまでは自分でネイルカラーが剥げないようにケアをすることが必要です。3日に一度はトップコートを塗りましょう。それだけで、ネイルカラーの持ちが違います。

自分でネイルを塗る時のコツ

自分でネイルと塗る時には、次のことに注意して塗りましょう。

  • 爪の表面はキレイに磨くこと。凸凹していると、ネイルが剥がれやすくなります。
  • ベースコートを塗ること。キレイに塗るためには、ベースコートが重要です。
  • ネイルは最低でも2度塗りをしましょう。
  • トップコートを必ず塗りましょう。
  • 完全に乾くまで、爪に触らないようにしましょう。

ネイルカラー選びのコツ

好みのネイルカラーはあると思いますが、どうしてもその週はネイルケアができそうもない、という時には少しくらいが剥げても目立たないネイルカラーを選びましょう。ベージュやピンクベージュなどがおススメです。

または、その週だけはカラーを使わずに、磨いてもらうだけ、もしくは透明のネイルを塗ってもらうといいでしょう。また、爪の先に重ね塗りをするフレンチネイルをすると、爪の先のネイルは剥げにくくなります。特にラメ入りのネイルは丈夫ですよ。

爪の先が剥げてしまった時の応急処置

爪の先はネイルカラーが剥げやすいものです。そんな時には爪の先端にフレンチネイルのようにネイルを重ね塗りしましょう。スポンジでポンポンと塗っていくと失敗がないですよ。シルバーのネイルカラーやラメ入りのカラーを使うと、キレイです。

またはシールなどで応急処置をするのもおススメです。シールの上からトップコートを塗るのも忘れずに。

ジェルネイルを利用する

マニキュアよりも長持ちするジェルネイルというものがあります。ジェルネイルとは、ゲル状の樹脂をUVライトを当てて固めるもの。ネイルが剥げてしまうのは気になる人は、こういったジェルネイルもおススメです。

装着感も軽くて違和感もないネイルで、人気があるようです。透明感が高くて、ツヤがあり、そのツヤが長持ちするのも人気の理由です。自分でできるのも、便利ですね。

この記事をシェアする

関連記事