• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

毎年悩む人が続出!子供の写真が入った年賀状って本当にダメなの?

Date:2014.04.25

毎年、年賀状の季節になると「子供の写真が入った年賀状って送ると嫌がられるのかな?」「子供の写真入り年賀状なんていらない。」などとネット上などで話題になっています。

中には「迷惑になるようなら…。」とあえて子供の写真を入れないようにしている人もいるようですが、実際は「嫌がられるもの」と「微笑ましく見てもらえるもの」があるようです。

どうして子供の写真はダメなの?

子供の写真が迷惑だと言う人の理由は様々。

そもそも子供の写真に興味が無いという人もいれば、子供が欲しいのにできない状況で素直に見られないという人も。中には「可愛くもない他人の子供の写真なんて全部迷惑!」という人もいますが、多いのは「こんな年賀状ならいらないと思うものと、何とも思わないものがある。」という意見です。

迷惑がられるケースにどんなものがあるのかチェックしてみましょう。主なものをまとめてみました。

1.それほど仲の良くない上司・同僚や会社の取引先など、ビジネス上の相手への送付。2.子供の写真ばかり何枚も並べたもの。

3.メッセージも何も書いていないもの。

4.メッセージは書いてあるが、「子供が○○の大会に出ました。」「子供が××の賞を取りました。」などの子供自慢や成長報告ばかりのもの。

他にも、「子供の名前の横に年齢を書く必要性が分からないし、興味もない。」「ある程度可愛い子供の写真だけにして欲しい。」「友人からの挨拶状なんだから、子供の写真だけ送られても趣旨が違う。」などの厳しい意見もあるようです。

セーフな年賀状ってどんなもの?

嫌がる人もいる中で、それでも子供の写真を入れたいと思うのが親心。受け取る側も「なかなか会えない友達の子供の成長が見られて嬉しい!毎年楽しみにしている。」という人が少なからずいます。

写真入り年賀状を作るなら、「子供の写真入り年賀状反対派」にも「これならセーフ」だと思ってもらえる可能性が高くなる年賀状のポイントを押さえておきましょう。

1.普段から子供の話をするような相手にだけ送る。2.子供の写真だけではなく、家族写真(自分が写っているもの)も入れる。

3.メッセージに子供の成長を書くのは親族のみとし、友人などには子供の事ではなく自分の事などを書く。

どれだけ気を付けていても、やっぱり迷惑に感じる人はいるかもしれません。万人ウケするものをと思うなら無難にイラストなどの年賀状にする方が確実ですが、個人的にはあまり神経質になりすぎずに自信を持って年賀状を楽しむのもいいのではと思います。

この記事をシェアする

関連記事