• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

小顔美人な女性はみんなやっている?ポリバケツ体操でフェイスアップ!

Date:2012.05.22

リフトアップ

年齢と共に気になり始めるのが二重あご!小顔モデルは、自然に美しいのでしょうか?ァッションモデルのローラさんを、あなたはご存知ですか?

雑誌「ViVi」のモデルだけでなく、テレビではタレントとして多数出演し、Twitterでも大人気です。


彼女は、会話の直後にあごをふくらませて、たこ焼きのような仕草をすることが特徴です。このあごをたこ焼きのようにふくらませるのは、あごのたるみを解消するダイエット法になります!

小顔美人は努力を惜しまないものです。表情筋を鍛えることによって、二重あご解消や、顔痩せ効果があります。そこで、二重あご解消体操や頬のたるみ解消トレーニング法などを、ご紹介いたします。

ポリバケツ体操の仕方!

「ポリバケツ体操」は、二重あごが気になる方におすすめの、二重あご解消法です。二重あご解消法は、普段使用していない表情筋を鍛えるだけの、とても簡単な運動です。

二重あごを解消すると、全体的にフェイスラインが引き締まり、小顔になります。小顔になると全身痩せて見えるので、痩せて見られたいという方は、ポリバケツ体操を行いましょう。

まず、大きく口を開けてください。顔を上下に向けながら、「ポ」・「リ」・「バ」・「ケ」・「ツ」と、一文字ずつゆっくり発声しましょう。ポイントは、10~15秒くらいかけて、ゆっくりと行うことです。

外で休憩タイムに行う場合は、声を出さずに行いましょう。大きな口をあけ筋肉を鍛えることが重要で、発声しなくても効果があります。表情筋を動かし、あごのラインを引き締めるように意識しながら行ってください。

ポリバケツ体操は、バスタイムやお風呂上りに行うと、筋肉がほぐれるので、筋肉に負担をかけずに行うことができます。

「ポ・リ・バ・ケ・ツ」でなく、「あ・い・う・え・お」と発声する方法でも構いません。二重あごを解消する体操は、表情筋を大きく動かすことで、あごのラインを引き締めます。1日3~10回くらい行いましょう。

簡単なので、毎日続けられます。体操だけでなく、柔らかい食べ物より硬いものを食べたり、食べ物をよくかんだり、あごを使う習慣をつけることも、二重あご解消に効きます。

頬のたるみ解消トレーニング法

  1. まず、口を閉じてください。
  2. 唇を5秒間かけ、ゆっくりと前方に突き出しましょう。
  3. 次に、頬を5秒間かけて、ゆっくりと吸い込みます。この状態を、5秒間保ちましょう。
  4. 唇を前方に突き出したままの状態で、ゆっくりと頬に空気を入れてください。頬をふくらませたままの状態を、5秒間保ちます。
  5. 頬の空気を右側だけふくらませ、5秒間たこ焼きの状態を保ちましょう。
  6. 左も同様に、5秒間たこ焼きの状態を保ちます。
  7. 最後に空気をゆっくりと吐き出し、元の状態に戻します。

このトレーニングを、1日5回繰り返し行ってください。頬の内側から頬の筋肉を刺激することで、たるみを解消することができます。約3週間ほどで、トレーニング効果があらわれます。頬のたるみがとれ、あごのラインがすっきりし、小顔になります。

毎日短時間でできるので、お風呂上りなどのリラックスタイムに、「ポリバケツ体操」と「頬のたるみ解消トレーニング法」で、小顔美人を目指しましょう!

この記事をシェアする

関連記事