• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

何とかしたい…繰り返しできる大人ニキビは正しい洗顔方法で改善!

Date:2017.01.24

繰り返し出来る大人ニキビの悩み、何とかしたいですね。

大人ニキビはそれまでのニキビとはちょっと出来る原因が違います。だからこそ、大人には大人のケア方法が必要です。

それには洗顔方法が大事!洗顔は毎日しますよね。正しい洗顔をしないとニキビが悪化してしまうこともあるのです。

ニキビが出来てしまった時はもちろん、出来ないようにするためにも正しい洗顔法をマスターしましょう!


大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人になってもニキビがブツブツ…。10代の頃は薬を塗って一晩寝れば治ることもあったのに、大人になったら繰り返しできて困っている人も多いのではないでしょうか。

10代の頃の思春期ニキビと大人になってからのニキビは原因が違うのです。

乾燥と毛穴のつまりが大きな原因

大人ニキビは思春期ニキビと違い、皮脂が出過ぎることだけが原因ではありません。皮脂は出過ぎてもそれだけではニキビになりません。

毛穴が詰まってアクネ菌が繁殖することでニキビが出来るのですが、この毛穴の詰まりは、

  1. 毛穴周辺の角質が厚くなる
  2. 肌が乾燥しているために皮脂が過剰に分泌される
  3. 角質と皮脂が混ざって角栓を作る

という過程を経て起きるものです。

ですから、大人ニキビを防ぐには、毛穴をいかにして詰まらせないかということが重要になってきます。

大人ニキビは治りにくく繰り返す

大人ニキビの物理的な原因は、

  • 毛穴の詰まり
  • 乾燥

です。

それに加えて、ホルモンバランスの乱れやストレスなども原因となるため、治りにくく何度も繰り返し出来るというのも特徴の一つです。

生理前は特に出来やすい

そういえば生理前になるとブツブツとニキビが出来ることが多いなと思いませんか。

これは排卵日以降、次の生理開始までプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増える黄体期に当たり、水分や脂肪分を溜め込む時期でもあるからです。

このホルモンバランスがニキビが出来やすくなる原因のひとつなのです。

大人ニキビが出来ている時の洗顔方法

大人ニキビで大事なのは、予防すること!とにかく出来ないようにするためにはどうしたらいいか、その対策としては毎日行う洗顔方法を見直すことが一番です。

出来てしまった場合も、正しい洗顔をすることで、悪化させずに早めに治すことも可能です。

洗顔の前にしっかり手を洗うこと

手に雑菌がついているとニキビが悪化します。顔を洗う前に手をしっかりと洗って、雑菌を落としておくことが必要。

意外と忘れがちなポイントなので、覚えておいてくださいね!

正しい洗顔方法の順序をマスター!

洗顔は毎日するものですから、正しい方法で行うことがとても大切です。洗顔の仕方一つで肌の状態は大きく変わってくるんですよ!

シミやシワを防ぐことにもつながるので、正しい洗顔法でキレイな肌を保ちましょう。

<正しい洗顔の方法>

  1. ぬるま湯で顔を濡らします。
  2. 洗顔料または石鹸をしっかりと泡立てましょう。顔に乗せた時に手が触れないくらいのたっぷりの泡を作ります。
  3. Tゾーンに最初に泡をのせる
  4. それから頬と顎と口の周り、最後に目の周りとトータル1分くらいで洗いましょう。
  5. しっかりとすすぎます。髪の生え際なども忘れずに
  6. タオルで優しく水分を拭き取ります。
顔を洗ったらすぐに化粧水などで保湿しましょう!水分を拭き取った直後から乾燥していきますから、夜は浴室の中でスキンケアをしてもいいくらいです。

洗う順序は脂っぽいところから

しっかり洗おうとして洗いすぎると必要な皮脂まで取ってしまうので、

  • あまり長時間泡をのせていないこと
  • 脂っぽい鼻や額から洗うこと

がポイントです。

ごしごしとこすらないで洗う

洗う時や拭く時にごしごしこすらないこと!これが鉄則です。とにかく刺激を与えないことが大事なんですよ。

特に炎症を起こしてしまった赤いニキビはつぶさないように注意しないといけません。たっぷりのきめ細かい泡を作り、泡を転がすようにして洗います。

タオルも出来るだけ肌にやさしいものを使って下さい。洗った後は肌が柔らかくなって傷つきやすくなっているので、タオルでこすってはいけません。

水分を吸わせるような感じで優しく拭き取ります。

大人ニキビを改善するための洗顔のポイント

大人ニキビは繰り返しできるからイヤですよね。でも、洗顔方法を見直せば、だんだん肌の状態は改善されていきます。

洗顔で肌質を改善するためのポイントをお伝えします。

洗顔をする意味をおさらい!

洗顔は顔の汚れを取るためのもの。また、古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常にしていくという意味もあります。

  • メイクの汚れ
  • ホコリ
  • 皮脂
  • 角質

などが残っていると、そこに菌が繁殖してニキビになります。

また、ニキビだけでなく、あらゆる肌トラブルの原因になりますから、肌にとって不要なものはキレイに落とす必要があるのです。

朝は肌質に合わせて洗顔方法を変える

汗をかきやすい時期など、オイリーな時は石鹸や洗顔料を使って泡の力で汚れを落とします。

乾燥肌や敏感肌の人、普通肌の人もは軽くぬるま湯で洗うだけで十分です。汗をかく季節など、べたつきを感じる時だけ洗顔料を使えば十分でしょう。

大人になると季節によって肌質が変わることも多いと思います。ですから1年中同じ化粧品ではなくて、その時々の肌の状態に応じた洗顔料選びが大事になってきます。

そのためにも、自分の肌の状態を把握しておくことが大事ですね。

夜はしっかりと汚れを落とす

1日メイクが乗っていた肌は、汚れも当然ついていますし、皮脂で毛穴も汚れています。

それが詰まるとニキビの元になりますから、毛穴の中の汚れまでしっかり落としましょう。

かといって強い洗浄力のあるクレンジングや洗顔料は必要ありません。

毛穴を開かせるには湯船にしっかりつかって蒸気を顔に当てたり、時間のない時は蒸しタオルを使って毛穴を開きましょう。

それから洗顔すると、毛穴の中までしっかり汚れを落とすことが出来ますから、ニキビを予防できます。

洗顔に熱いお湯を使わないこと

顔を洗う時にどのくらいの温度のお湯で洗っているでしょうか。シャワーを浴びながら、そのまま顔に当てる、というのは一番やってはいけないことなんです。

体にちょうどいい温度では顔には熱すぎるのと、シャワーの水圧は皮膚の薄い顔には刺激が強すぎます。

お湯の温度は32度前後のぬるま湯にし、顔を洗う時は手でお湯を顔にかけるようにして洗います。

最後に水を使って洗うと毛穴が引き締まって過剰な皮脂分泌を抑えてくれます。

洗いすぎない!洗顔は1日2回まで

ニキビが気になって1日に何度も洗顔してしまう人がいますが、それは逆効果です。特に脂性肌の人は注意してください。

皮脂が出ているのは実は乾燥しているから、という場合が多いのです。頬は乾燥しているのに、

  • Tゾーン
  • 顎周り

だけ脂っぽくなっていませんか。

ただでさえ乾燥しがちな大人の肌の必要な皮脂まで取りすぎてしまい、余計に皮脂が出てきてしまう可能性があるからです。

オイリー肌なのに乾燥する混合肌になってしまうのは、洗い過ぎが原因の一つです。

洗顔の後の保湿も大事!

べたつくのがイヤだからと、何も塗らなかったり、化粧水だけで済ませてしまったりすることがあると思いますが、これはいけません!

大人のニキビ肌こそ保湿が大切です。化粧水や美容液もニキビ肌用のものを使ったり、保湿効果の高いものがおすすめです。乳液またはクリームでしっかりと蓋をすることも忘れずに。

大人ニキビにおすすめの洗顔料

ニキビが出来やすい人やニキビが出来ている時は、それに適した洗顔料を使うことも早く治す方法の一つです。

大人ニキビにおすすめの洗顔料の選び方をご紹介します。

石油系界面活性剤が入っていないもの

洗浄力が強すぎるのでニキビにも良くないですが、肌を乾燥させたりくすみの原因にもなるので、石油系の洗顔料は使わない方がいいでしょう。

洗い上がりはさっぱりしていますが、肌への刺激が強すぎるのです。

◆アミノ酸系洗浄成分の薬用クリアウォッシュ(オルビス)

たっぷりの泡が毛穴の奥までしっかり洗い上げます。アミノ酸系の洗浄成分なので肌にやさしく、浸透型コラーゲンで肌をふっくらさせる洗顔料です。甘草エキス配合。

価格:1300円
容量:120g

【新理論のニキビケアシリーズ】クリアシリーズ – ORBIS
https://www.orbis.co.jp/small/1101100/

ニキビ用の有効成分が入っているもの

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)など、消炎作用のある成分が入っているものがおすすめです。

グリチルリチン酸は漢方でも使われる甘草の根から抽出されるもので、甘草エキスと表示されている場合も。

◆大人ニキビのためのルナメアAC

有効成分にグリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステルを配合。保湿にこだわった大人ニキビのための洗顔料です。

価格:2268円
容量:120g

シンプルな昔ながらの固形石鹸

ニキビが軽いうち、もしくは予防のために使うなら昔ながらの余計なものが入っていないシンプルな固形石鹸もおすすめです。

合成界面活性剤が入っていない純石鹸はただ汚れを落とすだけで、肌に負担をかける成分が入っていません。

◆牛乳石鹸

日本人に昔から愛されてきた牛のマークの石鹸。赤箱と青箱があり、赤は保湿効果が高いタイプ、青はさっぱりタイプです。もちろん顔だけでなく全身に使えます。プチプラなのも嬉しいですね。

価格:100円
容量:100g

カウブランド 赤箱 – 牛乳石鹸共進社株式会社
http://www.cow-soap.co.jp/web/products/brand/akabako/regular-size/

ピーリングは肌状態をみながら

ニキビケアやニキビ跡をキレイにする方法の一つとして、

  • グリコール酸
  • サリチル酸

配合の化粧品を使ったピーリングがあります。

洗顔料でもピーリング効果のあるものがありますね。ニキビ用化粧品で有名なプロアクティブにもグリコール酸が配合されています。

たしかに、ニキビがすっきりキレイになるという口コミもありますが、大人ニキビの場合は肌の状態によって合わない場合があります。

ピーリングは無理矢理古い角質層をはがすことで新陳代謝を促す方法ですから、肌の状態を見極めないと逆に乾燥がひどくなり、ニキビが悪化することもあるのです。

安易にピーリングでセルフケアをしようとするのはニキビに良くない可能性もあるので、ピーリングをしたい人は1度皮膚科に相談した方が良いでしょう。

◆サリチル酸配合のファーストクラッシュ

これ1本で洗顔と化粧水、美容液までのケアが出来てしまうというオールインワンコスメ。泡立たないタイプの洗顔料です。

口コミを見ると、ニキビの炎症を止めるというよりは、ニキビを出来にくくする、ニキビ肌自体を改善していく、という効果があるようです。

価格:3714円(トライアルセット)
容量:180g

新発想 洗顔によるニキビ予防 ファースト クラッシュ 3-in-1
http://nono-nikibi.jp/fc001/pt01_3978.html

大人ニキビをこれ以上悪化させないために

ニキビが出来てしまったら、1日でも早く治すためにそれ以上悪化させないことも大事です。そのための対策をしっかりしていきましょう。

ニキビ悪化させない化粧水選びも重要

ビタミンCはその抗酸化作用でニキビを予防してくれるので、もちろん食事でも積極的に摂って欲しいですが、化粧品でもビタミンC誘導体配合の化粧水をおすすめします。

毛穴に詰まった皮脂の酸化を抑え、引き締めてくれる効果もあります。

また、セラミドやヒアルロン酸入りの保湿効果の高い化粧水もおすすめです。皮脂が過剰に出るということは肌が乾燥していて保湿が足りないことが多いからです。

◆ローズエステリッチローション

2種類のビタミンC誘導体とコメ発酵液やプラセンタ、セラミドなどを贅沢に配合した化粧水。大人ニキビを予防しながら保湿も叶えてくれる化粧水です。

価格:5000円
容量:155ml

ローズエステリッチローション(化粧水) – ブルークレール国産無添加化粧品
https://www.blcl.jp/products/detail6.php

紫外線対策はしっかりと!

紫外線を浴びると肌を守ろうとして活性酸素がたくさん作られます。これが体を酸化させる元。

ですから、シミだけでなくニキビ対策としても日焼け止めは必須です。

真夏だけでなく春や秋も紫外線の量はかなり多いですから、必ず日焼け止めを塗って外出するようにしてくださいね。

食事や睡眠にも気を使って

そもそもニキビが出来るということは、食生活が乱れていたり、睡眠不足だったりすることが多いもの。まずは規則正しい生活を心がけましょう。

お肌は食べたもので出来ていますから、

  • ジャンクフード
  • コンビニ弁当

ばかり食べていたら肌は荒れてしまいます。

でも忙しいと、頭では分かっていてもそれが出来ないこともありますよね。

場合によってはニキビ用の市販薬も併用しながら、毎日は出来なくても野菜や果物をたくさん食べ、よく眠ることを心がけてください。

頑固な大人ニキビこそ地道なケアが必要

大人のニキビは思春期ニキビと違って、とてもデリケート。毎日の地道なスキンケアがとても大事なんです。

ストレスが続いていたり、疲労を感じやすい人ほど、丁寧な洗顔で大人ニキビを予防して欲しいと思います。

今はニキビがあっても大丈夫!安心してください。肌は必ず生まれ変わります。肌は丁寧にお手入れしてあげれば必ずそれに応えてくれます。

ニキビの出来ない肌を目指して、毎日の洗顔を丁寧に行っていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント