• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ニキビの原因は乾燥!?保湿ケアの間違いが引き起こす肌トラブル

Date:2015.02.14

shutterstock_108410105_
肌トラブルのお悩みで1、2を争うものといえばニキビ!大人になってからできるニキビはなかなか治らない上にようやく治ったと思えばまた同じ場所にできる厄介な存在です。

ニキビと言うと「油分は大敵!洗顔で徹底的に皮脂を落とす!」というイメージがありますが、大人ニキビの場合は皮脂の落としすぎが原因というケースがほとんどで保湿ケアを見直すだけでニキビは見る見るキレイになります。ニキビと乾燥の関係と正しい保湿ケアのやり方を見てみましょう。

ニキビができるメカニズムとは?

20歳を過ぎたら吹き出ものなんて言われていますが、10代のニキビも大人になってできるニキビもメカニズムは同じです。ニキビができる理由が違うのです。

まずはニキビができるメカニズムから見ていってみましょう。

1.過剰な皮脂が毛穴につまって、皮脂をエサにするアクネ菌が毛穴の中で繁殖する
2.増えすぎたアクネ菌に反応した免疫システムがアクネ菌を攻撃、毛穴が炎症を起こしてニキビになる

ニキビは早めのケアが肝心!

いわゆる白ニキビや黒ニキビは1の段階、炎症が起きる前に正しいケアをすれば炎症が起きた赤ニキビや化膿した黄ニキビまで悪化せずに済みます。

大人の肌は10代の頃と比べて回復力が落ちているので赤ニキビや黄ニキビが長引くとニキビ跡ができやすくなるのでニキビの元と言える白ニキビや黒ニキビを発見したらスキンケアを見直してみましょう。

ちなみに、アクネ菌は常在菌と呼ばれる常に肌にいる菌で、過剰に増えない限りは肌を清潔に美しく保ってくれています。アクネ菌がニキビを作る悪者にされがちですが、大切なのはアクネ菌退治ではなく肌のバランスを整えてあげることです。

年代によって違う毛穴がつまる原因

上を見るとわかるように、ニキビの原因は年齢に関わらず毛穴につまった皮脂です。早い話が毛穴に皮脂をつまらせなければニキビはできないのです。

10代の場合、成長ホルモンの関係で皮脂が過剰に分泌されて毛穴につまるので10代向けのニキビケアアイテムは皮脂を取り除くことに特化したものになっています。

逆に20代以上の大人ニキビの場合、テカりが気になる肌質でも乾燥肌でも毛穴がつまる原因は乾燥というケースが多いので10代と同じニキビケアでは皮脂を取りすぎて乾燥を悪化させます。

皮脂と乾燥と大人ニキビの関係

皮脂には「乾燥や摩擦などの刺激から肌を守る」と言う大切な役割があります。肌表面が皮脂膜で守られているから肌内部の水分が蒸発せずに時間がたってもうるおいが保たれています。

そのため、必要以上に皮脂を取り除いてしまうと肌は乾燥します。すると肌は乾燥を悪化させないために皮脂をどんどん出して皮脂過多になるか、剥がれ落ちるはずの角質をためこんで角質層を分厚くして肌を乾燥から守ります。

皮脂過多になれば余分な皮脂が毛穴につまりやすくなり、古い角質をためこむと毛穴をふさいで皮脂が押し出されずにつまってしまいます。こうしてニキビができるというわけです。

ニキビを作らない!正しい保湿ケア

ニキビケアを第一にした保湿ケアは水分量と油分量のバランスを整えてあげることが重要。理想的な肌の状態は時間がたってもカサつかずベタつきもなくしっとりしている肌です。皮脂腺が多いTゾーンは多少テカっていても問題ありません。

肌の状態別にどんな保湿ケアがおすすめかをまとめました。

カサカサが気になる乾燥肌

化粧水でしっかりうるおい補給した後は乳液やクリームでうるおいを逃さないようにフタをしてあげましょう。

カサカサするほど乾燥している肌はバリア機能が低下してニキビ以外の肌トラブルも起きやすい状態、できるだけ肌に負担がかからないスキンケア製品を選んで肌を労わってあげてください。

肌を触ると硬い、ゴワゴワする

古い角質がたまっていると毛穴がふさがれる上に化粧水の浸透が悪くなるのでまずはピーリングがおすすめ。AHAやサリチル酸配合のマイルドピーリングで古い角質を優しくオフします。

ピーリングをした後はたっぷりの化粧水でしっかりうるおい補給してあげましょう。ピーリングは週1回程度が目安、それでも肌に刺激を感じるなら化粧水を含ませたコットンでふき取るだけでも角質を取り除けます。

Tゾーンはテカるのに口元は乾燥する混合肌

うるおい不足で皮脂過多になっている可能性が。余分な皮脂を洗顔で取り除いてから化粧水でうるおい補給、乳液やクリームはテカりが気になる部分だけ少し薄く付けて余計な油分を肌に与えないようにします。

テカりを抑えるために洗浄力の強い成分で洗顔したり、乳液を使わないでスキンケアを終了すると乾燥が悪化して余計に皮脂が出てしまうので要注意。

ニキビができやすい、毛穴がつまりやすいという場合はベースメイクのアイテムにもちょっと気を使ってみると良いですよ。

油分の多いリキッドファンデは避けてパウダリ―タイプのものを選ぶようにして、ノンオイルやノンコメドジェニック(毛穴をつまらせない)のものを選ぶのがおすすめです。

いかがでしたでしょうか?大人ニキビは皮脂を取り除くだけのケアでは足りないどころか余計に悪化させてしまう可能性があるので、まずは保湿ケアを見直して肌の様子を見てみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事