• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気が付けば二の腕シェイプアップ!効果的な歩き方を紹介

Date:2012.07.13

ダイエットしてもなかなか引き締まらない二の腕。実は歩き方を変えるだけでOKなのです。

なぜ二の腕は痩せにくいのか

ダイエットに成功し、体重や体脂肪が減ってスリムになった場合でも、なぜか二の腕だけはプルプルのままという事はありませんか?

下手にサイズダウンさせても、かえってそのたるみ具合が目立ってしまって腕を露出するのを躊躇してしまう時があります。なぜ二の腕はこれほど痩せにくいのでしょうか。

二の腕を支えているのは、「上腕三頭筋」という筋肉です。この筋肉は使わないと限りなく弛んでしまい、また、使い過ぎるとムキムキになってしまうという調整が難しい筋肉なんですね。

腕立て伏せや筋トレは、二の腕を引き締めるのには一番いい運動方法です。しかし、ひとつ間違えると、肉体労働者のような硬くて盛り上がった質感を表現してしまいます。

男性ならいいですが、やはり女性はすらっとまっすぐ引き締まった二の腕の方が魅力的ではないでしょうか。また、できればキツい運動はしたくないですよね。

では、女性らしい二の腕の筋肉を作るにはどのような方法がいいのでしょうか。よく通販などでも見かける、ブルブルと振動するベルトタイプのマシンも効果はありそうですが、実は日頃の何気ない行動を意識するだけで簡単に引き締める事ができるのです。

腕を後ろに振り上げる歩き方と壁押し

日々の通勤や歩くときの腕の振り方ひとつで、自然に二の腕を引き締める事が可能です。意識するのは、腕を後ろに振る時です。肩から二の腕にかけて少し力を入れて後ろへまっすぐ振るように歩いてみて下さい。

きゅっと引き締まるのが感じられるはずです。この歩き方の利点は、二の腕の引き締めはもちろん、姿勢の悪さからくる肩こりまで解消できるという事です。

また、背筋が自然とピンと伸びて歩幅も大きくなり、歩いている姿もとても毅然として美しく見えます。この歩き方は、うつむいたままではできず、自然と顔も上向きになるのです。

しかも、背中についた余分な肉を消耗させるのにも効果があります。この方法は無理に後ろ側へ振ろうとしなくても、いつもより少しだけ腕を振る角度を大きく意識するだけでOKです。

そして、できればもう一つ行うといいのが、壁やテーブルをまっすぐに腕を伸ばして押すという運動です。

実は私達は普段の生活で物を持つという行動はよくしますが、何かを押すという動作はあまりしません。

物を押す時にはこの上腕三頭筋に力が入り、筋肉の刺激となります。ただ、この運動は肩に余計な力を加える事にもなりますから、あまり力まないようにしましょう。わずかな力でも効果はあります。

この記事をシェアする

関連記事