• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

妊娠を望む人なら知ってる栄養素!葉酸のその効果とは?

Date:2012.12.06

女性の永遠の憧れといえば、結婚そして出産。出産は女性だけが体験できることですし、結婚と違って年齢による制限も多少あります。
誰もが経験できることではないので余計に女性の妊娠・出産へのあこがれは高まります。

経験者から壮絶な出産秘話を聞いたとしても、そのあこがれが弱まることはありません。むしろ人間の神秘や女性の強さを聞いて感動すら覚えてしまうものです。さてそんな妊娠・出産にとても大事な栄養素があることをご存知ですか?

ズバリ「葉酸」です!聞いたことがある人も多いと思います。もしかして、「聞いたことはあるけど・・・詳しくは知らない」という人もいるかもしれませんね。いつか来る妊娠・出産に向けて、今からでも遅くはありません。知ってて損はない葉酸のことを知っておきましょう。

葉酸の効果とは?

葉酸が持つ効果は、「赤ちゃんの神経感閉鎖障害発生のリスクを低減させる」ことです。神経管閉鎖障害とは脳や脊髄の起こる先天性の異常のことです。発生の割合はとても低いものですが、食生活などの変化から今後起こる可能性が増えるかもしれないという予想が立てられています。

予防に越したことはなく、近年では厚生労働省でも喚起を呼びかけています。そのくらい、重要なものということが分かりますね。また細胞増殖に必要なDNA合成にも効果を発揮します。赤ちゃんが猛烈な勢いで細胞分裂を繰り返すので、健康体をつくるためにも葉酸はとても大事な栄養素になります。

妊娠してからではなく、今から摂ろう

赤ちゃんが葉酸を必要とするのは妊娠12週目あたりだそう。これは赤ちゃんの神経系が出来る期間だそうです。妊娠が発覚するのが、一般的に2・3ヶ月なので、少し気付くのが遅いと最も葉酸を摂りたい時期を逃してしまうことになります。

ですので、現在妊娠している人だけでなく、妊娠予定の人、もしかして妊娠したかもしれないという人は積極的に葉酸を摂っておく必要があります。葉酸の摂り過ぎによる影響は現在、報告されていませんので安心してください。

さて葉酸を摂ろう!何を食べればよい?

葉酸の効果・必要性については十分理解していただけたと思います。ではいざ葉酸を摂るにあたって、一体何を食べれば効果的に摂取できるのでしょうか?

葉酸は文字通り、葉を食べる野菜、一般的にはほうれん草などに多く含まれています。緑黄色野菜を摂ればよいと考えておけば簡単です。また、肉類ではレバーに多く含まれます。苦手な人も多い食材ですが、今から克服できる人はしておくと今後の妊娠計画に大いに役立ちますよ!

また、最近はサプリメントや葉酸配合の携帯食品も出ています。目に見えて葉酸を摂ることが出来るので、自分の食生活や、本当に摂取出来ているか気になる人はこちらの摂取のしかたもお薦めです。

また、葉酸のよいところが過剰摂取をあまり気にしなくていい点です。他の栄養素では過剰摂取が体に影響を与えるものもありますが、葉酸は水溶性ビタミンですので、一日に必要な摂取量をおオーバーした場合は水に溶けて体外に排出されるのです。

つまり、摂れるだけ摂っておいて問題がない、めんどくさがりな女性にも最高の栄養素なのです。早くから摂っておくことで、妊娠時以外にも心疾患やアルツハイマーなど、誰にでも起こりうる病気への予防力がありますので、ぜひ早いうちから葉酸を摂取してみてください。

この記事をシェアする

関連記事