• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

思わず引き寄せられる、男性の好きな香りとは?香りは恋愛効果抜群!

Date:2012.10.13

shutterstock_445421155皆さんは、香りを意識した生活をしていますか?香水や柔軟剤、ヘアオイルなど香りを楽しめる商品は様々ありますが、男性目線で香りを選んだことはあるでしょうか。

女性目線で良いと思って使っている香りが実は男性には不人気の香りということもあります。

男性にモテる女性になるためには、香りの選び方や使い方などをきちんと理解して実践することをお勧めします。

今回は、恋愛に様々な効果をもたらす香りを上手く活用してモテ度を高める方法をご紹介します。


香水や柔軟剤などの香りで男性が受けや印象は変化する!香りが与える様々な効果とは?

毎日お風呂に入れなかった時代にはお香が使われるほど、香りは生活の傍にありました。今では、様々な香りとアイテムがあるので選ぶとなるとかなりの時間を要するのではないでしょうか。

昔は体臭を消すために使われていた香りですが、恋愛で考えた場合香りが与える効果とは一体どんなことでしょうか。主な効果をご紹介しましょう。

性的興奮効果

香りの中には異性をひきつけると言われているテストステロンという性的刺激を強める効果があります。

脳内で分泌されることから目の前の異性に対して性的興奮を感じている、惚れていると勘違いする効果が期待できます。

恋の記憶を呼び覚ます効果

ふと通り過ぎた男性の香りが元彼氏の香りに似ていて思わず振り返った経験がある方はいませんか?

香りには、視覚や聴覚以上に記憶を呼び覚ます効果があるので、男性も元彼女と同じ香りをまとうあなたに反応して恋をする効果が期待できます。

懐かし香りによって恋愛していた時の楽しい記憶を呼び覚ますことができれば、恋に落ちるまで時間がかからないかもしれません。

リラックス効果

フレッシュ感がある香りは男性から人気が高いのですが、ジューシーさやほんのりとした甘さがある香りはつけている本人だけではなく、周りにいる人に対してもリラックス効果があると言われています。

普段から同じ香りをまとうことで「この子といるとリラックスできるな」と思ってもらえるようになり、癒し系やリラックス系の女性となって恋愛に発展する確率が高くなるのではないでしょうか。

距離を縮める効果

臭い物には近寄りたくないですが、良い香りであれば近くへ行きたい、もっと匂いを嗅ぎたいという欲求がでるのではないでしょうか。

男性が好きな香りをまとうことで、話し掛けられることが増える、デートに誘われることが増えるなどの効果が期待できます。

また、人には、それぞれパーソナルスペースがあって「これ以上他の人に足を踏み入れられたくない」と思うスペースがあるのですが、男性が好む香りをまとうことで好きな男性から警戒されることなくパーソナルスペースへ自然に入ることができるのではないでしょうか。

香りには非モテとモテ香りの種類がある!モテ香りを知って恋愛に上手く活用しよう!

香りは、人の印象にも関係しているので上手く活用することでモテ度を高めることも可能です。まずは、男性が好きな清潔感がある香りについてご紹介しましょう。

フローラル系
女性らしい華やかなイメージを与える香りなので、男性には新鮮な香りです。
フェロモン系
イランイランがフェロモン系の香りで特に人気が高く、性的欲求を高める効果が期待出来ることから魅力的な女性に見えるでしょう。
グリーン系
ダージリンティーやグリーンティー、ウッディ―などのグリーン系の香りは自然に近い香りなので人気が高いようです。
ムスク系
ムスクはジャコウジカから採れる香料ですが、現在は合成香料を使っている商品が主です。男性の交感神経が活性化することから古来より媚薬として用いられています。
リネン系
フローラルやハーブ、ムスクなど洗いたてのシーツのような爽やかな香りを放つリネン系の香りは、緊張緩和や安らぎを与えると言われています。自宅に招いた時にはソファーやクッション、ご自身のエプロンなどにリネン系の香りをまとうことで恋のチャンスが広がるかもしれません。
ハーブ系
ハーブ系の香りは集中力を高める、ストレスを軽減さえる香りとしてビジネスでも人気の香りなので、みにまとうことで「彼女と仕事すると捗る」、「上手くいくことが多い」など好印象を与える香りの一つです。ミントには神経を鎮める効果、ローズマリーには気分を上げる効果、マジョラムにはリラックスさせる効果などがありますので、好きな男性の恋愛気分が上がるように日によってハーブの香りを変えてみてはいかがでしょうか。
柑橘系
ユニセックス系の香水で用いられることが多い柑橘系の香りは季節を問わず人気です。ゆずやグレープフルーツ、オレンジなどは嫌味が無い香りです。男性も楽しめる香りをまとうことで恋愛関係に発展する可能性も大いに高まるのではないでしょうか。

上記は男性が好むと言われている香りですが、女性らしいだけではなくユニセックス感がある香りも人気があるようです。次に、男性が苦手と言われている香りについてもご紹介しましょう。

バニラ系
女性に人気の甘い香りですが、実は苦手な男性は多く、「食事には邪魔な香り」、「密室で酔う」、「夏場は暑苦しい気持ちになる」など不評の用です。また、バニラだけではなくココナッツの臭いも苦手な男性がいるようなので気を付けましょう。
ローズ系
ホルモンバランスを整える、生理痛緩和など女性には嬉しい効果があるローズの香りですが、男性は「おばさん臭い」、「トイレの芳香剤の香りのようだ」と苦手な男性がいるようです。ローズ以外には、キンモクセイも男性は苦手なようです。

香りは恋愛に上手く活用しよう!モテ度を高めるグッズやアイテム

では男性は、具体的にどんなグッズやアイテムの香りに魅かれるのでしょうか。以下で、詳しくご紹介しましょう。

香水

香りをまとう定番の方法と言えば香水ですよね。使い方次第では、自分も相手の男性もよってしまうので適切に用いることが恋愛関係をうまく築くポイントです。

香水をつける際にお勧めの場所は以下です。

  • 手首
  • 太もも
  • 膝裏
  • 足首

いくら男性から好感をもたれる香りでもつけすぎては何の意味もありません。オイル系は、1滴程度に留めましょう。プッシュ式のタイプの場合は、つける場所から10cm程度離すことをお勧めします。

ご自身の香りに慣れてしまうとつけすぎてしまう傾向にあるので、定期的に友達や家族につけすぎていないか確認してもらうことをお勧めします。

シャンプー

女性の髪からの他に香るシャンプーの匂いが好きという男性は多いようです。シャンプーの香りは清潔感があるので、香りから清楚や清潔な女性というイメージを与えることができます

朝は、朝食やお弁当の準備、メイクなど忙しい時間ではありますが、恋愛に上手く活用するために朝シャン(朝シャンプー)の習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

石けん

石けんもシャンプー同様に清潔感があることから人気があるようです。男性が好む香りを使えば恋愛に発展する可能性も高くなるのではないでしょうか。

朝シャンする方であれば、石けんも同時に使用するでしょうが、そうではない方の場合は秘策があります。

それは男性が好む香りの石けんを使って定期的に手洗いするのです。最近では、固形石けんではなく、ボトルタイプで持ち運び可能の石けんも販売されていますので、トイレへ行く時や自分の体から香りが消えていると思った時などに使用しましょう。

ボディバター

ボディバターとは、その名の通り体に塗るバターのような商品です。商品自体は固形なのですが、手のひらに伸ばして体温で溶かすとバター上になるので、そのまま体に塗ることができます

肌が乾燥しやすい方にもお勧めで、香りの種類も豊富にあります。

入浴後や手洗い後に使うことが一般的ですが、長い時間香りを楽しむことができるので男性が好む香りをまとうことで体全体から女子力を振りまくことができるのではないでしょうか。

ボディクリーム

ボディクリームは、ボディバターと違ってサラッとした感触なのでべたつき感が苦手な方にお勧めです。

特に夏場は、湯上りすぐに汗をかきやすく、サラサラ感が汗によってなくなってしまうのでボディバターを塗ると香りは良くても気分は不快になるでしょう。

ボディクリームの中でも揮発性が高いタイプは、塗ってすぐにサラサラとした感触になるので好きな男性から体に触れられても心配ありません。相手の手にベタベタした感触が残る心配もないので季節で使い分けてみてはいかがでしょうか。

ヘアオイル

香水を髪に塗る方法もありますが、オイルとしてヘアケアしながら香りをまとうという方法もあります。

最近のヘアオイルは、無香料ではなく様々な香りを楽しめる商品が多いので、気になる男性が好きな香りをつけることでヘアケアと女子力アップの二つの効果が期待できます。

ヘアオイル以外にもヘアワックスやヘアスプレーにも香りが含有されている商品がありますので、香りを実際に確かめてから購入してみてはいかがでしょうか。

特に美容室の場合は、実際に商品を試すことができるので、お勧めの購入場所と言えるでしょう。

柔軟剤

昔は、柔軟剤と言えば数社しか取り扱いがありませんでしたが、今は国内外問わず多くの柔軟剤商品が販売されています。先程ご紹介したように、女性が好む香りと男性が好む香りは違いますから、慎重に選びましょう。

店舗に行けば香りのサンプルがありますし、インターネットの口コミサイトを開けば香りに関する感想を読むことができます。

柔軟剤の中には汗をかくと臭いセンサーが反応して香りが広がるという商品もありますが、入れすぎには注意が必要です。

柔軟剤の入れすぎは衣服にシミができるだけではなく、香りが強くなりすぎて柔軟剤以外の香りもまとっていると歩く香水のように強烈な香りを放つ女性になってしまいます。

気になる男性が好きな柔軟剤を選んで、服だけではなくハンカチやストールなど身につける品全てに香りをつけてみてはいかがでしょうか。

精油

精油は、100%天然のエッセンシャルオイルなので普通のアロマオイルよりもお値段は高いですが、化学的な香りはせず植物の純粋な香りがします。

香水と違って香りの広がりが強くないので、ハンカチやティッシュケースなどに香りを沁み込ませてほのかに香りを楽しむこともできます。仕事や人間関係などで疲れている男性には精油で癒しの効果もあります。

最近では、精油をボトルではなくペンダントヘッドに入れて香りを楽しみながら持ち歩けるアイテムも販売されていますので強い香りが苦手な方は試してみてはいかがでしょうか。

フレグランスキャンドル

フレグランスキャンドルは、香りをもたらすだけではなく空間を浄化させる作用もあります。また、間接照明的に部屋の各所に置けば香りが広がるだけではなく、部屋のムードも高まって恋愛気分も高めることができます。

普段よりも二人の距離が接近する可能性がありますが、キャンドルによって部屋は薄暗くなるので化粧ヨレやシミ、シワの心配も無用です。

キャンドルの灯を見るだけでも揺らぎ効果による癒しの作用がありますので、好きな男性を自宅へ招く際には様々なキャンドルを揃えて置いて男性に選んでもらってはいかがでしょうか。

フレグランスリップ

リップクリームやリップライナーと言えば、唇を色づけるためのアイテムでしたが、今では唇にも香りをまとう時代です。定番のミントだけではなく、チョコレートやイチゴ、マンゴーなど様々な香りのフレグランスリップがあります。

特に女性が入りやすく楽しめるフレグランスショップは、ボディショップやラッシュです。種類も豊富ですし、店員さんの知識も豊富なので男性に好まれる香りを一緒に探してもらってみてはいかがでしょうか。

好きな男性の好きな香りのフレグランスリップを使っていれば、キスのチャンスも近づくかもしれませんよ。

香りのアイテムは使い方次第!不快にさせず適度に香りアイテムを用いる方法とは?

香りは男性から好意をもたれるきっかけになることもあれば、逆に不快な気分を与える可能性も有ります。正しく使って気になる男性や好きな男性を不快にさせないように以下のことに気を付けましょう。

汗やワキガを隠すためにつけすぎない

体臭対策で使うことは止めましょう。体臭対策と体に香りをまとうことは別のことです。ワキガや足臭など体臭が気になる場合は、臭いを消し去るアイテムをつけてからご紹介した香りをまといましょう。

補足セクシーと考えてつける

香りは、あなたの全てではありません。匂いを強くしたからと言って女性的な魅力が強くなるわけではありませんし、相手の男性に想いが届くわけでもありません。

あくまでも香りは、補足セクシーのアイテムのひとつと考えて使い過ぎないように注意し、微かに香りがする程度を目標にして使いましょう。

距離感を考えてつける

どんなに良い香りでも強すぎれば不快になってしまいます。好きな男性との距離感はどのくらいかを考えながら身にまとうと良いでしょう。

特に自宅デートの場合は、二人の距離が縮まりやすいので香りがきつすぎると男性が香りに酔ってしまって早々に帰宅してしまう可能性も有りますので、精油程度が良いかもしれません。

技術職ではNGなのでプライベートでつける

香りを上手に活用して職場でもモテ度を高めたい所ですが、技術職では香りがNGの場合もあります。

医療機関や食品業界などに勤めている方は、仕事に支障が出てしまうので香りは仕事が終わってからプライベートの時間に楽しむようにしましょう

香り次第で恋愛の発展性が決まる!無臭よりも香りがある女性のほうが好まれる理由とは?

香りについて色々ご紹介してきましたが、香りの種類もアイテムも豊富にあります。お見合いパーティーで行われた面白い実験があります。

香りがあるお見合い写真と無臭のお見合い写真をみせて点数を付けてもらった所、香りがあるお見合い写真のほうが評価も好感度も高まり異性を強く引きつけたという結果が出たのです。

嗅覚は、人間が狩猟時代に生活していたころから大変貴重な役割を果たし、匂いによって発情を行うことは動物が持っている本能の一つと言えるでしょう。皆さんも男性が喜ぶ香りを生活に取り入れて恋愛を楽しんでみてはいかがでしょうか

この記事をシェアする

関連記事