• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

二重あごの主な原因は脂肪だけじゃない!加齢や現代病に要注意!

Date:2017.11.27

二重あごは太っている人に多い印象がありますが、二重あごの原因は脂肪だけとは限らず、実際に痩せているのに顔だけが二重あごで悩んでいる人も少なくありません。

二重あごは太って見えたり、老けた印象をあたえてしまったりするため、この二重あごをなんとかしたい!と、必死でダイエットに励む人も多いですが、二重あごは肥満だけが原因ではないためダイエットだけではなかなか効果が現れない…という可能性も。

そこでここでは二重あごになってしまう原因についてご紹介します。二重あごをスッキリ解消するためにもまずはその原因を知ることが一番の近道になるはずですよ。


肥満体型の人は注意。脂肪の蓄積が原因の二重あご

二重あごが太っている人に多い印象があるように実際に痩せている人よりも肥満体型の人は二重あごの人が多くみられます。

二重あごは脂肪だけが原因ではありませんが、肥満で脂肪が蓄積された結果二重あごになってしまう場合も多いでしょう。

他の原因でなる二重あごに比べて、脂肪による二重あごは、厚みがあるという特徴があります。肥満体型という人はダイエットやエクササイズなどを取り入れてみましょう。

肥満は、

  • 摂取カロリーよりも消費カロリーが極端に少ない
  • 運動不足
  • 糖質や脂質の多いものをよく食べている

などが大きな原因となってしまいます。

肥満が後に二重あごを作ってしまう可能性は多いにありますので、心当たりがある場合は生活習慣を見直してみましょう。

リンパの流れが悪くなる。むくみが原因の二重あご

むくみとは、皮膚の下に水分が必要以上に溜まってしまっている状態のことです。

リンパの流れが悪くなると、老廃物や余分な水分を体の外へと排出することが困難となり体の中に溜まってしまいます。それがむくみとなり、二重あごに繋がってしまいます。

しかし、顔はリンパ節が多く存在する部分でもあるためむくみやすいということもあります。このリンパの流れが悪くなってしまわないようにリンパマッサージなどを行いリンパの流れを解消しておくことがむくみにも効果的ですよ。

筋力低下や加齢による皮膚のたるみが原因の二重あご

皮膚のたるみも二重あごの主な原因となってしまいます。皮膚のたるみは老化により口元の筋肉が衰えてしまうことが主な原因です。

無表情が筋力低下の原因にもなる

表情があまり豊かな方ではないという人は表情筋がきちんと使われていない場合が多く、顔の筋力が低下してしまう原因になります。

1人で過ごすことが多いという人は、いつも人と接している人に比べて無表情になりがちです。笑顔は表情筋を使うことで作ることができます。つまり笑顔を作ることで顔の筋力低下を防ぐことも可能です。

柔らかい食べ物が口元の筋力低下を招く

筋力低下の原因となるのは他にも

  • 食事の時噛む回数が少ない
  • 硬い物を食べなくなり柔らかいものばかりを食べている

などという事があります。

それにより口元のオトガイ筋が衰えてしまうことも二重あごに繋がってしまいます。オトガイ筋はよく噛んで食べるだけでも鍛えることができますので、食事の際は「よく噛む」ことを意識して食べるようにしましょう。

また、スルメやガムなど長く噛むことが出来る食べ物もおススメ。その他に歯ごたえのある硬めのおせんべいなども良いですね。

長時間のスマホ使用には要注意。姿勢の悪さが原因の二重あご

特に太っているということもなく、若くて痩せていても二重あごで悩んでしまのは、姿勢の悪さが原因である可能性があります。

首にかかる負担が大きいスマホの長間使用

下を向いた状態でスマホを長時間使用しているときは首に大きな負担が掛かっています。

長時間首に負担をかけてしまうことで首まわりの血行は悪くなってしまいます。それが二重あごの原因になってしまうこともあります。

  • 首周辺がいつも凝っている
  • 正しい姿勢を意識すると疲れてしまう

という場合は要注意です。スマホ画面を見る時は顔の前にスマホを置いて首に負担が掛からないように見るか、目だけを伏せてみるような習慣をつけるようにしましょう。

猫背が筋肉の働きに影響する

背中が丸まってしまう猫背の状態になってしまうと首と肩が前に出てしまって、あご周辺の筋肉が正しく働かずに筋肉がたるんでしまう原因となってしまいます。

スマホを見ることや、パソコン作業が多いという場合は、首にかかる負担だけでなく猫背の原因にもなりかねません。

長時間同じ姿勢を保つデスクワークが日常的だという人は猫背になりやすいため、特に注意したいポイントですね。

うつむく姿勢はストレートネックになりやすい

猫背と関係していることに現代病とも言われているストレートネックがあります。

本来首の骨は湾曲しています。しかしパソコンやスマホの使用が日常的になってしまった現代では前かがみになって前を見ることが多くなったことで湾曲している首の骨がまっすぐになってしまいます。この状態になると自然と姿勢も猫背になってしまい、体の歪みにも繋がってきます。

また、首の周辺に脂肪が蓄積されやすくなってしまい二重あごの原因になってしまいます。

歯のかみ合わせや骨格が原因の二重あご

あご関節の歪みや歯のかみ合わせが原因で二重あごになってしまう場合もあります。

虫歯などで左右どちらか一方で噛む癖があり、顎関節を均等に使えていないことからあごが歪んでしまうことも二重あごの原因に繋がってしまいます。

その他にも

  • 下顎が小さい
  • 下顎が引っ込んでいる

など、骨格に特徴がある事などがあります。

原因を把握することが理想のフェイスラインを保つための近道

二重あごになってしまうのは、

  • 肥満による脂肪の蓄積
  • 血行不良によるむくみ
  • 加齢や筋力低下による皮膚のたるみ
  • 現代病が引き起こす姿勢の悪さ

が主な原因と言えます。

このように二重あごは肥満だけが原因とは限りません。若くても、痩せていても二重あごに悩まされてしまう原因は多々あります。

二重あごをスッキリさせる近道はその原因を知ること。

  • 脂肪が原因ならダイエットやエクササイズ
  • むくみなら効果的なリンパマッサージ
  • 皮膚のたるみには口元の筋力アップ
  • 姿勢に問題がある場合は正す努力

それぞれ原因にあった対処法を行うことが重要です。

▼二重あごの解消法はコチラを参考にしてください!

二重あごの解消法の記事のトップ画像キャプチャ

二重あごの原因を探って嫌な二重あごを解消しましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント