• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

実際にやってみた!今流行りのノーファンデに挑戦!

Date:2013.06.25

最近はCMでも話題のノーファンデ!でもノーファンデって何をもってしてノーファンデなのでしょう。分からないと、チャレンジするにもちょっぴり怖いですよね?

ノーファンデの基準

一般的には、まずUV対応の化粧下地または日焼け止めを塗ります。そしてファンデーションは使いません。ベビーパウダーの様な肌の負担が少ないものを薄く塗ります。そして、アイメイクや口紅はきちんとしてお終いです。

ですが、今日ご紹介するのは上記の方法と実は少し違います。化粧水と乳液もつけないと言う方法です。これには理由があります。そして下地とパウダーも使用しないと言う極力負担を少なくする方法です。それでは何をつけるのでしょうか?

おでこのシワが目立たなくなった!

なぜ、化粧水や下地を付けないかと言うと理由があります。実は私、以前からおでこのシワがくっきりと付いていたのが気になっていました。そこで1度何も付けずにお肌を休ませることにしたのです。

何も付けない初日、お肌がとんでもなくツッパリすぎて顔が別人のように引っ張られていました。ですが次の日以降、1週間くらい経つとお肌が回復し、ツッパリもほぼ消えていきました。

この場合、肌全体に乾燥を招いていた理由がありました。一般的に化粧水で水分保湿を行いますが、元々体内で作られている水分もあります。とても良く水分を吸収してくれる保湿には大事な水分の組織です。

この水分の組織を皮脂膜(人間の皮)が覆っています。そして体内にある水分には、水分保持の為に膜で覆ってくれる油分あります。

この体内の油分が洗顔のしすぎや化粧水の付けすぎで脱脂状態になると、皮脂膜の外に流れてしまうのです。すると水分はバランスを崩し、乾燥状態になっていた様です。これは、1度お肌を休ませる事が大事です。角質層の組織の回復を待ちましょう。

本当に何も付けないほぼノーファンデ

ですので、化粧水と乳液もつけない方法でご紹介いたします。肌が乾燥しているところに薄くホホバオイル(又は乳液や油分)をつけて薄くパウダーファンデのみです(正確にはほぼノーファンデですね)。後は上記にもあるようにアイメイクと口紅のみです。

試した効果は?

化粧崩れがほぼありません。クレンジングで肌を強くこする様な刺激を与える事もないですし、メイク時間も短縮です。仕事場でも全然大丈夫でした。親戚には「顔色が前より良くなった?」とまで言われました。

確かに、下地を塗ってファンデーションを付けないのが今の主流です。こちらも負担が減って肌質が良くなる例も沢山あります。

ですが、化粧下地もお肌に負担をかけるものの1つであるのも事実で、UVケアつきは普通の下地よりも刺激が強いものと言われています。粉は軽めのクレンジングでも落とせるのがメリットです。極力負担を減らしたい方は、この方法で試してみるのもアリです!

注意事項

スキンケアは、肌質が個々で異なるように、これが絶対というのがないので、「何もつけない」事で逆に肌荒れを起こしたり、思うような肌質にならない事もあります。大事なことは足し算、引き算をうまく調節して自分にあったスキンケアを試してみる事です。

または冠婚葬祭や写真に残す時など、特別な時にはしっかりメイクという形でも十分だと思います。

この記事をシェアする

関連記事