• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

不調の原因が飲み物!?マイボトル女子が注意すべき病気と予防法

Date:2015.05.22

shutterstock_251820022 - コピー

マイボトルやペットボトルなど飲み物をバッグに常備している女性は多いですが、実は病気のきっかけになることはご存知でしょうか。

自分が好きな飲み物を持ち歩くことは気分のアップやリフレッシュに繋がりますが、飲み物によっては糖尿病のきっかけになることもあるのです。

今回は、マイボトルやペットボトルを持ち歩く女性のために、食中毒や糖尿病などの病気を予防する方法をご紹介します。

マイボトルが女性に人気の理由

昔は、缶入り飲み物が主流でしたからペットボトルを持ち歩く女性は少なかったのですが、ここ最近はエコ意識が高まっているのでマイボトルやペットボトルを持ち歩く女性が増えているようです。

店舗によってはマイボトルを持ち込むことで割引がありますし、デザインや形も様々なのでファッション感覚で使う女性も多いようです。

マイボトルやペットボトルは、少量を飲みたい時に飲むことができますし、残しておくこともできるので喉が渇くたびに飲料を購入するよりも経済的です

エコだけではなく節約志向が高い一人暮らしの男性にも人気が出ています。マイボトルやペットボトルで好まれるドリンクは、一息つきたい時やのどが渇いた時に飲みたくなるお茶や気分を上げる時に飲みたくなる加糖入りドリンクが多いようです。

マイボトルやペットボトルを持ち歩く女性の中には、友達や同僚が持っているから、流行に乗りたいからなどという理由で携帯している方も居るようです。また、ダイエットや健康になりたいなどの理由からごぼう茶や三年番茶などを持ち歩いている女性も居ます。

水分不足や熱中症予防にお勧めのマイボトルですが、良いことばかりではありません。飲み方によっては体を壊すこともあるのです。

さて一体どんな飲み方が体に悪いのでしょうか。食中毒と糖尿病、この2つの病気について次の項目で詳しくご紹介しましょう。

1 不衛生による食中毒

世代を問わず人気のマイボトルやペットボトルですが、扱いや内容物に気を配らないと病気を招く可能性があります。例えば、気温や湿度が高い時期は雑菌の繁殖率が高くなりますので、食中毒を引き起こす可能性があります。

女性の場合は、バッグに忍ばせることが多いので温度が高い時期には特に菌への注意が必要です。食事や間食をしたままでマイボトルやペットボトルに口を付ければ、食べ物が飲み口にも付着して温度や湿度によって雑菌を増やしてしまうのです。

自分の口しかつけていないのだから雑菌は繁殖しないと思われるかもしれませんが、歯磨きをしても口の中の雑菌を全て落としきることはできませんから清潔とは言えません。

暑い時期は、雑菌の繁殖力が高い時期なので飲み切らない場合は、マイボトルもペットボトルもそのまま口を付けずに、コップに注いで飲むことをお勧めします

また、食中毒を予防するためにはマイボトルの洗浄も欠かせません。マイボトル用の細いスポンジやブラシ、塩素系洗剤、熱湯などを使って清潔な状態で使うようにしましょう。

ペットボトルは、マイボトルと違って耐久性がありませんし、熱湯を使って消毒することもできませんので、飲み終えたら捨てることをお勧めします。

2 糖分過多による糖尿病

コーヒーチェーン店でマイボトルにカフェオレなど砂糖や蜂蜜などの糖分入りのドリンクをマイボトルに入れもらう女性をよく見かけます。

空腹を満たすため、脳の働きを活性化させるためマイボトルやペットボトルに甘いドリンクを入れて持ち歩いている方も多いようですが、糖分の摂り過ぎは糖尿病を招く恐れがあることをご存知でしょうか。

糖分や人工甘味料入りの清涼飲料水の甘みは、気分を高揚させてリフレッシュ効果がありますが、それは血糖値の上昇によって引き起こされます。

健康な体の場合は、血糖値が上がってもインスリンの働きによって下がるのですが、インスリンが正常に働かなくなると血糖値は常に上がったままになってしまい、体は高血糖状態が継続してしまうので様々な不調が表れます。

過剰摂取による状態をペットボトル症候群と言います。ペットボトル症候群は、誰でもなり得る病気で、だるさや体重減少などを招くので異常に早く気づくことが大切です。

必ずしも糖尿病になるわけではありませんが、加糖入りドリンクは肥満や虫歯にも繋がるので、美容や健康志向の女性にも不向きと言えるでしょう。

一日中飲むマイボトルやペットボトルの中身は、できるだけ糖分が入っていない物を選ぶことをお勧めします。

一度高血糖になってしまうといくら飲んでものどの渇きが満たされないことから、糖分入りドリンクを大量に飲んでしまって病気が進行してしまうというケースもあります

  • 加糖入り紅茶やコーヒー
  • 炭酸ジュース
  • フルーツジュース
  • スポーツドリンク

上記の飲み物はあまり飲み過ぎないように注意した方がいいかもしれませんね!。

マイボトルにお勧めの飲み物とは?

一度で飲まずに、一日に小分けにして飲むマイボトルやペットボトルには加糖入りドリンクではなく無糖のドリンクをお勧めします。特にお勧めの飲み物は以下です。

  • ミネラルウォーター
  • ノンカフェインのウーロン茶
  • ノンカフェインのハーブティー

スポーツドリンクは、先程もご紹介した通り糖尿病を引き起こす恐れがあります。飴やチョコレートなどが好きで頻繁に食べる方は、糖分の摂取量が多くなりやすいので、どうしても飲みたい場合は水で薄めて飲むことをお勧めします。

また、紅茶や緑茶、コーヒーなどにはカフェインが含まれているので飲み過ぎればカフェイン中毒を招くことがありますので、一日に何度も飲むドリンクとしてはあまりお勧めできません。

マイボトルやペットボトルの中身は、体を刺激する糖分やカフェインなどが入っておらず体に優しいドリンクを選んでみてはいかがでしょうか。

裏ワザでマイボトルを清潔に!

最後にマイボトルを清潔にするための裏ワザをご紹介しましょう。コンビニ店やコーヒーショップではマイボトルを持参して入れてもらうことで、数十円割引されるというサービスがありますが、実はそれだけではないのです。

某コーヒーショップでは、マイボトルを洗ってくれるサービスがあるのです。注文時に「洗って欲しい」と伝えない場合は、熱湯消毒後に注文商品が注がれますが、「洗って欲しい」と伝えた場合は洗剤で洗ってくれるという素晴らしいサービスです。

店員さんやお店の混雑状況によっては、水で流して終わりになることもあります。店内の状況にもよりますが食中毒を予防するために「もしよろしければ洗っていただけると助かります」と丁寧にお願いしてみてはいかがでしょうか。

ただし、汚れを放置したマイボトルや単に洗ってもらう目的での来店は、マナー違反になります。自宅ではきちんと洗って綺麗な状態の水筒を持参して注文することが当たり前ですから、洗浄目的の来店は控えましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント