• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

30代以上の女性の抜け毛の原因はストレス・ホルモンだった

Date:2014.07.16

20代の頃はあまり気にならなかったけれど、30代になった途端なんだか髪の毛の元気がなくなってきた、細く・薄くなってきたという人が増えているようです。

これはよく「髪の毛を染めるから」「パーマをかけて髪の毛が傷むから」と言われますが、原因はそれだけじゃありません。

30代からだからこそ増えてくる原因というのは2つあり、ストレスとホルモンと言われています。この2つがどう抜け毛に関係しているのでしょうか。

ストレスが増えると髪の成長サイクルが乱れる

ストレスが溜まると体調を崩してしまうことがあります。実は髪の毛もそれと同じでストレスが溜まると髪の毛の成長サイクルが乱れてしまいます。そのせいで髪の毛が正常に成長せず、成長する前に髪の毛が抜けてしまうことがあります。

それが続くと髪の毛の成長サイクルが短くなり短いまま抜けてしまうのでどんどん髪の毛が薄くなってしまうそうです。

ストレスを溜めないというのは難しかもしれませんが、ストレスを解消するものを見つけ、疲れやストレスをきちんと解消するようにしましょう。

女性ホルモンの減少と共に抜け毛が増える

更年期・閉経が近づくに連れて女性ホルモンが減少してきます。早い人で30代後半から閉経を迎えるという場合もあるそうです。そのことからも30代になると抜け毛が増えて髪の毛も育ちにくくなり、薄毛に近づくんだそうです。

女性ホルモンを減らさないようにホルモン分泌をよくする食品などを摂取するのもいいですが、それよりも「髪の毛にいい食品」を心がけて摂る方がいいそうです。

たんぱく質と亜鉛(ミネラル)をきちんと摂るようにしましょう。ご飯だけ・パンだけだったりダイエットのために野菜だけ食べるというのは髪の毛にはよくありません。

たんぱく質だと「肉・魚・たまご・大豆製品」がおススメです。亜鉛(ミネラル)だと「うなぎ・牡蠣・納豆・アーモンド・海藻」といったものが多く含まれています。

これを見ると納豆はたんぱく質と亜鉛両方とも含まれています。毎日欠かさず納豆を食べるのもおススメです。

ダイエットはホルモンバランスも崩してしまう

抜け毛が増えたという人の中で多いのがダイエットをしているという人です。ダイエットをしたと同時に髪の毛が抜けやすくなり、薄毛になったという女性が多いそうです。

これは実は私も体験したことなのですが、ダイエットがうまくいくのと比例して抜け毛が増えてしまい、部分的に薄毛になりつつありました。

すぐに髪の毛専門の外来に行って血液検査などをしてもらったのですが悪いところはなくカウンセリングを受けている時にダイエットが原因だということがわかりました。

元々の体重が重かったので健康のためにダイエットをしなきゃと思い頑張っていたのですが、急激なダイエットなどをしたことで髪の毛がいつも以上に抜けてしまい、育たなくなってしまったと診断されました。

その時点でダイエット中止を命じられ、ダイエットをする場合は食事制限ではなく運動で行うようにと怒られてしまいました。

それくらい急激なダイエットは髪の毛には危険なのでゆっくりと時間をかけたダイエットをするのがいいんだそうです。

健やかで美しい髪の毛を保つためには日頃からのケアなどが大切になってきます。これからの季節、頭皮にも過酷な環境になり抜け毛が増えてくる季節です。抜け毛を増やさないように今から毎日のケア、食生活などをしっかり見直しましょう。

この記事をシェアする

関連記事