• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「ハックシュン!・・・あ!」をなくそう!尿漏れ対策とその原因

Date:2012.08.09

尿漏れ

人には言えない。ちょっと恥ずかしい。けど、結構かなり本気な悩み、「尿モレ」。「おばちゃんの症状でしょー?」なんて軽~く考えてる方は、要注意!実は尿モレに悩む30代女性が増えているんです。

そ、れ、に!尿モレ対策を学んで実践すれば、女子としての魅力UPにつながることも!しまりのいいビンカン女子を目指して、尿モレ対策&対処法を学びましょ。

困っちゃうこんな症状と対策法

「ごほごほ!」と咳こんだ時や、くしゃみをした時、爆笑した時や走った時、重い荷物を持ちあげた時などに「あ・・・ちょこっと出ちゃった」なーんて経験、ありませんか?

こうした尿モレ(正式名称を「腹圧性尿失禁」と言います)は、出産や加齢などによる骨盤底筋のゆるみが原因だと言われています。

「それなら私には関係ないわ。出産経験がないもの」なんて油断してるアナタ!要注意ですよ。尿モレは、経産婦以外にも、背が高い人や太り気味の人、それに便秘がちの人がなりやすい症状なのです。

便秘はもはや現代病の1つ。「尿モレなんてしないもーん」と思ってる人も、実は尿モレ症候群かも・・・?そもそも、女性は男性に比べて、尿モレしやすい身体の構造になっています。理由は、尿道の短さ。

男性は女性の約6倍の長~い尿道を持っているうえに、尿道自体がカーブしていて、周りを組織でしっかりと固定されているのです。でも女性の尿道は、膀胱からストレートに下がっていて、短い。なんといっても、短い。

でも、大丈夫。尿道を長くすることは出来なくても、膀胱や子宮などを支えている骨盤底筋を鍛えることによって、尿モレの症状は改善されます。

尿モレ対策の注意点

実は、健康な成人女性の4人に1人が尿モレ経験者。そうした女性たちの多くは、尿モレ対策に生理用ナプキンを使用しているようですが、これはとっても危険!なのです。

何故ならば、経血と尿は成分も出るスピードも違うから。生理用ナプキンでは尿がスピーディに吸収されないんです。吸収されずに残った尿はどうなるか?はい、菌の温床になります。高温多湿な下着の中なんて、ガンジダ菌の大好物ですよね。

ってことで、ガンジダ発生しちゃう方が多いのです。経血には生理用ナプキンを、尿モレには尿モレ専用のパンティーライナーを使用しましょうね。

特に、妊婦ちゃんは注意しましょう。妊婦ちゃんのガンジダ発生率は意外と高いですから、ね。

骨盤底筋エクササイズ

「骨盤底筋はここですよー」「力を入れてくださいねー」と図で説明しても、なかなか分からないのが骨盤底筋の場所と力の入れ方。

分からない方は、排尿時に途中で尿を止めてみてください。尿を止めた時、その時に力が入ってる部分が「骨盤底筋」です。ちなみに、排尿時に上手く尿を止められなかったら、それは骨盤底筋がゆるんでる証拠。しっかり鍛えましょうね。

**上記の方法で確認をするのは、1日1回までにしてくださいね。あまり頻繁に行うと、膀胱炎になる恐れがありますのでご注意を。**

【立ってエクササイズ】

  1. 足を肩幅程度に開いて、背筋を伸ばして立ちます。
  2. 上半身はリラックスして骨盤底筋に力を入れて締めます。

最初は6秒からスタートしましょう。慣れたら、時間をのばしていってくださいね。

【あおむけでエクササイズ】

  1. 仰向けに寝て、肩幅程度に開いた足の両膝を立てて曲げます。
  2. そのまま、骨盤底筋を締めます。

「15秒行ったら30秒休憩」を10回。

エクササイズを行う時は、「ぎゅっ!」と力を入れるのではなくて、「じわ~」とゆっくりと力を入れてくださいね。エクササイズ中にお腹を触ってみて、お腹に力が入っているようならNG。骨盤底筋だけを締めるように意識しましょう。

エクササイズは1日に何度も行うのがポイント。立って行うエクササイズなら人に気付かれないから、ぜひ家事の合間や電車待ちをしてる時など、空いた時間を有効利用して鍛えてくださいね。続ければ、2週間くらいで効果が表れますよ。

骨盤底筋を鍛えて、しまりのいいオンナ

骨盤底筋を鍛える→尿モレに効く。実は効果は、それだけじゃーないんです!だらっと緩んでしまった骨盤底筋を鍛えることで、しまりのいいビンカン女子になれちゃうのです。

今は経血も垂れ流し~の無自覚無感覚ガールが増えてるけど、「締めよう」という意識を持つことで、女子力のUPも狙えちゃうのです。そりゃ、「オンナ」の部分を意識しない女子より、意識してる女子の方がフェロモンも濃そうですよね。

女子として大事な大事な骨盤底筋、ちゃーんとエクササイズして鍛えましょうね。そして男子をとらえて離さない、魅力的なオトナのオンナを目指しましょ。

この記事をシェアする

関連記事