• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

おでこのコリのほぐし方。目元もスッキリ・ぱっちりのおでこケア

Date:2018.03.23

普段意識することは少ないかもしれませんが、おでこは顔の中でもとてもコリやすいところ。

おでこが凝っていると目が小さくくぼんできたり、顔全体がむくんで見えたりします。

最近、目元に自信がもてないという人は、おでこのコリが原因かもしれませんよ。

ちょっとしたケアでおでこのコリは簡単にほぐせます。おでこのコリをほぐして、スッキリ&ぱっちりした目元を手に入れませんか?


おでこのコリを解消するとこんなにいいことが一杯!

おでこのコリは、自覚している人がとても少ない気がします。

おでこは眉の上から生え際に向かって伸びている前頭筋という筋肉が支えています。眉を動かす筋肉です。

筋肉ですから、疲れると血行も悪くなるし、こってくるんです。目の疲れからコリが来ることもあるので、痛みを感じるほど目が疲れている人は要注意ですよ。

目の疲れが取れてぱっちりする

スマートフォンの見過ぎ、パソコン仕事などでみなさん目を酷使していますよね。

そうすると、眼輪筋(目の周りの筋肉)だけでなく、おでこまで筋肉が凝ってしまうんです。

おでこの筋肉は眉やまぶたを引き上げる役割を持っていますから、ここがこってしまうと引き上げる力が弱まって、まぶたが下がってきます。

そうすると目が重く感じたり目元がたるんできて、目が小さく見えてしまうんですね。

ですからおでこのコリをほぐせば目の周りの血流が良くなって、目元もスッキリ、目もぱっちりと大きく見えるようになります。

目元がむくみやすい人は特に効果を実感しやすいでしょう。

眼精疲労や疲れ目にももちろんいいですよ。

おでこのしわ、顔のたるみがとれる

おでこの筋肉が凝っているとたるんでくるのは目元だけではありません。

生え際から上の血行も悪くなっていますから、頭皮も硬くなってたるんできます。そうすると、顔全体のたるみにつながってしまうんです。

また、硬くなったおでこが下がってくることで、おでこにしわが出来やすくなります。だから、おでこの筋肉をほぐす必要があるんです。

おでこを柔らかくしておけばしわも顔のたるみも防ぐことが出来ますよ。

頭痛が楽になる

ちょっと髪の生え際の当たりを指でグリグリしてみてください。痛くありませんか?

この辺りがこっていると、頭痛もひどくなりますよね。

生え際からこめかみにかけて、おでこの上の部分をしっかりほぐしていくと頭痛もやわらいでくるでしょう。

おでこのコリをほぐす簡単な方法

おでこのコリはどうやってほぐしたらいいのか、マッサージのやり方などをご紹介しますね。

仕事の合間に出来るものもあるので、目の疲れを感じたらやってみてください。

おでこの筋肉をほぐすマッサージ

おでこ全体のマッサージです。

  1. 両手で拳を作り、縦にして第2関節をおでこの真ん中に当てます。
  2. 小さな円を描くように押しながら左右にずらしていきます。
  3. 10回繰り返します。

第2関節を使うとけっこう痛いので、もう少しソフトな方がいい人は指の腹でやってみてください。

むくみをとるマッサージ

生え際をマッサージしていきます。1日中パソコンを見ている方は、ここがとても疲れていると思いますから、念入りにマッサージしてください。

  1. 両手で拳を作り、横にして第2関節を生え際に当てます。小指同士がくっついた状態でセットします。
  2. 小さな円を描くようにして、中央からこめかみに向かってマッサージします。
  3. 10回繰り返します。

ここも、第2関節だと痛い場合は、指の腹を使ってマッサージしてみてください。

目の疲れも取れるマッサージ

おでこのコリは目の疲れから来ていることが多いので、目の疲れを和らげることでおでこが凝るのを防ぎます。

  1. 拳を作って、人差し指と中指で眉毛を挟むようにして眉頭の当たりにセットします。
  2. そのまま圧をかけながら、徐々に目尻の方まで指をずらしていきます。
  3. これを10回繰り返します。

指を曲げた状態で挟みにくい場合は、親指と人差し指、中指の3本を使って目の上の骨を掴み、ぐーっと押しながら横にずらしてみてください。

眼輪筋を鍛えるエクササイズ

眼輪筋を動かすことで眼精疲労を和らげて、おでこの疲れもとっていきます。

  1. 両目を力一杯閉じて10秒キープします。
  2. ゆっくり開けたらまたぎゅっと閉じて10秒キープ。これを5回行います。
  3. 次は片目ずつ交代でやってください。これも5回ずつ行います。

パソコン仕事で画面に集中していると目の周りの筋肉が凝り固まってしまいます。午前と午後、1回ずつやってみてください。

眉間のコリをほぐすツボ押し

これはけっこう痛いですが、目の疲れはとれますよ。

  1. 親指を曲げて、関節を眉頭の下のくぼみに当てます。
  2. ぐーっと力を込めて押します。
  3. 10秒押したら離します。これを2~3回やってみてください。

目が疲れている人ほど痛みも強いと思いますが、血行がよくなるので是非やってみてください。

頭皮のマッサージも同時にする

目からおでこにかけての筋肉が疲れているということは、結局頭まで疲れていることが多いんです。

前頭筋のマッサージと同時に、側頭部もほぐしていくと、血行が良くなってコリも解消されやすくなります。

両手で頭を抱えるようにして、指の腹で耳の上から頭頂部にかけてゆっくりマッサージしてみてください。

後頭部も下から上に向かってマッサージするといいでしょう。

▼頭皮マッサージについてはコチラも参考にしてください!

頭皮マッサージの記事のトップ画像

おでこマッサージで注意して欲しいこと

おでこは顔なのか頭なのか迷うところですが、顔と同じく皮膚が薄いことには変わりありません。

あまりゴシゴシ力を入れてマッサージをすると皮膚を傷めて、それがしわの元になってしまいます。

痛すぎないように、自分で気持ちがいいと思うくらいの圧で行ってください。

マッサージはオイルをつけて行うと肌への摩擦を少なくすることが出来ます。

スキンケアのついでにちょっとやっておくといいかもしれないですね。

おでこがこらないように気をつけることも大事です

おでこが凝る原因は、

  • 眼精疲労
  • 無表情
  • 眉間にしわを寄せるクセ

などです。

目の使い過ぎだけでなく、顔の筋肉を動かさないことが筋肉のコリや衰えにつながります。

目が悪くて目を凝らすクセのある人や、目に力を入れることが多い人も、同様にコリが出やすいです。姿勢が悪いことから肩コリが起きるように、顔のクセによっておでこのコリが起コリやすくなっているといえるでしょう。

おでこが凝りやすい人は、スマホやパソコンの見過ぎ以外にも、普段の自分のクセがコリを引き起こしていないか、ちょっと考えてみてくださいね。

おでこのコリをほぐしてスッキリ。目力もアップ!

マッサージしてみると、おでこってけっこう凝ってるんだなあということに気づくと思います。

そのコリがほぐれると、頭も目元もスッキリしますし、とても気持ちがいいものです。

疲れが取れるだけでなく、美容の面からもおでこのコリはほぐしておいた方がいいので、毎日おでこマッサージやツボ押しをしてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント