• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

便秘改善の新習慣!朝食にオリーブオイルを加えるだけで健康に!

Date:2012.11.02

朝、スープや野菜ジュースに大さじ1杯のオリーブオイルを加えるだけでスッキリ快腸になれるとの情報を入手しました!そんな簡単なことでいいの?と思ったあなた。いいんです!

なぜオリーブオイルが便秘に効くの?

その秘密はオリーブオイルの主成分であるオレイン酸。これは小腸で吸収されにくいという性質を持っているため、大さじ1杯程度のまとまった量を摂ることによって小腸内に行きわたり便の滑りを良くする働きがあるとされています。

そして大腸では便の内容物と混ざり柔らかくする役割があるため、つるっと排出することができるというわけです。

忙しい人に最適の簡単朝ごはんで便秘知らず

「朝は忙しくて朝食を摂る時間がない!」、「朝ごはん作るのはめんどうなんだよね~」という人にオススメなのがスープや野菜ジュースにオリーブオイルをプラスするだけの簡単朝食。

スープといっても具材を切って、煮込んで味付けして…という工程は一切不要。トマトジュースを使えばあっという間に出来上がります。

まずトマトジュース200mlを耐熱カップに入れ、すりおろしたショウガを少々入れます(チューブのおろしショウガを使えばすりおろす手間を省けます)。電子レンジで2分加熱しオリーブオイル大さじ1をかけるだけ。

ショウガには腸を温める効果もありますので、冬の寒い朝にはもってこいですよ。トマトジュースだけでは物足りない!という人はお湯をかけるだけという粉末のスープを利用すれば具材も入っていてお腹も満足できますよ。

そしてもう一つ。お好みの野菜や果物とハチミツをミキサーにかけてコップに注ぎ、オリーブオイル小さじ1を加えて飲みます。ハチミツも整腸作用があることで知られていますね。

ここでチョイスする野菜や果物は季節のものがベストなのですが、特にオススメなのがリンゴ、にんじん、セロリです。これらに豊富に含まれている食物繊維が腸を刺激してぜん動運動をより活発にしてくれるでしょう。

食物繊維や乳酸菌とセットで摂れば効果倍増!

食物繊維や乳酸菌が含まれている食べ物でオリーブオイルとも相性のいい食べ方を紹介します。

① 納豆
オリーブオイルには納豆のあのニオイを緩和してくれる役割が。納豆1パックにつき小さじ1杯程度でOK。「納豆は健康にいいのは分かってるんだけどあのニオイがなぁ…」という人は一度試してみては。

② ヨーグルトサラダ
きゅうり、ミニトマト、りんごをカットしボールへ。プレーンヨーグルトをかけ塩コショウで味付け。最後に大さじ1のオリーブオイルをまんべんなくかけます。「しつこい便秘でお腹が張っちゃってねぇ…」という人は、このオリーブオイル&ヨーグルトの便秘対策最強タックをお試しあれ。

③ マリネ
にんじん、カリフラワー、ミニトマト、セロリなどの食物繊維が豊富な野菜をチョイスして食べやすい大きさにカット。オリーブオイルとお酢を大さじ4ずつ、砂糖小さじ1、塩コショウ少々と合わせてマリネを作ります。冷蔵庫で3日は保存できます。

まだあるオリーブオイルの健康効果

オリーブオイルにはオレイン酸をはじめとする健康に良いとされるさまざまな成分が含まれており、下記のような作用も報告されています。

  • 体脂肪をためにくい体にする
  • 動脈硬化の予防
  • がんの予防
  • 痛みの緩和
  • 美白、解毒作用

便秘改善だけでなく将来の生活習慣病予防にもなるんですね。確かに普通のサラダ油と比べると値段が高めですが、健康のことを考えるなら料理に使う油をオリーブオイルに換えてみるのもいいかもしれませんね。

オリーブオイルの種類

オリーブオイルには大きく分けて以下の3タイプあります。

  • マイルド/フルーティ(味にクセがなく食べやすいタイプ)
  • スパイシー(少々辛みが強いタイプ)
  • グリーン(青っぽい香りがするタイプ)

料理や自分の好みに合わせてチョイスするといいでしょう。便秘でお悩みのあなた。朝食にオリーブオイルをプラスするだけの簡単新習慣で、腸内環境をリセットしてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事