• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

知らないと恥をかく温泉での入浴マナー、あなたも間違ってませんか?

Date:2013.07.16

温泉や公衆場での入浴マナー、意外に知らなかったりしませんか?悪気がなくても、ただの無知だとしても、『無知は罪』って言いますからね。知らなかった~じゃ済まない事もあるでしょうし・・・恥ずかしい思いをすることもありますよ。

あなたも、間違っていませんか?

公衆浴場でのマナーとは

旅館や温泉施設や銭湯だけでなく、最近はフィットネスジムなどでも、定番マナーの欠けた人がいますね。他人と共に入浴するお風呂文化のない、外国人旅行者なら、知らないんだなー、教えてあげなきゃって感じですけど・・・。

各家庭の自宅に家風呂(うちぶろ)が普及して、幼いころから銭湯の経験のない世代あたりから、しつけられていないようです。つまりは、親に教えられてない・・・と。あなたの常識が、実はマナー違反な非常識だったりするかもしれませんよ。

他人に迷惑をかけないのが基本です

アンケートで、他人の入浴マナーで嫌だと感じる事のトップは「騒ぐ・うるさい」だそうです。まぁ、これはお風呂に限らず、グループで来ていて、はしゃいで騒いでる・・・迷惑な感じですよね。

温泉とかだと、のんぴりとした癒しを求める人が多いので、他人が騒いでると余計に癇に障るってのはあるんでしょう。

女性のトップは「かけ湯をせずに湯船につかる」という、特に下半身等を洗わずに浴槽に入るのをNGとしています。そんな人が居るの?ってくらい驚愕の結果ですが、当たり前のことが出来てない人が多いって証拠なんでしょう。

「洗い場で他人にお湯がかかっているのに無頓着」とか、「走り回る子供を放置する」とかも、NGランクの上位です。ざっくり表現すれば、他人に迷惑をかけない・・・と、当たり前なんですけどね。

シャワーは座って使うべし

「洗い場で他人にお湯がかかっているのに無頓着」ってのは、つまり他人にお湯がかからないようにするのがマナーって事ですね。

シャワーを使うケースが多いと思うんですが、シャワーって角度によって結構遠くまで飛んでるんですよ。特に、温泉などの洗い場で並んでシャワーを使う時は、立ってシャワーしちゃダメですよ。

自宅でシャワーを使う時とは違う!っていうのを、しっかり自覚した方が良いかもしれませんね。外国映画みたいに「シャワールームでの立ったままシャワー感覚」かもしれないですけど、意外にやっちゃってる人も多いかも。

一人用のシャワーブースは別ですが、他人のいる洗い場での立ったままシャワーは、NGですよ。立ってシャワーすると、洗い場の隣の人には確実にかかります・・・迷惑ですね。

湯船の湯を汚さないための気配り

他人に迷惑をかけないってのは、お風呂に限らず、どんな場面でもマナーとしては当然です。お風呂シーンで・・・と考えると『湯船の湯を汚さない』ってのが、大きな特徴といえるのかな。

「湯船に入る前に身体を洗う」、せめて「かけ湯をする」ってのは、汚いままの身体で湯船に入らないってことです。皆で入る湯ですからねぇ~。衛生面の問題からも、汚れは落として、せめて下半身は洗って欲しいですよね。

「タオルを湯船につけない」とか、「湯船につかる時、長い髪の毛はまとめる」っていうのも、湯を汚さないようにって配慮です。

「タオルを湯船につけない」は結構メジャーなんですけど、「長い髪の毛をまとめる」ってのは出来てない人も多いんですよ。自分の髪の毛を濡らさないためではなく、洗髪した後にタオルでまとめるだけでもなく、自分の髪の毛で湯を汚さないためです。

このあたりを勘違いしていて、後でシャンプーするから濡れても構わない・・・という意識なのかもしれませんが、サンバラ髪のまま湯船に入ったりする人も居ますけど、実はひんしゅくを買ってるんですよ。

『湯船の湯を汚さない』っていうのを基本に考えたら、自ずとどうするべきかは分かるはず。

親の顔が見たい

お風呂の場面って、本当にプライベートなシーンなので、親のしつけに大きく関係してますよね。学校とかで教わることではなく、家庭での教えというか、共に入浴した際の祖母や母親のしつけって事です。

先日、温泉施設で入浴マナーに関する啓蒙用のポスターが貼ってあるのを発見しました。電車での公衆マナーなんかのポスターありますよね? あれのお風呂バージョン・・・みたいなものです。

ユーモア交えたイラスト満載で、思わず笑っちゃったんですけど、知らない人がいるって事の裏返しなんですよね。そーいえば、こーいう人って居るわぁ~と、苦笑しちゃいましたよ。

ぶっちゃけ、親の顔が見たいって思うような呆れる人も中には居ますからね。恥ずかしくないのかな?って、知らないって怖いなぁ~と、思いますよ。

次の世代へも伝える

当たり前のしつけとして、次の世代である子供たちにも、ちゃんと教えてあげるのが親世代の務めですよ。ちゃんとジジババ世代が教えておかないから、無知な親世代が居るんですけどね。

自分のマナー知らずで、親にも恥をかかせ、自分も恥をかく・・・と。

幼い女の子でも、ちゃんと髪をあげてる子は母親がキチンとしてるんだなって、微笑ましく思います。たまに、母親も一緒に居るのに長い髪を下ろしたままで湯船に浸かってて、髪の毛がユラユラしてたりすると、思わず母親の顔を凝視しちゃいますね。

ま、どんなに気取ってても、お里が知れるってモンですよ。ホント恥ずかしいですよ。子供には負の連鎖は繋ぎたくないものですね。

今まで知らなかったぁ~って女性たちにも、次世代にはしっかり教えられる親になって欲しいと願います。

外国からの旅行者とかで、温泉マナーを知らない場合には、日本の文化としてちゃんと教えてあげたいですね。

この記事をシェアする

関連記事