• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

話題沸騰!オリーブオイルの驚くべき人気の秘密

Date:2013.05.21

某番組の料理コーナーで、イケメン俳優が大量に使うことで話題を呼んでいるオリーブオイル。視聴者からは「そんなに使って大丈夫?」との声も挙がっているとか。

身体に悪いというレッテルを貼られてしまった油ですが、実はオリーブオイルはその常識を覆す体に嬉しい油なのです。

健康に欠かせない成分の持ち主

まず、油の成分にはリノール酸、αリノレン酸、オレイン酸、パルミチン酸の4種類があります。家庭で使われることの多いサラダ油はリノール酸の割合が多いのに対し、オリーブオイルはオレイン酸が7~8割ほど含まれています。

このオレイン酸が体に嬉しい成分なのです。善玉コレステロールは下げず、悪玉コレステロールだけ下げてくれますので、動脈硬化の予防になります。また、酸化されにくいため、発癌率を高めると言われている過酸化脂質も下げてくれます。

ちなみに、サラダ油に多く含まれるリノール酸は、酸化しやすく、体内に有害物質を作ってしまう可能性があり、癌の誘発まで確認されています。その他にもオリーブオイルにはカルシウム、鉄分、ビタミン、ポリフェノールなど、多くの栄養素が含まれているのです。

オリーブオイルを日常に取り入れてみよう

オリーブオイルというとイタリア料理等、少し特別な料理に使われていると考えている人も多いかもしれません。しかし、今すぐにでもオリーブオイルを日常に取り入れることが出来ます。

まずは、普段の調理油をオリーブオイルに替えてみてください。独特な風味が苦手という人もいるかもしれませんが、そんな方はピュアオリーブオイルを使ってみてください。

高級品とされているエクストラバージンオリーブオイルは香りが強く、非加熱に料理に向いています。一方、ピュアオイルはそこまで香りが強くなく、様々な加熱料理に使えます。

では、普段料理をしない人はどのように日常生活に取り入れればよいのでしょうか。もちろんそのまま飲むだけでも効果はあります。

それが苦手という方は、1日3回の食事の際、料理にかけて食べるようにしてください。肉料理でも、お味噌汁でも構いません。また、ドレッシングの一つの調味料としてサラダにかけるのも良いでしょう。

ただし、いくら体に良いと言ってもカロリーの摂りすぎになってしまっては本末転倒です。バランスの良い食事の中に少しずつ取り入れてみてください。

この記事をシェアする

関連記事