• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌まで二日酔い?お酒を飲みすぎた翌日に試す即効肌荒れケア

Date:2014.02.03

宴会シーズンになると、どうしてもアルコールを飲む量が増えてしまいます。飲みすぎてしまったときに嫌なのが二日酔いですよね。気持ちが悪くなるし、頭は痛いしで、いいことが一つもありません。

これは水をたっぷり飲んで、アルコールが分解されるまで待つしかありません。でも、体調と一緒に影響を受けてしまった肌はどうでしょう?正直、二日酔いの朝の肌って見れたもんじゃないですよね!

でも、付き合いだから避けられない…そんな貴女に、ベッドに行く前、そして翌朝に試していただきたい二日酔いの肌荒れケアをご紹介します。

1. 顔を洗う

メイクを落とさずそのままベッドに倒れこんでしまうものほど次の日の肌に響くことはありません。でも、家にたどり着くのがやっとのくらい酔ってしまったときは、顔を洗うのは中々つらいもの。

そこで、ふき取るタイプのメイク落としを枕元においておき、眠りに落ちてしまう前に顔をぬぐってあげましょう。それだけはつらくとも最低限飲んだその日に行っておいてください。

なお、保湿効果が高いタイプのものを選んで使用すれば、ふき取ったまま眠りに落ちてしまっても朝顔がつっぱっているなんてことは避けられるはずです。そして、朝起きたら、もう一度ダブル洗顔をし、軽くマッサージをしながら丁寧に顔を洗ってあげましょう。

2. モイスチャライザーを使う

二日酔いのときは身体が水分不足になっています。それは肌も同じです。そこで、肌にもしっかりと水分を補給してあげることが必要です。効果的なのが化粧水の二度塗りです。

化粧水をたっぷりコットンにつけるか手に取り、顔全体にしっかりとなじませた後、1-2分おいて乾いたら、更にもう一度化粧水をつけてあげましょう。まだ必要と思えば、もう一度塗ってあげてもかまいません。

そして、乳液を最後に軽くマッサージするような感じで塗りこんであげましょう。

3. 水を沢山飲む

モイスチャライザーで外から水分を補給してあげた後は、身体の内側からも潤してあげましょう。水またはスポーツドリンクをたっぷり飲んでください。グラス一杯分の水を気付いたときに飲むというのを一日かけて行ってみましょう

身体が内側から潤い、身体の二日酔いも、肌の荒れも大分改善するはずです。また、コーヒーが好きな方は、コーヒーを飲むことで頭痛が抑えられますから是非飲んでください。ただ、排尿効果があるため、その後また水を飲むことが大切です。

4. ビタミンCを摂ろう

ビタミンCを1000mgを目安に摂り、それに加えてビタミンBと電解質をとってあげましょう。疲れた肌と身体に効果的です。

電解質はスポーツドリンクなどで摂ってあげ、ビタミンCはサプリメントで摂ったり、フルーツなどをたっぷり食べてあげることでしっかりと補ってあげましょう。

5. スプーンを冷やす

ティースプーンを2本、冷凍庫でひんやりと冷たくなるまで冷やしましょう。横になり、その冷えたスプーンを5分以上両目にあててあげましょう。腫れぼったくなってしまった目が見違えるほどすっきりしますよ。

6. 氷水を作る

洗面器に氷水を張って、その中に腫れぼったくなってしまった顔をつけてあげましょう。顔のむくみもすっきりし、頭もすっきり冴え渡ります。朝起きて一番に行うと、二日酔いの身体も起こしてくれ、一日のスタートを切ることができますよ。

この記事をシェアする

関連記事