• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

評価もアップ!上司とのお酒の席で女性が気をつけておきたいこと

Date:2013.04.29

会社の飲み会って、年に何度か必ずありますよね。そんな飲み会には、当たり前だけど上司もいます。まさか酔っぱらう訳にもいかないし、でも女性として何もしないのも…。

チョット面倒くさい上司同席の会社の飲み会で、女性がしておきたい行動や気配りをご紹介してみます。知っておくと評価も上がっちゃうかもしれませんよ。

上司との距離感

上司は、勿論上座に座りますよね。女性社員は、役職が付いていれば上座近くになるでしょうけれど、ほとんどは下座に座るのではないでしょうか。初めのうちは、座席の移動もないと思いますが、お酒が入ってくると移動がはじまります。

そんな時は、自分から上司の近くに座るようにしましょう。隣はチョット…という方は、3人くらい間に挟んで座ってみて下さい。この距離は、上司の動きや話しの流れを見やすい位置なので、上司を中心に全体に対して目配りしやすくなります。

それに、上司は話に入りにくいこともあるので、一人にしないというのも気配りの一つといえるでしょう。

女子力で気配り

無礼講などという飲み会といえども、上司がいればほとんど仕事と同じです。お酒が入ってくると、男性は周りに目が届きにくくなってきます。

そんな時、女子力がある女性は、空いたお皿を下げたり、周りのオーダーを取ってあげたり、上司のお皿にお料理を分けてあげたり、お酒をついであげたりできます。

全ては、周りへの気配りや目配りができているからこそできる技!お酒は適度にお付き合いしながら、周りを見るように心掛けましょう。全部できなくても大丈夫です。

もしも全体を見るのか厳しい状況なら、せめて上司も周りにだけは気を配っておくと良いかもしれませんね。

帰りは最後に退出

帰りには、お酒も入って皆上機嫌になりますよね。何も考えずに先に退出してしまいがちですが、チョット待って下さい。まずは、上司に先に退出してもらい、幹事でなくとも自分は一番最後に退出しましょう。

そして退出前には、卓の下に忘れ物はないかなど確認してから出るようにしましょう。また、大勢での飲み会では、お店を汚してしまうことも少なくありません。お店の方々に、一言お声掛けをしてから退出できれば最高です。

上司同席の飲み会は、仕事の延長と考えると意識が違います。そういう場所でも女性としての気配りや目配りができれば、女性としても社員としても評価が上がるかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事