• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

知っている女性は一歩上!おしぼりにまつわるマナー

Date:2013.03.10

外食をすれば必ずと言っていいほどあるアレです。「おしぼり」です。これを上手に使える女性、素敵だと思いませんか?

おしぼりを使う時のタイミングって?

おしぼりは、出されたらすぐに使うのがマナーです。冷たく絞られていたら、冷たいうちに、熱いおしぼりは熱いうちに使うのが礼儀なのです。右側に縦向きに出されたら右手で取り、手を拭いたら、拭いた部分を内向きにたたんで元の場所に戻します。

間違っても、顔や汗を拭いてはいけませんよ。また、レストランなどでは、テーブルに、じかに置いて、テーブルクロスやナプキンを濡らしてしまうことがないようにしましょう。

おしぼりを広げて手渡しされた時は、直接手に取ってそのまま置かずに使い、使い終わったら返します。

そもそもおしぼりの役目って?知っておくだけでもイイ女!

使い捨てのウェットタオルが出回っている昨今、食事のシーンでタオルのおしぼりを見かける機会はだいぶ減ってきました。ですが、季節に合わせて熱・冷に分けたおしぼりを出されると、もてなしの気持ちが伝わってきて心がなんだかほっこりしませんか?

元々おしぼりは、茶室に入る前に手水鉢で手を清めるという茶の湯のならわしから転じたものと言われています。

「これから料理をいただく事に感謝します」という意味を込めて手を拭く為のものなので、料理屋などでは食事が始まる前に下げられることが多いです。

おしぼりにまつわる「やってはいけない!」事。

ただし、お寿司屋さんでは手で握りを食べる人の為に食事中も置かれています。前のネタのにおいをとる為にもおしぼりを活用しましょうね。

とは言いつつも、食事中に口をふくためにも使う事ができる西洋料理のナプキンとは違って、おしぼりで口はぬぐわないで下さい。

テーブルに落ちた汚れや水滴もつい気になって、おしぼりで拭いてしまいがちですが、その行動は実はNGなのです。あくまでもおしぼしは「台布巾」ではないのですから。

この記事をシェアする

関連記事