• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「男の子育児は大変」は本当か?その真実に迫ってみよう

Date:2012.09.15

「男の子育児は大変」「男の子は女の子の3倍育てにくい」これ、私が実際に男児ハハから聞いた言葉です。

世の中には「男の子育児は大変、女の子はラク」という謎の信仰がありますよね。おかげで女の子3人を育てた女児ハハまでもが「うちは大変って言っても女の子しかいないし・・・」なんて申し訳なさそーに言い出すしまつ。いや実際は大変だと思いますよ?!3人なんて!

「男の子育児は大変」、それは果たして本当なのか?複数の男の子を育てる男児ハハへのインタビューや、実際に男の子育児をしてみて見えてきた、「男の子育児は大変」の真実に迫ります。

「男の子育児は大変」という人のタイプ

ムスメを連れて公園通いをしていた頃、同じく公園に子供を連れてきていた男児ハハ2人組に「次の子は、女の子でも男の子でもいいでしょ」と言われたことがあります。まー特に子供の性別にこだわりはないし、女の子も男の子も両方育てられたらいいなーくらいだったので、適当に返事していたら、「ほーら、やっぱり!」とお2人。

その男児ハハ2人組が言うには、女児ハハは子育てで苦労してないから次の子の性別にはこだわらないけど、男児ハハは男の子育児で日夜大変な目に遭っているから「次は女の子!」という気持ちが強いのだとか。勢いこんでそんなことを言われて、すっかりハニワ顔。「女児ハハの子育てはラク」って何を根拠に?

そんなことを思い出しながら、男の子を育てている男児ハハに「男の子育児って大変?」と聞いてみました。そうしたら、見えてきたことが!

まずは男の子育児のプロに聞いてみました。
男の子4人ハハと男の子3人ハハ→「女の子を育てたことがないから分からない」「女の子だって、いろいろ大変そう。難しそう」
男の子2人ハハ→ 「(遠い目をして)男の子は・・・バカだからねぇ。肉と炭水化物しか食べないし、水ばっか飲むし、机やカバンの中には虫とか葉っぱとか(以下省略)」「女の子・・・育ててみたかったなぁ~・・・」ごめん、聞いてごめん。

男の子も女の子も育てた人は、比べてみてどう思うのか?
男・女・女・男の計4人ハハ→「おんなじ畑と種から出来てるんだから、変わんないって!」
女・男・男・女の計4人ハハ→「うーん・・・どっちがって言うより、個性?」
女・女・男の計3人ハハ→「うちは末っ子だから、『男の子大変!』というより可愛いばっかよ」
女・男・女の計3人ハハ→「女の子の方が同性だからイラっとすること多くない?」
男・男・女の計3人ハハ→「大変さ?どっちも変わらないよ~。でも3人目になると可愛いばっかりだね。そういう意味ではラクだった、かなぁ?」

「大変!」という意見が出始めたのは、この辺りから。
男・女・女の3人ハハ→「大変だった!1人目でワケ分からなかったし、悩みも多かったよ」
男・女の2人ハハ→「大変だよ~。だから2人目は絶対女の子!って決めてた」「妹の方は、めっちゃラク!勝手に大きくなった感じ」「男の子は謎。大変」

たまには反対意見も。
男・女の2人ハハ→「ウチは娘の方が厳しいから・・・男の子はママに優しいよね」
女・男の2人ハハ→「どっちも可愛い!」「娘とケンカして、息子に癒されて・・・」「男女の違いというより、1人目と2人めの違いって感じで、1人目は大変に感じるね」

男の子も女の子も複数いる人ほど、どっちが大変とは言わないようです。逆に「大変!」という声が多かったのが“1人目が男の子”というタイプのハハ。それは一体、何故なのか?

「男の子は大変」の根拠

確かに、男の子しか発病しない遺伝的な病気があるとか、男の子の方が発熱しやすい下痢しやすいとか、色々聞いたことがあるし知っていますが、「大変!」というハハたちの息子くんがこういう体質の子供ばかりというわけではありません。

むしろ、健康体。というか、健康でやんちゃだから動きが早くて馬鹿なこといっぱいして、それが「大変!」と思う根拠になっているようです。でも女の子にも、動きが早くて馬鹿なことばっかりするやんちゃ姫はいるんですけどね~。だけどそういう意見は黙殺されてしまうのです。

何故ならば、「男の子育児は大変」の影には“長男信仰”が隠れているから。男の子を産んだ人は偉い人、偉い人すなわち「大変な苦労をした人」なのです。この脈々と受け継がれてきた長男信仰が「男の子育児は大変」というイメージを生みだした元凶なのでしょう。

それに何より、1人目の子育ては大変なことがいっぱいです。分からないことばかりで右往左往、慣れないことに手間取って周章狼狽、うろうろおろおろぐずぐずめそめそ。だけど2人目ともなれば一度通った道、なんとなーく勝手が分かってるからそこまで大変さは感じません。よく複数の子を持つハハは言いますよね、「1人目は必死だった。2人目は勝手に育った」って。

すりこまれた長男信仰と1人目育児の大変さが混然一体となって、1人目が男の子だったハハほど「男の子育児は大変!」という想いが強いのでしょうね。

「男の子は大変」信仰、崩れる?!

そういう「男の子大変!」派のハハたちに、「うち(姉弟)も男の子いるけど、ラクだよ」と言うと必ず返ってくる言葉があります。

「だって、お姉ちゃんがいる男の子は違うって言うじゃない」

ほーほーほー、確かに。口うるさい姉にぎゃんぎゃん叱られてるから、わりと姉弟という組合せの男子は物分かりがいいというか男くささが少ないというか、性格がやおい(広島弁で“柔らかい”という意味)。

でもそれ、語るに落ちちゃってますよね?「姉がいれば性格がやおい男の子になる=育児がラク」ということは、男の子育児の大変さを決めるのは環境次第!ってこと。もちろんその子の性質や体質も重要ですが、“環境”は大きいです。

そもそも「男の子大変!」派のハハたちは、息子にとても甘い。息子に何かを命令されれば、「もーぅ」とか言いながらもいそいそとやってあげちゃいます。

複数男児ハハや女児ハハはそんなことしませんよ。「自分でやれ!」の一言です。そして何かと自分でやってる姉ちゃんを見て育った弟は、自分のことは自分でやるものと刷り込まれるようになります。

「ママが何でもやってあ☆げ☆ちゃ☆う☆」そんな環境を作れば、大変なのは当たり前。「男の子育児は大変!」を作っているのは自分自身なのでは?

最近は「男の子は絶対イヤ!」「女の子がいい!」という風潮があるようです。が!男の子育児、ラクだし楽しいですよ。虫を捕まえてくることもあるけど、その代わり家の中に入ってきた虫を退治してくれることもあります。

今は犯罪も心配ごとも多い世の中だし、中学生くらいになったら「男の子って大変・・・」と真剣に思うようになるのかもしれない。でもそんなの、女の子だって一緒です。育児を楽しいものにするか大変なものにするかは自分次第!性別にとらわれず、子育てを楽しみましょうね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • 鬼嫁な名無しさん

    男の子は大変ってことですね。逆は言いませんから。

    返信

コメント