• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パソコンで作業する時の姿勢に喝!女らしさを感じないOLの特徴4つ

Date:2014.03.05

現在は多くの企業でパソコンが使われており、OLの方は1日中ほとんどパソコンの前にいるということも多いのではないでしょうか。

そして仕事に集中してパソコンの前に座っているからこそ、本人が気づいていない姿勢や表情を他人に見られることも多くあるかと思います。そこで今回は、女性らしく見られるためにも気をつけたいパソコン作業時の姿について4つご紹介します。

1.眉間にシワを寄せる

「いつも仕事に余裕がなさそう」、「いつも不機嫌そう」そう思われて『近寄りがたい人』になる原因になってしまいます。本人は仕事に集中して普通に過ごしているつもりなのに、周囲からそのように思われたくありませんよね。

眉間にシワを寄せて表情がかたくなるのは仕事のストレスや目の疲れもあるかもしれません。また、ずっとパソコンの前にいると顔の筋肉を動かさないことも原因のひとつです。とはいえ、いつも柔らかい表情でいるのは難しいかと思います。

仕事に集中するのは素晴らしいことですが、たまには息抜きをしたり眉間にシワを寄せていないか確認すると良いでしょう。

また、目の疲れが原因かもしれないと思った時は、目薬やブルーライトをカットしてくれる眼鏡を使用するなどして工夫してみましょう。

2.脚を組む

パソコン作業だけでなく、デスクワークをしている女性で脚を組む人は多いと思います。作業中に脚を組むのはキレイに見えないだけでなく骨盤が歪んで体型が崩れる原因にもなるため、脚を組まない習慣を出来るだけつけたいところですね。

なお、脚を組む原因は癖だけでなく、椅子の高さが合っていないことも原因の一つです。脚を組んでしまう人は椅子の高さを調節するなど普段座っている位置を確認してみてはいかがでしょうか。

3.いつも何か食べながら作業

仕事中に少しお腹が空くことはよくあると思います。そのため、オフィスにお菓子を置いている企業も最近は増えているようです。しかし中には、常に机の中にお菓子が入っていて必ずと言っていいほど何か食べながら作業している女性もいます。

筆者が以前勤めていた会社の取引先を訪問した際、めいっぱい口にお菓子を入れて食べ、キーボードにお菓子のくずを落としている女性の姿を見たことがあります。

息抜きにお菓子を食べるのは良いことですが、ながら作業で仕事をするのは美しくない上に仕事の効率もよくありません。何か食べる時はしっかり休憩し、仕事をする時はする、などメリハリをつけてみてはいかがでしょうか。

4.頬杖をつく

頬杖をついている女性の歪んだ顔は、本人が思っている以上に歪んでいることがあります。顔が歪む原因を作っているだけでなく、見た目が美しくないことや仕事に対してやる気がないように見えることもあるため、頬杖をつくのは避けたほうが良いでしょう。

ある企業ではデスクに鏡を置き、自分の姿や表情を定期的にチェックするように指導しているそうです。確かに常に自分が見える状態にあると意識して姿勢を正せそうですね。

自分が普段過ごしている姿は鏡で見ない限り自分で見ることは出来ませんが、人は意外と姿勢や表情で様子をうかがうことが多いものです。癖になっている姿勢や表情は少しずつ改善出来るといいですね。

この記事をシェアする

関連記事