• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ホウレイ線なしの50代女性、秘密兵器はパタカラ!!使い方とコツ

Date:2014.11.23

インターネットであるサイトを見ていたら肌がピーンと張った美魔女さんが出ていました。名前の下に出ている年齢を見てびっくり!なんと52歳!そのお顔はどうみても50代ではないのです。

彼女はどうやって年齢という時計の針を逆方向に戻すことができたのでしょう。彼女の美容法を見てみたところ、お料理や食器洗いなどするときに「パタカラ」で表情筋を鍛えていると書いてありました。

秘密はパタカラ

みなさんはパタカラってご存知ですか?パタカラとはマウスピースのような形をした器具で口にくわえて使用することで表情筋に負荷を与えて鍛えるものです。

パタカラをくわえて口を閉じ続けていると唇の筋肉にビリビリと効いてきます。使う目安は3分程度。これを一日4回くわえて鍛えることが理想です。マウスピースの先には引っ張るループがついていて、それを引っ張ることでより大きな負荷を加えることができます。

当時体重が落ちてホウレイ線やゴルゴ線が気になり始めた筆者。この「パタカラ」を検索してみるとモデルや美容家など愛用している著名人が多数いるではありませんか!これは気になるグッズを見つけた!と早速取り寄せたのでした。

アエイオウ体操で顔のリフトアップは無理!パタカラのメカニズム

みなさんは頬のたるみやホウレイ線が気になったときどう対処していますか。高い美容液を買う?マッサージする?それともアエイオウ体操で顔を動かす?

たいていは外側からうるおいを与えるか顔の筋肉を鍛えてリフトアップさせようと試みるのではないでしょうか。筆者も同じです。ときどき「アエイオウ」と口を大きく開けて体操したりマッサージでリンパを流して引き締まった顔を目指します。

しかし、顔の筋肉は以下のように2つに分類できるのだそうです。

・肌のハリを支えている「遅筋」
・表情をつくるための「速筋」

いわゆる「アエイオウ」と口を大きく動かすトレーニングは速筋を鍛えるトレーニングなのですね。

頬のお肉をリフトアップしてピーン!と張った肌を目指すのなら、鍛えるべきは「遅筋」なのです。

パタカラはまさにその遅筋に働きかけるトレーニング器具。口で咥え続けると唇がびりびりとしてきます。そして顔全体がポカポカと温かくなります。これは口輪筋、そしてそこからさらに他の表情筋にまで負荷がかかっている証拠。

こうして遅筋が鍛えられて何日か続けると(公式ホームページには2~4週間、と出ています)顔全体のお肉が上に上がるのを実感できます。早い人で1週間で効果が出たという人も。

ホウレイ線が消えた!肌色が良くなった!パタカラの効果

このパタカラ、使った人はどんな効果を実感しているのでしょうか。インターネットで検索すると、ホウレイ線が消えました!肌の色艶が良くなったという口コミが沢山出てきます。

パタカラを口で咥えることで、まず口周りの口輪筋が鍛えられます。そして口輪筋から放射状に伸びた表情筋はやがて目のまわりをぐるりと囲んだ眼輪筋へとつながっています。パタカラの効果はこの眼輪筋まで届くようです。

というのもこれを使い続けることで「顔まわりがすっきりした」「顎のたるみがなくなった」「目がパッチリ大きくなった」と顔立ちそのものに影響が出てくる人もいるようなのです。

筆者もこれと同じ効果を実感しました。頬がピンと上に上がる感じも実感できましたし、今日は顔の調子がいまいち…という朝はパタカラを加えることで目にも力が出てきます。

また筋肉に負荷がかかることで血流がアップし顔のツヤやシミにも効果があるのだとか。そんな評価の高いパタカラですが、使い方にはちょっとしたコツが必要なのです。

表情筋は負荷をかけにくい!しっかり手で負荷をかけて

パタカラの使い方のコツ、まず一つ目は長時間ずーっと咥え続けるよりも、短時間を何回もするほうが効果が出るそうです。

それと表情筋というのは体内のほかの筋肉とはちがって細くて薄い筋肉。筋膜がないため筋肉が束のようにまとまっておらず、また顔に関節もないためパタカラをくわえるだけでは負荷がかかっていない(逃げている)ことがあるそうです。

そこで手で顔の一部を抑え、咥えているパタカラのループを空いている手で引っ張ることで負荷を加えると良いそうです。

例えば左の頬を鍛えたいときは左の耳の頬を左手で抑え、ループを右に引っ張ると顔の左半分に大きな負荷がかかります。

あなたもパタカラの力を借りて、いつもとは違った角度からアンチエイジングを試してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事