• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

新しいあなたを発見する、おすすめの方法。パーソナルカラー診断

Date:2014.11.10

雑誌のモデルさんに憧れて同じ服を買って着てみても、どうも似合わない。お店で一目ぼれした服なのに、私が着るとなんだか野暮ったい…こんな経験したことありませんか?

原因は、体型?それともお店のライトのせい?原因はそのどれでもなく、実はあなた本来の「色」から来ているのかもしれません。

あなたの肌、髪、瞳の色。生まれ持ったあなたの色をより魅力的に、健康的に輝かせてみせてくれる服やメイクの色を見つける、パーソナルカラー診断。ご存知の方も多いでしょう。

インターネットなどで自己診断できる機会もたくさんありますが、プロのパーソナルカラリストが見立ててくれるサロンでの診断は1セッション3万円程度と結構なお値段。ちょっとそれは…と遠慮される方もいるのでは。

今回私はついに、そのプロの方にパーソナルカラーを見ていただきましたよ!自分に似合う色を知りたい、でもまだ勇気がでないというあなたの後押しをできる記事になるといいなと願っています。

まずは、私がサロンの先生や今まで読んだ本から学んだ、パーソナルカラーとはなに?というところからお話しましょうね。

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラー診断とは、肌や髪、瞳といったあなたが生まれ持った色を元に、よりそれを魅力的に見せてくれる服やメイクの色を見つけてくれる診断方法です。

多くのサロンでまず見るのは、肌の色が黄みがかったイエローベースか、青みがかったブルーベースかを判断するところからです。

イエローベースの人の場合、多くは日焼けすると肌が浅黒くなり、ブルーベースの人はピンク色がかった色白の肌を持つ人が多いそうです。

そこから、何百枚もの色の布を肩に当てていきながら、その人の色が属する種類を春、夏、秋、冬の4シーズン(サロンによってシーズン数は異なります)に分けていきます。

それぞれの季節にそれぞれの色があるように、同じ赤でもその明るさや鮮やかさに違いがあります。春らしい明るく柔らかな色、夏らしいぱきっとした元気な色、秋のこっくりとした色、冬の冷えた空気に合うクリアな色…。どれがその人を一番魅力的に見せるかを探していくのです。

似合う色、似合わない色はどう見分ける?

さて、たくさんの数の布を当てていくことでその人にぴったりの色を探していくパーソナルカラー診断ですが、どうやって似合う色、似合わない色がわかるのでしょうか。それは色を当てた時にあなたの肌や瞳、髪の輝きに如実に表れます。

あなた本来の色と同じトーンの似合う色を当てた時のあなたの瞳はきらきらと輝き、髪はつややかに、肌は毛穴が目立たず、シワも減って若返って見えます。

一方似合わない色を当てた時のあなたにはその逆の効果が表れます。本来のあなたの色味より薄い色だとあなたの印象がぼやけ、濃すぎると色に負けてしまい、肌が疲れて見えたり、顔色が悪く見えたり。本当のあなたの美しさが半減した残念な見た目になってしまうのです。

似合わない色から似合う色へ布をさっと変えた時の変化はまるで魔法のよう。一緒に色を探していくうちにあなたの目も肥え、サロンのスタッフさんとともにぴったりの色探しを楽しむことができるようになってきます。

シーズンカラー春

シーズンカラーが春の人は、色白で髪や瞳も茶色がかった色素の薄い柔らかな印象の人が多いそうです。似合う色味は芽吹き始めた木々や植物の柔らかなパステルカラー。

春でも夏が近くなってくると、チューリップや新緑のビビットな色が出てくるように、似合う人の色素は茶色が濃く、はっきりとしたはつらつとした魅力を持つ人になってきます。

シーズンカラー夏

夏は雨が降り続く梅雨から始まります。この季節は全てがしっとりと、スモーキーになっています。雨に濡れた紫陽花や藤などの紫や青が中心色。似合う人は透明感のある色白の人が多いようです。上品で、エレガントといった言葉が似合うでしょう。

夏の盛りは色が少しはっきりとしてきます。髪色も黒い人が入ってきます。しかし依然として似合うのは、海辺の太陽に霞んだ風景のように少しくすんだ色も多く、その暑さとは反対に、涼しげな印象の色味が多いそうです。

シーズンカラー秋

シーズンカラーが秋の人は、まつげが濃く、浅黒い肌をしたゴージャスな雰囲気になってきます。似合うのは、柿や銀杏、秋色に色づいた深みのある色。他のシーズンの人だと老け込んで見えてしまう色も、このシーズンの人は艶やかに着こなせます。

秋が深まってくる時の色が似合う人は、自身の印象も、初秋よりより濃い感じの人。髪の色もよりはっきりとし、よりナチュラルで黄味が強い色がぴったりです。

シーズンカラー冬

雪に映える、イルミネーションの色。シーズンカラーが冬の人は、冷たい空気にぴりっと気が引き締まるような、強い印象です。

目ヂカラがあり、髪の色も漆黒でストレート。アジアンビューティーという呼び名がぴったりのクールビューティな人が多いそうです。白や黒などの色がスタイリッシュに決まります。

以上、ここまでパーソナルカラーについて大まかなところをお話しました。次回はいよいよ、私のサロン初体験の模様をお話しましょう!!お楽しみに・・・!

この記事をシェアする

関連記事